ブルース・モーエン公認トレーナー大槻優子☆LUCKY YOU☆がお届けする、21世紀のスピリチュアルな世界! 幸せへの近道、ガイドとの繋がり、無条件の愛、叡智と真理、そして…初歩から教える「体験型ワークショップ」 好評開催中です!

コミック版「風の谷のナウシカ」 地球環境とスピリチュアル


アメブロのほうで公開している記事を抜粋します。
 https://ameblo.jp/bigluck55/entry-12355292199.html
 https://ameblo.jp/bigluck55/entry-12364970347.html


化学物質過敏症の方から、
今の世界に生きる私は、宮崎駿さんが自ら執筆された「風の谷のナウシカ」の原作のラスト間近で語られる「汚染された世界にしか順応できない身体」になってしまっているのではないか?と思っています。
是非一度、原作の「風の谷のナウシカ」を読んでみて下さい。
ちょっと、衝撃を受けるかもしれませんよ。

こんなコメントいただきました。

わたしも、化学物質過敏症はずいぶん前から知っています。
そう!スピリチュアルに入る前から。
というより、スピリチュアルを学び始めたきっかけが、
正に化学物質過敏症とも関連しています。

地球に住まわせてもらっている私たち人間。
それなのに、自分が一番偉い存在だと思い込み、
やりたい放題、地球の自然を破壊してきた。
その結果、地球に多大なダメージを与え、
この先、自分たちの子孫が絶えることにも成りかねない。

20ほど前にある意味ブームだった環境問題を
当時、真剣に学んでいました。
でもその結果、はっきりとわかったのは、
声を大に叫んでも、愚かな人間たちは変わることなく欲を追求し続け、
地球の自然破壊を食い止めることはできないということ。

この「愚かな人間たち」の中に、自分自身も含まれていました。
わたしとて、偉そうなことを言っていても、
この恵まれた環境を手放したくはないと、はっきり思ったのです。
そして、天に聞いたのです。
「もしも、この文明を後退させるのではなく、進化させることで、
地球環境を正常なものにする手立てはないのですか?もしあるならば、教えてください」
さらに、その問いを何度も何度も繰り返し、自分でも考え続けました。

ある時、ふとわたしの中にあるイメージが浮かびました。
「その答えは、ひとつしかない。それは、人間の意識が変わること。
スピリチュアルな真理を知ることで、人間は何をすべきかに気づくだろう。
それ以外に人類を保全する方法はない」

当時は、まだちゃんと繋がっていなかったので、
それがスピリチュアルな世界からのメッセージだとは気づけなかったのですが。
だからそのことは、誰にも言いませんでした。

そして、当時少しだけかじりかけていたスピリチュアルなことを学ぶようになったのです。
そして、今に至っています。
今も、わたしの目的や活動の理念は、当時と何も変わっていません。
人の幸せにフォーカスしているのは、
それ自体が目的なのではなく、
本当の幸せの先にあるものを感じて欲しいからです。

そして、今のわたしは、
地球を超えたさらに大きな存在を感じています。
それは神ということではなく、
「純粋な無条件の愛に満ち満ちた場所」です。

そこと触れることで、自分の抱く様々な欲求が単に自我から来ていたことで、
それ自体には何の価値もないことに気づくでしょう。
などと、ちょいマジになってつい書いてしまいましたが、
誰かにこれを押し付ける気もないですし、興味のない人はスルーしてください。

そんな奥深い部分を喚起させてくださる素敵なコメントに感謝し、
少しだけ書かせてもらいました。

    

そして、宮崎駿氏のコミック版「風の谷のナウシカ」を読ませてもらいました。

映画版「風の谷のナウシカ」をご覧になった方は多いと思います。
わたしも、ずっと前にビデオで見ました。
というより、家にVHSビデオがあります。

でも、コメントをいただくまで、コミック版が映画化の後も連載されていたことを知りませんでした。
きっと、そういう方が大半だと思います。

ですので、少し解説をさせてください。
「風の谷のナウシカ」が、巨匠宮崎駿氏の初アニメーション作品であることをご存知の方は多いと思います。

実は、このコミック版「風の谷のナウシカ」は、アニメーションに出来ない作品として、
月刊『アニメージュ』は1982年2月号の連載から始まりました。

その頃はまだ無名の頃で、アニメーション映画を作りたくて、
いくつかのシナリオを描きプレゼンしていたのですが、どれもOKが出ず、
「それならいいよ。アニメ化しない漫画書いちゃおっと」というノリ?で、連載がスタートします。

その後、宮崎氏のアニメーションを作らないかというオファーがあり、
処女作は「風の谷のナウシカ」しかないと、映画化が決定します。
たくさんの足を持つ蟲(ムシ)が登場するこの作品は、
描くスタッフにとっては、地獄の作業だったにちがいありません。 
だからこそ、宮崎氏はヒットにも関わらず、続編はないときっぱりと言い放っています。

映画は、1984年3月に公開。大ヒットとなります。
映画では、コミック版2巻までの中でわかりやすい部分を拾って描かれています。
だから、原作マンガとは内容がかなり違うのです。

その後、連載を打ち切るということもできたでしょうに、
宮崎氏は、次々とヒットするアニメーション映画制作の時間を縫って、永遠と書き続けます。

4度の中断を経て、月刊『アニメージュ』の連載が完結したのは、なんと1994年3月号。
その間、12年の歳月を費やしています。
映画の公開からは、10年となります。

コミック版「風の谷のナウシカ」は、翌年1月の発行です。

     

さて、といういわくつきとも言える作品を一気読みさせてもらいました。
実はわたし、マンガは小さいころ教師の親に禁止されていたこともあり、読むのが苦手なのです。
そんなわたしも、あっという間に止めることができずに読み終えました。

そして、書き始めた宮崎氏さえわからなかった結末に、衝撃を覚えました。
アニメとは、まったく違う展開が訪れたのです。

ネタバレになるので、詳しくは書きませんが、
命とはなにか?
種の保全とは?

そんな究極的な問いが、そこにはあります。

今思うに、実はこのテーマは、
人間に突き付けられたテーマではないのかもしれません。

人類という種族の成り立ちを思えば、
私たちはすでに純粋な血統ではないと、わたしは考えています。

すでに地球では幾度かの初期化が行われた言われています。
さらに、人間を創造したのは、宇宙人だという説もあります。

そして、この私たちの肉体自体が、魂の乗り物でもあるのです。
(ここの部分はわたしは確信しています!)

「命」を肉体(物質的なもの)と捉えるか、
魂や意識体と捉えるかで、
話は大きく違ってくるわけです。

今のわたしは後者なので、肉体を失うことに恐怖を持ちません。
それは、肉体的死者とコミュニケーションができるからです。
意識体のその人は、明らかに生きています。

     

話を前回のブログに戻しましょう。
ならば、
「地球の環境がどうなろうと良いのか?」 という問いです。

すべてのことがそうなのですが、
ひとつ上の次元から見れば、今自分の抱えている問題の答えが、明白に見えてきます。

わたしが感じた答えはここには書きませんが、
物質的に素晴らしい環境が実現しても、
そこに生きるものたちの意識と理解が伴っていなければ、
とても薄っぺらいものになるだろうと思います。
それはほんとうの進化ではないだろうと。

ぜひ、皆さんも読んでみてください。
そして、自分なりに考えてみてください。





今日も、ご訪問ありがとうございます
↓ ランキング参加中
rainbow  応援クリック ふたっつ お願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ  

ペットの死後について その2


前回の続きです。
ご質問のペットのことについて、書いています。
今日は、2.について書いてみますね。

1.私の死後、亡くなった犬と再びあの世で生活することは可能なのでしょうか。
2.亡くなった愛犬はいまどのような世界にいるのでしょうか。


    

ブルース・モーエンメソッドにレベル4「宇宙探索コース」という新しいコースがあります。
2014年、2016年と2回にわたり、ブルース・モーエン氏が来日した際に開催しました。
2017年11月にブルースが向こうの世界に戻ったので、私たちBMトレーナー協会にて、
今年2018年8月の最終土日に、少しリメイクして開催の予定です。

さて、このワークショップの中に「人間以外(動物)の意識の探索」というエクササイズがあります。
つまり、動物たちの意識の世界=死後の世界を探索します。
どの動物のところに行くかは、あえて指定しない限りヘルパーにお任せです。

2014年に参加したときに、猫の意識エリアに行きました。
そのときの体験は、ブログに載せてあります。
あまり参考にはならないかもしれませんが…

「宇宙探索コース」体験記1 ~ブルース・モーエンメソッドレベル4~

前にも一度、猫の意識エリアには行ったことがありました。
その時か、あるいは別の機会だったかははっきり思い出せないのですが、
人に飼われていた猫と、そうでない猫(野良ちゃん)は、行くところが違うのだと、
向こうの存在に教えてもらったことがあります。

人に飼われていたペットたちは、集合意識としてその動物の世界に戻れないのだそうです。
人間との交流でできた絆が、ある意味純粋な動物としての意識への妨げになるのかもしれません。
あるいは、そうして人間と交流することで、そののち人間の意識へと成長していくのかもしれません。

そんな記述が、以前読んだ本にありました。
「Dr.高江洲のアニマルコミュニケーション」 高江洲 薫著

獣医である著者は、動物たちとコミュニケーションが取れるようになったのですが、
「僕はあと3回ペットをやったら、人間になるんだ」などと話してくれるワンちゃんがいたそうです。
(記憶をたどって書いているので、少し違っているかもしれません)
人間になることを楽しみにペットとして修業?している魂がいるということかもしれません。
これはまだわたしの中でも確信の段階に達していない情報ですが。

こんな本も見つけました。
わたしはまだ読んでいないので、参考になるかわからないですが、ご紹介してみます。
「あの世のイヌたちが教えてくれたこと ─天国から届いたスピリチュアルな愛のレッスン」
「あの世のネコたちが教えてくれたこと ─ 天国から届いたスピリチュアルな愛のメッセージ」
ケイト・ソリスティ著

そして、ペットとして生き、亡くなった動物たちは、
人間と同じように、次に生まれかわるのを待つために、存在しているのかもしれません。
その世界は、案外居心地の良いところのように感じます。

いろいろな方が語ることを信じるとすれば、
こちらの飼い主たちのことを覗きに来たり、
あるいは楽し気にゆかりの場所を訪れたりしているかもしれません。

知り合いの霊能力者が、下のほうに視線を走らすので、
「何かいるの?」と聞くと、
「ここら辺に住んでいた猫ちゃんがお散歩してるみたい」とのこと。
彼らは、自由にこっちの世界とあっちの世界を
行ったり来たりできるのかもしれませんね。

実は、私たち人間も行ったり来たりできるのだとわたしは考えています。
ただ、人間は思考があり信念を持つが故、
それが囚われとなってしまうケースがあるのですが・・・
それがなければ、かなり自由に行ったり来たりできるのだと思います。
というより、向こうの世界とこちらの世界は、重なるように存在しているのだと、
わたしは理解しています。

亡くなったペットちゃんに意識を向けて、言葉をかければ、
きっと彼らにそれは伝わっているはずです。

そして、ペットによっては、亡くなった後も飼い主さんのそばにいるもかもしれませんね。
犬は特に飼い主に奉仕する意識が高く、けなげなペットです。

ブルース・モーエンメソッドを使えば、
そうした他界したペットとコミュニケーションを取ることができるのです。
多くの人が、感動的なコミュニケーションを果たしています。
ガイド的なメッセージを伝えて来たり、生きていた時と同じように、
愛してくれているのではないでしょうか。

愛するペットがどんなところで、どんなふうにしているのか、
ご自身で確かめてみると良いのでは?と思います。
ぜひ、チャレンジしてみてくださいね。





今日も、ご訪問ありがとうございます
↓ ランキング参加中
rainbow  応援クリック ふたっつ お願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ  

ペットの死後について その1


ご質問をいただいたので、書いてみます。

私の死後、亡くなった犬と再びあの世で生活することは可能なのでしょうか。
亡くなった愛犬はいまどのような世界にいるのでしょうか。


    

ブルース・モーエンメソッドのレベル1「死後探索コース」中で、
名前だけを頼りに故人、つまり亡くなった人を訪問します。

その時に、よくその故人が飼っていらしたペットを見かけます。
向こうの世界(死後の世界)で、一緒に暮らしているようです。

多くの故人は、ご自身の馴染みのある場所を創造し、
そこをこちらの家のように使っています。
たぶん、ずっとそこにいるということではなく、
あっちに行ったりこっちに行ったりしながらも、戻るところという感じです。
こちらの世界の我が家ということですよね。

そこに、生前に飼っていたペットがいるわけです。
犬や猫は、たくさん見かけました。
鳥は見たことがないですが、インコのようにおしゃべりができる鳥はいそうです。
日本人にはあまりないでしょうが、馬や牛もいるでしょう。

わたしの著書「リトリーバル 過去世の救出」の中にも、
故人が飼っていたワンちゃんが出てきます。

「リトリーバル 過去世の救出」

故人を訪問する際に、ヘルパーと呼ばれる非物質な存在に案内してもらいます。
ある男性を訪ねたときに、ワンちゃんが出てきました。
動物がヘルパーということは割と多いのですが、
多くの場合、ヘルパーが動物の姿で登場したということかなと思います。
ホワイトバンクのしゃべる犬のように、言葉で会話ができます。

でもこの時はどうもそうではなく、後でわかったのですが、
その男性がかわいがっていた愛犬だったのです。
思い出のシーンにも、そのワンちゃんと散歩する姿が出てきました。
でもわたしは、それを見て心配になったのです。
だって、男性は老人で杖を突きながら、犬の散歩をしていたのですから。
思い出のシーンを見ながら、危ないよ!と突っ込みを入れました。

その後、故人の娘さんが検証してくださったのですが、
確かに、足を悪くされてリハビリのために、愛犬とお散歩していたそうです。
そのワンちゃんんはとても賢い子で、男性の歩調に合わせて歩き、
決して走り出したりしなかったそうです。
でも、だいたいはもうひとり付き添いの家族もいたそうですが。

そして、ヘルパーに証拠をもらうので、そのワンちゃんに名前を聞くと、
これは言葉というよりテレパシー的に「ケン」とか「タロ」とか伝わってきたのです。
そして、本当の愛犬の名前は「ケンタ」だったのです。
なるほど!と思いました。

こんなふうに、ペットは人間の死後の世界でよく見かけます。

また、亡くなったペットがガイドのような役割を担ってくれることもあります。
ワークショップの参加者さんなど、
亡くなったペットがメッセージを伝えて来てくれるという方が幾人かいます。
きっとその人にとっては、一番受け入れやすい伝達役なのかもしれませんね。

ガイド的な役割を果たさなくても、そばにいてくれることもよくあるようです。
ちょうどこの質問をいただいたすぐ後に読んだ本に、そんな記述が書かれていました。
私たちの言葉をちゃんと受け止めて、それに答えさえくれるのです。
もちろん、それだけペットを家族の一員として尊重し愛していることが前提です。
ペットたちは、私たちの愛に答えてくれるのです。とってもけなげです。

良かったら、読んでみてください。
「魂の呼び声に耳をすまして」 ローラ リン ジャクソン著
P188~とP321~を読んでみてください。

★ひとつ目の質問
私の死後、亡くなった犬と再びあの世で生活することは可能なのでしょうか。
ひと言で言えば、「可能だと思います」ということになるでしょう。
そのためには、彼らもそうしたいと思うほど愛情を注ぐこと、
そしてそれを願うことが必要だと思います。

そして、長くなったので、ふたつ目の質問
亡くなった愛犬はいまどのような世界にいるのでしょうか。
については、次回に回したいと思います。







今日も、ご訪問ありがとうございます
↓ ランキング参加中
rainbow  応援クリック ふたっつ お願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ  

つい比べてしまう


わたしもそうですが、
自分より上手くいっている同業者の方や、
似た境遇の方と出逢うと、
ついうらやましく感じたり、
自分はダメだと卑下したり、
負けたくない、追い着きたいと無理したり、
高次元の視点から見れば、
明らかに必要ないエネルギーを生み出してしまいます。

頭ではわかっています。
自分は唯一無二の存在で、誰かと比べることに
何の意味もないことは。

それでも、悔しい、羨ましい、負けたくない
そんな感情が噴出してきます。

その感情をあってはならないもの、
好ましくないものと位置づけてしまうと、
また、負のループにはまっていきます。

そのような感情は、
充分に愛し切れていない自分の側面があるからこそ、
湧き出してくる感情です。
ある意味、愛を求めている側面からのSOSです。

そんな感情を打ち消したり、否定したりせず、
それもあって良いのだと、自分自身に言ってあげてください。
そんな自分も愛しているよと、心から言ってあげてください。
それだけでも、癒しが起こり始めます。

そして、時間と精神的な余裕があれば、
その根源に行き、そこを癒してあげましょう。
ブルース・モーエンメソッド レベル3には、
そのためのワークがいくつかあります。

そんなことを繰り返しながら、
わたしもだいぶ人と比べたり、羨ましく思うことが減りました。

今のままの自分が一番素敵だと、
頭ではなくちゃんと心から思えるようになってきました。

その上で、果たすべき使命があれば、
それは自然にあなたの元に届けられます。
その状態で、使命を果たすために生きるのと、
無理に自分の使命を追い求め
素晴らしことをしようとがんばるのとでは、
大きな違いがあるでしょう。
使うエネルギーの量も、格段に違います。

人生は短い、急がなければ間に合わない。
以前の私のように、今思っている人がいるのでしたら、
それはこの世のあやかしに絡め取られているだけです。
本当は、私たちは肉体も、そして時間も超えた存在なのですから。

あなたにも、そのことが頭でなく
真から腑に落ちるときが、きっと来るはずです。




今日も、ご訪問ありがとうございます
↓ ランキング参加中
rainbow  応援クリック ふたっつ お願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ  

想像力を知覚の手段として使う


ブルース・モーエンメソッドの大きな特徴のひとつに、
「想像力を知覚の手段として使う」という手法があります。

2009年にブルース・モーエンメソッドのトレーナーになって、約10年になります。
参加者は、300人を超しましたが、ほとんどの方が体験できているのは、
「想像力を知覚の手段として使う」からとも言えます。

こんなわたしも、初めて非物質体験に挑戦したときは、
実はまったく体験できなかったのです。
それは、ヘミシンクのワークショップだったのですが、
参加者20数名の中で、体験がなかったのはわたし一人。
そのわたしが、今こうして
ブルース・モーエンメソッドのトレーナーになっているのですから、面白いですね。

体験できなかったひとつの理由が、
想像してはいけないと思い込んでいたから。
トレーナーには、想像してはダメだとは言われなかったのですが、
想像してもいいとも言われなかったので、ただ始まるのを待っていました。
体験は向こうからやってくるものだと思っていたのです。
頭の中に浮かんでくる雑念を消すことと、待つこと以外に何も起きなかったのです。

でも、ブルース・モーエンメソッドでは、
想像力(イマジネーション)を呼び水として使っていきます。
まず、想像することから積極的に体験をリードしていきます。
もちろん想像から始めるので、かなり想像の占める割合は高いと思えますが、
気にせずどんどん想像しながら、体験を膨らませていきます。

妄想派のわたしには、これがとっても合っていたようです。
始めてワークショップに参加したとき、ブルースに
「想像力を呼び水として使っていきます」
と言われた時の喜びは、今も忘れられません。
これなら、体験できるかもしれない!
強くそう思いました。

そして、水を得た魚のごとく、最初からバリバリに体験することができました。

今は多くの体験と多くの参加者さんのシェからも、はっきりと確信しています。
自分が100%想像したと思った体験の中にも、
たくさんのリアルが入り込んでいることを。


まるで、リアルと想像が織物のタペストリーの糸のように絡み合い、
ひとつの物語を作って行くのです。

そのタペストリーは、もちろん100%リアルな物語ではありませんが、
その時のその人に必要なことは、ちゃんと織り込まれていて、
それほど重要ではない部分は、ぼんやりしていたり空想的だったりします。

でもそのことは、その物語の中身をしっかりと検証し精査した者だけに
与えられる、後から来るプレゼントかもしれません。

体験の直後は、
「信頼に値しないファンタジーだと感じることもしばしば」なのですが、
自分の体験を想像も含めて「信頼すること」が、
知覚の向上と意識の進化に大きく貢献してくれます。



そして、さらに10年の経験と探求からわかったことがあります。
「想像力は、非物質世界の知覚能力のひとつである」
さらに
「想像力は、私たちの現実を創造する手段のひとつでもある」

良くも悪くも、私たちが頭の中で思い描いいていることは、
かなりの確率で現実化しているのです。

例えば今、自分が望まない現実の中にいる人は、
ご自身で意識していないところで、来て欲しくない未来を想像したのではないでしょうか。
だから、わたしは想像するなら、できるだけポジティブなことを思い浮かべるように
日々努力しています。

そんなまだあまり知られていない「想像力の秘密」について、
スピリチュアルTVでお話しているので、良かったら聞いてみてくださいね。










今日も、ご訪問ありがとうございます
↓ ランキング参加中
rainbow  応援クリック ふたっつ お願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ  


右サイドメニュー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

左サイドメニュー

プロフィール

LUCKY YOU

Author:LUCKY YOU
ブルース・モーエン公認トレーナー
HP http://shigotansaku.com
著書『リトリーバル 過去世の救出』(ハート出版)

“何があってもポジティブにプラス思考に考える”をモットーに日々を過ごしています。
その甲斐あって、毎日小さな幸せを感じています。
その原動力は、スピリチュアルな世界に出逢ったことです。
全ての人、そして全ての存在が繋がっていることを知りました。
そこには『無条件の愛』が満たされていて、至福への入口があります。
そんな風に、わたしはトレーナーになり、本を出版することができました。

身に降りかかる不運と思える出来事こそ、本当は魂を磨くチャンスなのです。思いがけない真実を知るだけで、あなたもきっと人生が変わります。
幸せへのキーワードを一緒に見つけましょう。

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター