幸せへのスピリチュアル・メッセージ

ブルース・モーエン公認トレーナーがお届けする、21世紀のスピリチュアルな世界! 幸せへの近道、ガイドとの繋がり、無条件の愛、叡智と真理、そして…初歩から教える「体験型ワークショップ」 好評開催中です!

体外離脱との違い

リトリーバルやガイドとの交信と体外離脱との違い についてのご質問をいただきました。
とても良い質問なので、今日はそれについて書いてみますね。

と言ったものの、実は私は体外離脱の経験がありません 汗
ですから、皆さんからお聞きした情報を基にお話ししてみます。

まず、私がいつも行なっている方法は、変性意識状態 を作り出しアクセスします。
ちょうど、ラジオの周波数を合わせて電波をキャッチするような感覚です。
感覚を 現実世界から少しずらすと言うイメージです。
ちょうど、3Dの絵を見詰め、別の絵が浮き出してくる時の感覚に似ています。

ですから、現実世界の自分の意識もちゃんと残っていて、
両方を同時に感じています。
肉体的感覚はしっかり残しつつ、観察し体験できます。
そのため、メモを取ったり、テープに取るため状況をしゃべったりできる訳です。

慣れてくると他のことをしながら、アクセスすることもできます。
私ごときでさえ、洗濯物を干しながらや、お風呂で身体を洗いながらや、
食器を洗ったり、調理しながら交信できちゃいます。
あまり頭を使わない作業ならOKです。

また、ある程度自分の意思でタイミングやコンタクト先をコントロールできます。
そして、私のお教えしている方法は、更に非物質の存在たちのヘルプを得て行なうので、
安全で、自分に適した体験をチョイスしてもらうことも可能です。


では、体外離脱はというと、
まるで本当に肉体があるかのように、リアルに感じる ようです。
そして、観察しているというより、体験そのもののようようです。
肉体の意識も同時に感じるということは多分ほとんどないのでは?と思います。
ですから、横になっている時や、静かにしている状態での離脱が多いようです。
危ないですものね。

また、離脱のタイミングをコントロールするのは難しいようです。
抜け出すのがわかる時も、わからない時もあるようです。
自分の肉体に戻って初めて、離脱していたことをはっきり意識することもあるようです。
寝ている間に体外離脱してトイレに行った方が、
「用を足しすっきりしたのに、肉体に戻ったら、尿意が戻ってきた。」と話してくれました。


ふたつの特徴を解かり易くたとえてみましょう。

サッカーの試合を観る時に、
体外離脱による体験は、試合会場の観客席から観戦している感覚、
変性意識状態による体験は、テレビ中継で観ている感覚、

と思っていただけると良いかと思います。

試合会場の観客席から観戦する場合、
その場の臨場感を感じることができます。
選手と一体になれないまでも、直に彼らの興奮や焦りも感じられるでしょう。
ただ、ある程度グラウンドからの距離があり、細部や顔の表情、
また角度によって見えない部分も出て来るかも知れません。
そして、観戦中は通常、そのことに専念することになります。

それに対し、テレビ中継で観る場合は、
画面を通じて観ているので、臨場感は薄くなります。
そして、選手との一体感を感じることはできないでしょう。
しかし、プロのカメラマンによる撮影で、選手の表情をアップで観たり、
いろいろな角度から撮影した決定的シーンをスローモーションで観ることもできたりします。
また解説があり、ルールにうとい者にも試合の流れを理解できます。
そして、何か他のことをしながらでも試合を楽しむことも可能です。

比較すると、ちょうどそんな違いかなと思います。


どちらがどうと言うつもりはありません。
ご自分の得意なやり方で体験すればいいでしょう。

両方出来たら、楽しいだろうなぁと思います。
皆さんも、ぜひトライしてみてくださいね→橙


矢印 下ランキングに参加中ですrainbow  矢印 下 クリックのご協力お願いしますオレンジのきらきら
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ          a_04.gif
関連記事

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

左サイドメニュー

プロフィール

LUCKY YOU

Author:LUCKY YOU
ブルース・モーエン公認トレーナー
HP http://shigotansaku.com
著書『リトリーバル 過去世の救出』(ハート出版)

“何があってもポジティブにプラス思考に考える”をモットーに日々を過ごしています。
その甲斐あって、毎日小さな幸せを感じています。
その原動力は、スピリチュアルな世界に出逢ったことです。
全ての人、そして全ての存在が繋がっていることを知りました。
そこには『無条件の愛』が満たされていて、至福への入口があります。
そんな風に、わたしはトレーナーになり、本を出版することができました。

身に降りかかる不運と思える出来事こそ、本当は魂を磨くチャンスなのです。思いがけない真実を知るだけで、あなたもきっと人生が変わります。
幸せへのキーワードを一緒に見つけましょう。

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター