幸せへのスピリチュアル・メッセージ

ブルース・モーエン公認トレーナーがお届けする、21世紀のスピリチュアルな世界! 幸せへの近道、ガイドとの繋がり、無条件の愛、叡智と真理、そして…初歩から教える「体験型ワークショップ」 好評開催中です!

死を待つ父

しばらく更新できず、ごめんなさいm(__)m
「波動を上げる」 シリーズは少しお休みし、
次回からは、ゲリー・ボーネルについて書いていこうと思います。

ですが今日は、これも新しいカテゴリではありますが、
「老いて逝く」 ことについて、少しだけお付き合いくださいね。

昨年の夏前から、父が急に身体や頭が衰え、
自分でベットから起き上がることさえ出来なくなり、
それを機に、ずっと 『老いと死』 について考えています。
ありがたいことに、両親は有料老人ホームに入ってくれているので、
直接の面倒はケアのスタッフが見てくれています。

数年前から、何かに付け 「早く迎えに来て欲しい。」と、口にする父。
ままならなくなった身体と頭に、すっかり生きる気力を失ってしまったのでしょう。
ケアのスタッフに暴言を浴びせ、暴れたり・・・
真面目で人の迷惑になるのが大嫌いな人でした。
おしっこもひとり出来ない父を見て、
何のために今生かされているのだろう?と、考えました。

そんなことを考えつつ、1年が経ち、父は90歳を過ぎました。
今、父は何も食べられない状態になり、ただお迎えを待つ身です。

少し前、誤嚥性肺炎で入院し、口から食べるのはもう難しいので、
今後どうするか、考えをまとめて欲しいと医師に告げられました。
今は医療が進み、いろんな治療があるのです。
今度、詳しく書こうと思います。

父は、元気な時より、延命措置を望まない旨の書面をホームに提出していました。
それでも、まだ認知症の母がいること、
どこまでを延命措置というのかという問題もあり、
ぐるぐると頭をいろんな考えが巡っていきます。
決断は、やはり・・・辛いものです。
始めは、意思疎通が図れなかったので余計でした。

先日行ったとき、肺炎がかなり治まり、父と少しだけ話ができました。
そして、「鼻から管で栄養入れる?」と聞いてみました。
「ううん!」というように、首を振る父。
わたしの気持ちは、少しだけ楽になりましたが、
他にも細かいことはたくさんあります。

そして、これから死を待つ父に、わたしに何ができるだろう?

とりあえず、明日父の元に行って少しついていてあげようと思います。




↓ ランキング参加中 rainbow 応援クリック ふたっつ お願いします ふるーつ☆Cultivation・ハート×2

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ  
関連記事

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

左サイドメニュー

プロフィール

LUCKY YOU

Author:LUCKY YOU
ブルース・モーエン公認トレーナー
HP http://shigotansaku.com
著書『リトリーバル 過去世の救出』(ハート出版)

“何があってもポジティブにプラス思考に考える”をモットーに日々を過ごしています。
その甲斐あって、毎日小さな幸せを感じています。
その原動力は、スピリチュアルな世界に出逢ったことです。
全ての人、そして全ての存在が繋がっていることを知りました。
そこには『無条件の愛』が満たされていて、至福への入口があります。
そんな風に、わたしはトレーナーになり、本を出版することができました。

身に降りかかる不運と思える出来事こそ、本当は魂を磨くチャンスなのです。思いがけない真実を知るだけで、あなたもきっと人生が変わります。
幸せへのキーワードを一緒に見つけましょう。

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター