幸せへのスピリチュアル・メッセージ

ブルース・モーエン公認トレーナーがお届けする、21世紀のスピリチュアルな世界! 幸せへの近道、ガイドとの繋がり、無条件の愛、叡智と真理、そして…初歩から教える「体験型ワークショップ」 好評開催中です!

「なぜ神は輪廻転生システムを創ったの?」ブログへのコメントから

ブルース・モーエン来日ワークショップで忙しく、
しばらく更新できずにすいませんでした<(_ _)>

先日、下記ブログにコメントをいただきました。
自殺(自死)を本気で考えているあなたに知らせておきたいこと その2

カルマを解消したり、学ぶためには、前世の記憶が来世まで引き継がれないと効率が悪くないですか?
それなのに何故、過去世の記憶を覚えていない人間ばかりなのですか?
神様はお馬鹿さんなのか、人間に出来るだけ苦しんでもらいたいとお考えなんでしょうか?
自殺がいけないのなら、どうして自殺しないように人間を作れなかったのでしょうか?


今日は、このコメントについて書いてみたいと思います。

わたしは、単に向こうの世界とコミュニケーションができるようになった人間の一人です。
特に人として偉いわけでもなく、さらに霊性が高いわけでもありません。
もしいるとしても神と呼ばれる存在とは無縁ですし、
ほんの少しだけ、ふつうの方より死後の世界のことを知っているだけです。

ですから、輪廻転生のシステムがなぜできたのか?
そこには、どんな意味や利点があるのか?
また、そのために記憶を消すのはどんな意味がるのか?
さらに、自殺はいけないのかどうか?
そういうことについて、お答えできる立場にはありません。

ただ、このコメントをくださった方も、ご自身で悩みを抱えていて、
何かしらの答えのようなものやよりどころを欲しているのだと思います。
僭越とは思いますが、少しでも心のよりどころになれればと思い、
わたしの知っていることを書いてみたいと思います。

1.前世の記憶を引き継ぐことなく輪廻転生するシステムについて
この制度がいつどのように作られたのか、
わたしは直接的に非物質世界の存在から聞いてはいません。
ただ、かなり以前の人類は格段に寿命が長く、1,000年が普通だったと聞いています。
当時は、長い寿命ゆえ、過去世の記憶を持つ必要性がなかったのかもしれません。

しかし、ある時期にもっと効率的に学びを加速させたいという願いから、
輪廻転生のシステムが導入されたと、本で読んだことがあります。
それが果たして成功だと言えるのか、私自身は疑問を抱きます。
ですから、質問者のご意見に近いのかもしれないと思います。

わたしが視ている、たとえば100年先の未来では、
寿命がかなり永くなっており、さらに今私が体験してるような、
自分や周りの人の過去世を視ることは、当たり前の現実になっています。
それらの方法を学校のようなところで、小さいときから学びます。

その未来を想うと、この前世の記憶を持たずに輪廻を繰り返すシステムは、
失敗だったという認識なのかもしれません。

もし、わたしの視ている未来が現実になるならば、
過去世の記憶を持って生まれる人や過去世の記憶を何らかの方法で思い出す人が
どんどん増えるはずです。

2.神について
神という存在がいると、実はわたしは思っていません。
ですから、神の御心も知ることはないと思います。
ですがわたしは、『大いなる存在』と呼ばれるすべての意識を把握する
スーパーコンピューターのような存在がいると考えています。
それを創造主と呼ぶ人もいるかもしれないし、神と呼ぶ人もいるかもしれない。

その『大いなる存在』は、何か特別な意図があって
私たち人間を創ったわけではないと、わたしは思っています。
無責任な言い方をすれば、たまたまできてしまった。
ですから、人間がどう生きてどう死のうとそのことに特別の意思は持っていない。
つまり、どんなふうに進化し、あるいは退化して行くかを興味を持って観察してる存在
そんなふうに捉えています。

『大いなる存在』は、特に関与はしませんが、
常にたぶん、愛を持って見つめている。
その愛と呼ばれるエネルギーは、もしかしたら
私たち人間が抱く愛の概念とは少し違うかもしれません。
ただ、すべてがそこにあることを許可するようなエネルギーではないかと思います。
すべてですから、私たちが言う善も悪も含まれます。

3.自死(自殺)について
ですから、わたしが知る限りでは、『大いなる存在』は、大いなる愛に基づき、
自死も特に悪いこととはとらえていない気がします。
殺人に対しても、そう思うことがあります。
でも、これはあくまで私の見解ですから、それが正しいのかはわかりません。

ただ、今まで触れてきた自死者が、
罰を受けたり責められたりしている場面に遭遇したことは一度もないからです。

また、元々私はそのような考えを持っていたわけではありません。
死後の世界に触れる前は、バリバリの善悪二元論者でしたし、
悪を憎んでいました。
悪者は、裁かれて当然で、罰を受けるべきだと。

でも、死後の世界を見聞きし、
罪も罰も実は存在しないことを知らされ、愕然としました。
これを読んでいる人にも、「こいつは何を言っているんだ!」と
昔のわたしのようにお怒りの方もおいでだと思いますが、
これは、わたしが知ってしまった事実です。
わたし自身は、それを信じていますが、
もちろん、あなたはそれを信じる必要はありません。

さらに、いくつかの体験から、自死者の多くは自らその行為を悔み、
「反省部屋」と呼ばれる引きこもり部屋のようなところに入ってしまいます。
そこから出る方法が見つけられずに、長い間留まっている者と
移動するための方法や導く存在がわかっていても、
自分の意志でしばらくそこに留まることを選択している者がいます。
それらは、死後世界の必然で、見守る立場の存在たちの多くは、
そのことを罰や罪のようにとらえていません。
(たまに亡くなって間もない身内の方が、早く助けなくちゃと騒いでいることはありますが)


以上が、わたしが死後世界とのコミュニケーションから知り得たことです。
質問者の答えにはなっていないかもしれませんが、
何らかの手掛かりになればと思います。

そして、最後に言いたいのは、コメントをいただいた記事に書いたように、
やはり自死はお勧めできないということです。
必ず、ツケは回ってきます。
それをカルマのひとつと認識するなら、
自死がこれだけ増えてしまった輪廻転生のシステムは、
学びのためにはあまり効率的だとは言えないのかなと思います。

これは、現実的ではないかもしれませんが、
自死をする前にぜひ、死後の世界を実際に知ってみて欲しいものだと思います。
考えが変わるのではないかなと思います。



自死を考えておいでの方へ
このブログを閉じる前に、ぜひ関連記事を全部読んでみてください。
あなたの知らないことがあるかもしれません。
カテゴリー [自死者(自殺者)とその家族 ]
よろしくお願いします。





今日も、ご訪問ありがとうございます
↓ ランキング参加中
rainbow  応援クリック ふたっつ お願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ  
関連記事

*Comment

Re: システム

ループさん

コメントありがとうございます。

そうなのかもしれませんね。
そうすると、そろそろ終わりにしよぜ~ぃという
人間意識の芽生えがあるのかもしれませんね。

これからが楽しみです ♪
  • posted by LUCKY YOU
  • URL
  • 2014.08/27 20:53分
  • [Edit]

システム

LUCKY YOUさん、こんにちは^^

このYOUさんのブログを読んでいて
輪廻転生するシステムができたのは結局のところ
我々の意識が生み出した産物なのかなと・・・
ふと、そういう思いが浮かんできました。

あくまでも個人的な感覚ですが・・・

いつもありがとうございます。m(u_u)m
それでは

  • posted by ループ
  • URL
  • 2014.08/27 16:28分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

左サイドメニュー

プロフィール

LUCKY YOU

Author:LUCKY YOU
ブルース・モーエン公認トレーナー
HP http://shigotansaku.com
著書『リトリーバル 過去世の救出』(ハート出版)

“何があってもポジティブにプラス思考に考える”をモットーに日々を過ごしています。
その甲斐あって、毎日小さな幸せを感じています。
その原動力は、スピリチュアルな世界に出逢ったことです。
全ての人、そして全ての存在が繋がっていることを知りました。
そこには『無条件の愛』が満たされていて、至福への入口があります。
そんな風に、わたしはトレーナーになり、本を出版することができました。

身に降りかかる不運と思える出来事こそ、本当は魂を磨くチャンスなのです。思いがけない真実を知るだけで、あなたもきっと人生が変わります。
幸せへのキーワードを一緒に見つけましょう。

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター