FC2ブログ
ブルース・モーエン公認トレーナー大槻優子☆LUCKY YOU☆がお届けする、21世紀のスピリチュアルな世界! 幸せへの近道、ガイドとの繋がり、無条件の愛、叡智と真理、そして…初歩から教える「体験型ワークショップ」 好評開催中です!

「リトリーバル」の先にある意識の進化 3 ~「クラッシュ&バーン」と「チャンスの窓」~


※この記事は、意識の変革や進化を切に願う人に、参考になるかと思います。

前回の続きです。

「リトリーバル」については、カテゴリー『リトリーバル』 (救出活動) ご参照ください。

そして、「信念体系クラッシュ」とは、
自分の信念と相反する出来事が起こり、それを受け入れたときに起こります。
自己の一部が変化することによって、アイデンティティにも変化が起き、
いろいろな症状として現れるものです。
症状は様々ですが、ほとんどが数日、長くても2週間程度で改善します。
詳しくは、信念の開放と 「信念体系クラッシュ」 お読みください。

               

ブルース・モーエンメソッドのレベル3「自己探索・セルフヒーリング」の中に
「クラッシュ&バーン」という名前のエクササイズがあります。
これは、自分の信念と相反する経験をリクエストするエクササイズです。
大きな出来事によって、一気に信念を変えるちょっと過激なエクササイズなのです。
いつ、どんな状況で、どんな出来事が起こるかは、導く存在たちにお任せです。

大きな出来事によって、一気に信念を変えることを推奨しているわけではないのですが、
ブルースは、こんなふうに語っています。

ランダムに起こる「チャンスの窓」的な経験のみで、知覚のをブロックする信念を除去するには、かなりたくさんの経験が必要となる。
また、どんな信念を除去する必要があるのか、私たちはわからない。
だからこそ、アファメーションによって意図的に「チャンスの窓」を起こすことは
効果的な方法だろう。


ここに出てくる「チャンスの窓」とは、
人生の中で、自分の信念を相反する、あるいは矛盾する経験をすることです。
信念は、その経験をブロックしようとして来るはずですが、
ある意味それを突破して、先に経験がやってくる感じです。
その体験を自分の中で受け入れることができれば、信念は否応なく変化します。

ある信念と矛盾する経験をして、その経験が本当であると受けれれば、
その信念と信念から生じる知覚の歪みやブロックを除去することができる。
そうして知覚を開くことができる。


ブルースのこの言葉には、パラドックスが含まれています。
知覚をブロックする信念を除去するためには、その信念自体が
知覚からブロックしてしまっているような経験をしなくてはないないのです。

それを可能にしてくれるのが、「クラッシュ&バーン」というエクササイズです。
そういうパラドックスを突破してくれます。

さらにこのエクササイズは、知覚に関することだけでなく、
あらゆる信念に関して適用可能です。
アファメーションの文章の設定の仕方で、それを可能にしてくれます。

例えば、
・生きるのが楽になるために
・必要なものをすべて入手できるようになるために
・愛する人を見つけられるために
・人生の目的を思い出すために
などと、いろいろな信念にまつわるブロックがありそうなものを設定すればよいでしょう。
※これはブルースが言ったことではなく、わたしが実際に行っていることです。

そして、忘れてはならないのが、この「クラッシュ&バーン」が実際に起きたとき、
「信念体系クラッシュ」が訪れる可能性が高いことです。

だからこそ、このエクササイズは
レベル3つまり上級者コースまで進んだ段階で行うのが好ましいでしょう。

わたしは、何度か「クラッシュ&バーン」による「信念体系クラッシュ」に繋がるような体験をしています。
その時は、かなり疲弊したので、こりごりだと思ったのですが、
後になって振り返れば、
とても不思議で貴重な経験であり、
自分にとっていかに必要だったのか、
自分だけでは取り組めないことだったという認識、
そして新たな自分になれた喜び、
それらが次々湧いてきました。

今は、宝物のような体験に思えます。
そして、その経験から、非常に多くのことを学びました。

意識の世界と物質世界との目に見えない繋がりと神秘さを実感しました。
それらをコーディネートしてくれたのは、
ハイヤーセルガイドと呼ばれる導く存在かもしれませんし、
それ以外の非物質な存在かもしれません。

でも、それが人間技ではないことをわたしは、はっきりと確信しています。
そして、いつもサポートしてくれているだろう彼らに、感謝しています






今日も、ご訪問ありがとうございます
↓ ランキング参加中
rainbow  応援クリック ふたっつ お願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ  


「リトリーバル」の先にある意識の進化 2 ~回数より深さを大切にしよう~


※この記事は、意識の変革や進化を切に願う人に、参考になるかと思います。

前回の続きです。

「リトリーバル」については、カテゴリー『リトリーバル』 (救出活動) ご参照ください。

そして、「信念体系クラッシュ」とは、
自分の信念と相反する出来事が起こり、それを受け入れたときに起こります。
自己の一部が変化することによって、アイデンティティにも変化が起き、
いろいろな症状として現れるものです。
症状は様々ですが、ほとんどが数日、長くても2週間程度で改善します。
詳しくは、信念の開放と 「信念体系クラッシュ」 お読みください。

               

ブルース・モーエンメソッドのレベル3「自己探索・セルフヒーリング」の中にある、
自分の側面と言える今世の過去や過去世をリトリーバルしたり、
自分の信念を変えることで、変化させるエクササイズ。

それらを効率よく行うためのコツとして付け加えるとすれば、
ひとつひとつのエクササイズを大切にすることです。
エクササイズは数ではないです。深さが重要です。

エクササイズの中で、
・自分の得たいと思っていた情報を得ることはできましたか?
・何か答えのような、気づきのようなものはありましたか?
・ガイドやリトリーバルの対象者から、メッセージのようなものを受け取れましたか?
・今の自分の人生とリンクしている、影響を受けているところを見つけましたか?
・どんな信念と関わっているかわかりましたか?
・リトリーバルで、しっかりと癒しを行うことはできましたか?
・リトリーバル対象者やガイド・ヘルパーに感謝の気持ちを伝えましたか?

それらをチェックしてみましょう。
慣れないうちは半分しか・・・ということもあるでしょうが、
あまりに少ないと感じるならば、同じ内容で再度エクササイズを行ってみてください。
また、ひとつのエクササイズとつながる形で次のエクササイズを行ってもよいでしょう。


さらに慣れてきたら、次のことにも意識を向けてみましょう。
ただし、これはかなり上級編ですので、そこまで数年かかるものだと思ってください。
・その問題に関する根源まで行けたのか?
・ほかの問題とどのように関わっているのか?
・癒しが進み、その後どうなったのか、どう変化したか?
・その問題が他の身近な人にも関わっていないか?

意識が進化して行くとき、それぞれの人がそれぞれの方法で進みます。
わたしが見てきた限り、二人として同じ経路を辿った人はありません。
それは、意識というものが皆違うハーモニーを持っているからだと思います。
同じように見えても、違うのです。
その違いに気づける感性を育てること、
さらに違いを受け入れる許容力を持てるように自分を拡げる努力をしてください。


かなり上級編の内容を書きました。
今は難しいと感じるはずです。
あるいは、自分には無理だと感じるかもしれません。
でも、いつかあなたの意識が進化したときに、心に響くときが来ると思います。
あるいは、やってみよと思えるかもしれません。


もしも行き詰まりを感じたら、カウンセリング&セラピーでサポート致します。
わたしの非常にパワフルな誘導をマンツーマンで体験できます
合わせて、ご利用ください。

皆さまの更なる変革と進化を心より願っています






今日も、ご訪問ありがとうございます
↓ ランキング参加中
rainbow  応援クリック ふたっつ お願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ  


「リトリーバル」の先にある意識の進化 1 ~どんなペースで行うのがいいの?~


※この記事は、意識の変革や進化を切に願う人に、参考になるかと思います。

参加者の方で、ハイペースでリトリーバルをがんばっていて、
たぶん信念体系クラッシュを起こしていると思われる方から相談メールをいただきました。

「リトリーバル」については、カテゴリー『リトリーバル』 (救出活動) ご参照ください。

そして、「信念体系クラッシュ」とは、
自分の信念と相反する出来事が起こり、それを受け入れたときに起こります。
自己の一部が変化することによって、アイデンティティにも変化が起き、
いろいろな症状として現れるものです。
症状は様々ですが、ほとんどが数日、長くても2週間程度で改善します。
詳しくは、信念の開放と 「信念体系クラッシュ」 お読みください。

               

ブルース・モーエンメソッドのレベル3「自己探索・セルフヒーリング」の中に、
自分の信念を変えたり、自分の側面と言える今世の過去や過去世を
リトリーバルすることで変化させるエクササイズがあります。

それらを行うことで、自分自身が変わって行きます。
たくさん行えば行うほど、大きく変化することが期待できます。
生きることが楽になったり、今までとは違う物事の捉え方ができるようになります。

ただ、どのようなペースでどのエクササイズを行うのがベストかは、
人それぞれに違います。
短期間にたくさんやれば、それだけどんどん自分が軽くなるということでもないのです。

がんばり過ぎてしまっては、
信念体系クラッシュがずっと続くことになってしまうかもしれません。
クラッシュが起きたら、それがある程度落ち着くまでは
次の変化を起こすようなエクササイズはお休みすることをお勧めします。
クラッシュが治まったあと、自分の変化に気づくことができるものだと思います。

だからと言って、せっかく学んだのに、
1年に1回ではやり方も忘れてしまいますよね。

じゃあどうすれば?


その答えは、ハイヤーセルフガイドに聴くが良いかと思います。
彼らは、私たち以上に私たちを知っている存在です。
 (ちょっと悔しいと思うほどに)
だから、適切なタイミングと何に対して取り組むかをアレンジしてくれるはずです。
そのようにしてくれるように、頼んでおけば良いわけです。

そのときお勧めなのが、こちらの事情、つまり人間としての事情を伝えること。
2ヵ月先まで仕事のプロジェクトで多忙とか、来月はバカンスで海外に行くよとか、
この予定だけは完璧な状態でこなしたいなど、
こちらの希望や都合を伝えて置くことです。

わたしがお話しする多くの方が、
「ガイドはすべて知っているので、自分にとってのベストな状態を勝手に作ってくれる」
そんなふうに思っているようです。

でも、「そうではない!」 とわたしは強く言いたいです。
私たちが思うベストな状態と、ガイドたちが思うベストな状態には、
大きな違いがあるのです。

それを詳細に説明すると、それだけでひとつの記事では収まらないので、
以前書いた記事を参考にしてくださいね。
カテゴリー ガイド (守護霊) と繋がる

とにかく、「違う」ということをわたし自身体験から認識しています。
ですから、それを前提に、自分にとっての必須事項は、
ちゃんと主張しておく必要があるのです。
オールお任せでも、もちろんよいのですが、
「なんでこんなことに!」とならなないためには、こちらからのアプローチも必要です。

そんなふうにガイドたちとのやり取りをして置けば、
必要なタイミングで、必要なリトリーバルや信念と相反する出来事へと導かれて行きます。

また、ペース同様、信念体系クラッシュの大きさについても、
大きいほうが良いわけでも、感じないほど小さいほうが良いわけでもありません。
これも、すべてケースバイケースと言えます。

ですから、人と比較したりすることはしないでください。
ただ、自分を追い込み苦しくなるだけです。

自分のエネルギーに敏感になることも、このメソッドの大切な部分ですから、
出来れば自分で感じて判断できるようになって欲しいなと思います。
それができないうちは、せっかくガイドと繋がったのですから、
何度も、何でも、聞いてみたら良いと思います。


たぶん、やればやるほどわからないことも出てきて、
それと共に、ブルース・モーエンメソッドの可能性の気づいてもらえると思います。
それだけ、多様性を持っているとも言えるのです。

次回、中身についての続きのお話をさせていただきます。







今日も、ご訪問ありがとうございます
↓ ランキング参加中
rainbow  応援クリック ふたっつ お願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ  


生まれ変わった故人に会うことはできる?続編

いただいた質問について書いてみます。

◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆
自分の過去世のリトリーバルをしていて、ふと疑問に思ったのですが、
生まれ変わりが決まって、魂が誰かのお腹の中に移動してしまうと、
ブルース・モーエンメソッドをしてももう会えないんですよね?
となると、自分の過去世ももう生まれ変わってるから、
会えないのではないかと思ったんですが、実際には会えていますよね?
もし生まれ変わった故人とも会えるのなら、是非とも今年アメリカで生まれ変わる事が決まっている祖母に会いたいのですが、可能でしょうか?

◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆

そう言えば、以前書いたような気がすると思い、探してみたらありました。

生まれ変わった故人に会うことはできる?  2014.12/09の記事です。

まずは、これを読んでいただけたらと思います。
それに補足する形で、今回の記事を書かせていただきますね。


確かに、ブルース・モーエンメソッドレベル3「自己探索・セルフヒーリング」で、
自分の過去世とコミュニケーションしていきます。
それらの中で、必要があればリトリーバル(魂の救出)も行います。
とにかく、コミュニケートできるわけです。

これをお読みくださっている人の中にも、魂は何か塊のようなもので、
輪廻転生とは、それがくるくるいくつかの人生を回るようにとらえている方も
多いのかなと思います。

でも、前述の記事でも書いたように、そうではないとわたしは考えています。
私たちは、あくまでエネルギーで出来ています。
ですから、例えばコンピューター上のデータのように、
コピーしたり、一部を抜き出したり、あるいは縮小したり拡大したり、
そんなことができるのではないかと思うのです。

レベル3で、今回の人生の側面をリトリーバルします。
例えば、過去の自分の体験の中で、
トラウマになるような辛い体験を自分の本体と切り離してしまったり、
見なくて済むように封印したりしてしまった一部分(側面と呼んできます)を
リトリーバルによってエネルギーを癒し再統合していきます。

そのような側面は時には小さい頃の自分だったりします。
だから、大人になった自分は今ここにいて、
小さい頃の自分とコミュニケーションできるのです。

この関係と同じように、人の輪廻転生エネルギーもあるのだとわたしは考えます。
ひとつのエネルギー体の本体を自分だと仮定すると、
小さい頃の自分と話せるように、過去世である自分の側面とも
コミュニケートすることが可能なわけです。

ちょっと、ややこしい話ですが、がんばって認識してみてください。

それが他の人に関しても、同じように起こるのだと仮定したら、
生まれ変わっていようといまいと、誰とでもコミュニケーションできることになります。

例えば、祖父母のようにわりと近年亡くなった魂ならば、
コミュニケーションできるだろうと思います。

ただし、その意識体が次にどこにいつ生まれ変わるか
知っているかもしれないし、知らないかもしれない。
また、すでに生まれ変わっている場合、そのことを把握しているかどうかはわからない。
というより、どちらのケースもあり得るように思います。

さらに、エネルギー体はいずれは人であった記憶を失い、
ハイヤーセルフのエネルギーの一部となるのではないかと考えています。
輪廻転生を終えた魂は、そのような状態で個人ではなく輪廻の集合体として存在しています。
いろいろな要素が加わって、それらは起こると思われますから、
こちらの3次元の時間軸での古い新しいは、あまり関係ないように感じています。

ですから、前述の近年亡くなった祖父母であっても、
すでに集合体の一部になっていて、直接的にコミュニケーションできない可能性もありますね。
ただし、記憶の貯蔵庫(アカシックレコードなど)のデータをみたり、
ハイヤーセルフの中のデータを引き出すことは可能かと思います。

そんな諸々のことも、ブルース・モーエンメソッドを学べば、
自分で探索してみることが可能です。
それもまた、非常に興味深いことだと思います。






今日も、ご訪問ありがとうございます
↓ ランキング参加中
rainbow  応援クリック ふたっつ お願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ  

「もしここが天国だったら?」アニータ・ムアジャーニ著


最近読んだ本の中で、一番感動した本はこれ

51J3SBb4ShL.jpg

もしここが天国だったら? ― あなたを制限する信念から自由になり、本当の自分を生きる
2016/11/11 アニータ・ムアジャーニ著

この本に書かれている言葉は、
わたしがいつも思っていること、向こう世界の存在から言われたことそのままなのです。
彼女が臨死体験から得た洞察は、
わたしがブルース・モーエンメソッドを使って得た洞察と同じということです。

余りに感動して、思わず手紙を書こうかと思いました。
(まだ書いてないのですが

まずは、本の解説を転記します。
ステージIVの末期癌から臨死体験を経て生還した著者による、
「向こう側の世界」で得た洞察を現実に活かすためのメッセージ。

本書では、当然のものとして受け入れられている社会通念(神話)の誤りを
一つひとつ暴いていきます。それらは私たちが生まれ育った社会に広がっている
有力な考えであり、本当の自分を生きづらくしているものにほかなりません。
私が浜辺で宇宙に話しかけた時に、自分のハートを解き放つシンプルな真実を
思い出せたように、あなたもこの本を読みながら、ハートの奥ではわかっていた
真実と共鳴し合い、私と同じ自由や喜びを感じてもらえるようにと願っています。
「はじめに」より


ここが良かった、この文章がどうのとわたしが書くより、
ぜひぜひ、あなたもご自身の感性で読んでみてください。
それが一番だと思います。


そして、この本は彼女の2冊目の本。
一冊目は、

51ft7P6wU8L.jpg

喜びから人生を生きる!― 臨死体験が教えてくれたこと
2013/6/18 アニータ・ムアジャーニ著‎

とここで、彼女の李略歴をご紹介しましょう。
シンガポールでインド人の両親のもとに生まれる。
2歳の時に香港に移り、長年香港で暮らす。
2002年4月に癌の宣告を受けるまでは企業で働いていたが、
2006年の初めに起こった臨死体験が人生を大きく変える。
4年に及ぶ壮絶な癌との闘いから臨死体験をするまでの話が書かれた
本書は45カ国以上の言語に訳され、世界中で100万部以上の売り上げとなる。
2015年2月には、ハリウッドの映画プロデューサーのリドリー・スコットが同書籍を映画化する権利を取得。
現在は夫のダニーとともにアメリカで暮らし、「向こう側の世界」で得た深い洞察を世界中を旅しながら人々と分かち合っている。


何よりすごいのは、ステージIVの末期癌から臨死体験を経て生還したこと!
というより、ガンを克服したのですよ。
たぶん、ガンは身体から消えたのです。

向こう世界で、彼女は悟ったそうです。
「今、肉体の世界に戻れば、きっとガンは消えるにつがいない」
そのことを確信したにも関わらず、彼女は戻りたくなかったそうです。
だって、そこはに愛と光に満ちて、あまりに心地よい世界だったから。
多くの臨死体験者も同じように、戻りたくなかったと語っていますよね。

そんな彼女を呼び戻したのは、夫ダニーの愛。
彼を残して逝くわけにはいかないと、思ったのでしょう。

人生はいかに奇蹟か、
そして、誰の人生にも奇蹟を起こす可能性があることを
彼女の一冊目の本から、感じて欲しいと思います。

あなたの人生の奇蹟を起こすために、この2冊を読んでみてください。





今日も、ご訪問ありがとうございます
↓ ランキング参加中
rainbow  応援クリック ふたっつ お願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ  

右サイドメニュー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

左サイドメニュー

プロフィール

LUCKY YOU

Author:LUCKY YOU
ブルース・モーエン公認トレーナー
HP http://shigotansaku.com
著書『リトリーバル 過去世の救出』(ハート出版)

“何があってもポジティブにプラス思考に考える”をモットーに日々を過ごしています。
その甲斐あって、毎日小さな幸せを感じています。
その原動力は、スピリチュアルな世界に出逢ったことです。
全ての人、そして全ての存在が繋がっていることを知りました。
そこには『無条件の愛』が満たされていて、至福への入口があります。
そんな風に、わたしはトレーナーになり、本を出版することができました。

身に降りかかる不運と思える出来事こそ、本当は魂を磨くチャンスなのです。思いがけない真実を知るだけで、あなたもきっと人生が変わります。
幸せへのキーワードを一緒に見つけましょう。

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター