幸せへのスピリチュアル・メッセージ

ブルース・モーエン公認トレーナーがお届けする、21世紀のスピリチュアルな世界! 幸せへの近道、ガイドとの繋がり、無条件の愛、叡智と真理、そして…初歩から教える「体験型ワークショップ」 好評開催中です!

自殺(自死)を本気で考えているあなたに知らせておきたいこと その2

※本文中では、自死ではなく自殺という言葉を使わせていただきます。
 これは「自死」という言葉が、まだ一般的な言葉として認識されていないからです。
 その点ご理解の上、お読みいただけたらと思います。

しんどい内容の記事が続いて、ごめんなさい。
もう少しだけお付き合いください。

その1を書いて、アップするまでの間に、
知り合いの方が自殺を図りました。
それを止めるために動く時間の中に、久し振りに憤りを感じました。

またそれとは別に、お子さんを自殺でなくした母親の深い嘆きも
入ってきました。

今更ながらに、命を絶つことがどれほど周りの人に影響を与えるかを
思い知らされた気がします。

行動する前に、ぜひ知ってください。
どれほど、人を苦しめることを 今、あなたがしようとしているかを。


◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆
はっきり言っておきたいこと。
それは、人に迷惑をかけずに自殺することはできない
ということ。

自死は、思いがけないところで、人の心に闇を作ります。

自殺をほのめかすこと自体、そのことを知った人は
どんなに些細な関係でも、もしかしたら今・・・と不安を覚えます。
また何か頼まれたら、「断ったら、しんじゃうかも」と
無理を聞いたり、腫れ物に触るように接します。

「これから死にます」 なんて言われて
平気でいられる人はそうそういない。

そして、もしものことがあれば心に影を落とします。
「止めることはできなかっただろうか・・・」
「わたしは、できることをちゃんとしたんだろうか?」
「もっとできることがあったんじゃないだろうか・・・」
そんな思いを一生抱きながら生きていくことになるのです。
その人が純粋で心優しければ、
その想いはその人の人生をも、変えてしまうかもしれない。

そんなことを考えたことがありますか?

あなたと接したことがあるすべての人が、
そんな苦しみに落ちる可能性があるのです。


以前、友人が命を絶ちました。
家族が打ちひしがれてしまうのは、当たり前ですが、
わたしの周りの友人たちの落ち込みようも尋常ではなかった。
その頃わたしは、まだ今のように
人様を支えたり励ましたりできる余裕はなかったので、
何を言ってあげることもできませんでした。

亡くなった友人に相談に乗ってもらっていた人は、
「わたしが相談していたことも、彼女の重荷になっていたと思うと
やりきれない気持ち」 と言っていました。
10年以上経った今も、その気持ちを抱えたままかもしれません。


そして、先日ある人が、
「自分の人生の中で、大きく気持ちが落ち込んだ時期が、
二人の知り合いが自殺したときだった」 と話していました。
ひとりは古くからの友人で、もうひとりは仕事のお客さん。
二人とも、大好きな人だったそうです。

「今も、時々思い出しては辛い気持ちになる。
どうして?と思うと苦しくなる」と言っていました。

亡くなった本人にとって、すごく親しいわけでもなく、
彼のことはそれほど気にしていなかったと思います。
自分の死が彼に大きな影響を与えるとは、考えてもいなかった。
そのことを死後探索の手法を使って、故人に会いに行ったとき
感じました。

逝っちゃったほうは、気楽なものです。
そして、無責任かもしれません。

もしかしたら、あなたの考えもしないところで
人の人生を狂わしてしまうかもしれない。
それが、今、あなたがやろうとしていることです。

人の人生に闇を落とし、影を作ってしまったことの責任は
取らせるのだろうと思います。

幾つの生をかけても・・・

それから、もうひとつ。
自殺は、犯罪ではないと思っていませんか?

自殺は、『命を奪う』というれっきとした犯罪です。
それが他者の命であっても、自分の命であっても、
スピリチュアル的には大きな違いはありません。
さらに、この世で恨みや憎しみのエネルギーを受けない分、
向こうへ行ってから厳しい学びが待っています。


実は、わたしにも自ら命を絶った過去世があります。
彼女の最期と同じ年齢のとき、わたしも死を考え苦しみました。
そしてさらに、
今、こうして自殺にまつわるブログを書かされています。

自殺という形で、未完成に終わったエネルギーは、
その後ずっと終着点を求めて進み続けます。
その後の生に影を落とします。

それは、罪を償うということではなく、
自分の流したエネルギーに自分が苦しめられたり
それを刈り取ることをさせられているのだろうと思います。
それをカルマと呼ぶ人もいますが。

死後探索の中で、真実を知りました。

わたしは、絶対に自分で命を絶つことはしない。
それが、どれほど後々大変なことか、知ってしまったから。

そしてさらに、このブログを読んでしまった以上、
あなたは確信犯の扱いを受けることになります。

一時の気の迷いとして情状酌量される可能性は、残念ながらありません。
私の過去世同様永い永い間、
誰にも会えず孤独の中で、後悔とともに漂うことになるかもしれない。

◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆

あなたが命を絶つことを、わたしは止めはしません。
でも、あなたの周りの人を巻き込むことを知り、
何百年、何千年、そして幾つもの生をかけて、
その責任を取る覚悟をしてからにしてください。

それは、死の覚悟より勇気のいることかもしれません。

◆◇◇◇◆

ここからは、追伸です。

きつい物言いになってしまって申し訳ありません。
かえって追い詰められた感じた方もおいでかと思います。
でも・・・これが、記事を書かせていただいた時の正直な気持ちでした。

死んだ後の世界を知っています。
その上で、もしもあなたのお力になれるなら、どうぞお声かけください。
この記事を読んでみてください。
まず、ご相談ください

電話カウンセリング http://shigotansaku.com/menu/c213254
 匿名でも、受け付けています。(1時間 3,000円~)

対面カウンセリング http://shigotansaku.com/menu/c96861
 ヒプノセラピーも組ことが可能です。ガイドとコンタクトします。


さらにお願いです。
このブログを閉じる前に、ぜひ関連記事を全部読んでみてください。
あなたの知らないことがあるかもしれません。
カテゴリー [自死者(自殺者)とその家族 ]
よろしくお願いします。






今日も、ご訪問ありがとうございます
↓ ランキング参加中
rainbow  応援クリック ふたっつ お願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ  
関連記事

*Comment

Re: 身体的苦痛に伴う自死について

ルルさん

お返事遅くなってごめんなさい。
状況お察しいたします。

わたしごときが偉そうに言えることではないのでしょうが、
ルルさんのようなケースは、レアケースに入ると思います。
死後その人がどのような状態になるかは、亡くなるときの思いと大きく関わります。
自死の理由や状況よりも、それらの影響が強いように感じます。

というのは、神の裁きのようなものがあるわけではなく、あるとすれば裁くのは自分自身だからです。
自分で自分を責めていれば、反省部屋(暗く閉ざされているような印象の場所)に入る確率が高くなります。
逆にそういう思いがなければ、現世的には許されない死に方だとしても、そのまま浄化の道に進む可能性が高いのです。
その後、いろいろ指導は受けるとは思いますが。

ですから、心残りなく安らかな気持ちで命を絶つことができればとは思います。
ただその前に、この耐え難い痛みをもし生まれる前に設定してきたのだとしたら、
どんな意味があり得るだろうかと考えてみてください。
もし、お手伝いが必要なら、どうぞカウンセリングをご利用ください。
カウンセリング&セラピー http://shigotansaku.com/menu/c96861
電話カウンセリング http://shigotansaku.com/menu/c213254

さらに、スピリチュアル感覚を熟練すると、痛みをコントロールすることが可能だと聞きます。
来日経験のあるマクモニーグル氏は散弾銃の破片が体に入っている状態で、
その激痛をある程度感じないようにコントロールできるそうです。
あるいは、体外離脱の最中は肉体の痛みから脱することが可能です。
良かったら、そんな情報も調べてみてくださいね。

他にも、スピリチュアルを駆使してできることはたくさんあります。
何かお手伝いささせていただけたらと思います。
  • posted by LUCKY YOU
  • URL
  • 2016.08/02 23:11分
  • [Edit]

身体的苦痛に伴う自死について

突然のコメント失礼致します。いつもブログからの温かく心強いメッセージに励まされています。また御守り代わりにスマホのお気に入りに入れ、辛い時に何度も何度も読み返しています。ところで、現在私は手術の後遺症で常に慢性的な身体の痛みがあり、その結果、不眠や疲労、不安感に苛まれる日々を送っております。もしこれがお仕事や人間関係など環境の問題でしたら、最悪逃げることも出来るかもしれません(無責任な発言ですみません。。)また、この痛みがいつ迄に終われると分かっているとしたら、どうにか耐えられるかもしれません。でも、、、毎日、最低限の家事手伝いをしながら、自分を励まし、責め、命のことばかり考えてしまいます。痛みを感じながらどうすれば強く生きていかれるのかと、、無理して平静を装うことにも疲れました。ただ唯一の救いは家族が優しいこと、そして以前から少しあったスピリチュアルな感覚が鋭敏になり、ガイドさんからの励ましを頻繁に頂けるようになったこと。精神世界があるからこそどうにか生きていられます。そこで一つ質問なのですが、肉体的な苦痛で痛くて苦しくて命を絶ってしまった場合でもやはり、暗く閉ざされた世界に行くことになるのでしょうか?お忙しい所申し訳ありません。コメントのお返事頂けますと幸いです。どうぞ宜しくお願い致します。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by
  • 2016.07/02 00:49分
  • [Edit]

Re: 名無しさんへ

お力になれなくてごめんなさい。
怒っておいでなのでしょうか?

仰ることも、もっともだと思います。
かえって自殺をしたくなったのでしたら、本当に申し訳ないことです。

わたしは、自分のことを人格者だとはとうてい思いませんが、
たったひとりでも、思い留まってくださる方がいればという思いで書きました。


周りのためでなく、ご自身のために、
周りの犠牲になるような選択はしないで欲しいと、心から願います。

周りへの配慮や優しさを捨てて、別の人生を歩むことはできないのでしょうか?
あるいは、誰か他の人にSOSを出すことはできないのでしょうか?

誰かに、助けを求めてみてください。
  • posted by LUCKY YOU
  • URL
  • 2016.06/17 23:56分
  • [Edit]

全く心に響きませんでした。周りの事など考えられなくなる程追い詰められるから自殺をするので、的外れもいいとこです。私たちを自殺に追い詰める典型的な自称人格者による本当に迷惑極まりない記事です。
  • posted by
  • URL
  • 2016.06/16 04:25分
  • [Edit]

Re: タイトルなし

ネコさん

ひとりで悩んでいると煮詰まりますよね。
ネコさんは、頑張り屋さんなのでしょうね。
この世から消える以外にも、打開する方法は必ずあります。

お力になれたらよいのですが。
電話でのカウンセリングも行っています。
匿名でも、受け付けていますので、良かったら。

電話カウンセリング http://shigotansaku.com/menu/c213254
対面カウンセリング http://shigotansaku.com/menu/c96861

お待ちしています。
  • posted by LUCKY YOU
  • URL
  • 2016.06/13 23:25分
  • [Edit]

ずっと家族関係で悩んでいて仕事もつらくて限界になってきました。毎日自殺のことばかり考えています。 まわりはわかってくれない。 死にたいです。休みたいです。
  • posted by ネコ
  • URL
  • 2016.06/13 13:26分
  • [Edit]

Re: 偶然たどり着きまして

さあやさん

コメントありがとうございます。
何度も読みました。
思ったことは、さあやさんは生きたいと強く思っているのだろうということです。
それは、わたしに怒りを感じているからです。

過去世で、どうにもできずに命を絶った時のことをはっきり想い出しています。
苦しみから逃れたくて命を絶ちました。でも救われたのは、死に至る一瞬だけでした。
その後の苦しみとその後の人生にどれほど悪影響を与えているかを思えば、後悔せざるを得ません。

自死に至る理由を正当化しても意味のないことですし、
自死を考える人を慰めようとは思いません。また、わたしが救えるとも思いません。
ただ、ご自身のために思い留まることをお勧めするだけです。
  • posted by LUCKY YOU
  • URL
  • 2016.02/15 01:39分
  • [Edit]

偶然たどり着きまして

偶然こちらにたどり着き昨年の記事と知りつつ拝見させて頂きました。過去世などは否定しませんがもし別の人生の時に自殺経験のあるのが本当だとしたらよくこのような一般論をスピリチュアルと称し書けるものだと驚いています。自殺を本気で考える人をさらに追い込む内容ですね。自殺志願者のほとんどは周りが悲しむことなど理解しています。それに対する申し訳なさなどで何とか歯止めがかかっている状態が長く続き辛さ苦しさにどうにも耐えられなくなり命を絶ちます。周りが辛いから思い止まれと言えるのはそのような究極に追い込まれた経験のない方なのでしょう。周りの辛さも考え、自身の辛さを抑え込み続け耐えて耐えてどうにも耐えられなくなった結果なのです。過去世であろうが現世であろうが自殺直前までいく苦しみを知っている方が何故このような文面をかけるのか本当に理解できません。
  • posted by さあや
  • URL
  • 2016.02/09 13:55分
  • [Edit]

Re: 悲しい

名前 酷いさん

心の奥からのコメントありがとうございます。
仰ることは、わかります。

苦しくさせてしまって、ごめんなさい。



でも、大切な人を亡くしたご家族の嘆きを聴いていると・・・
これも、わたしの本音です。

さらに、死後世界からのコンタクトから知ったこと。
逃れるために死を選んだ者は、そこから逃れることを選ばないこと。


とにかく、何でもいいから、
生きていてほしい。

そう、思うだけです。

嫌な思いをさせてしまって、ごめんなさい。

  • posted by LUCKY YOU
  • URL
  • 2015.10/15 23:10分
  • [Edit]

悲しい

読んでて悲しくなりました。
余計辛くなりました。
  • posted by 酷い
  • URL
  • 2015.10/14 21:03分
  • [Edit]

Re: コメント失礼致します。

名無しさん

コメントありがとうございます。
確かに偉そうに感じられるかもしれませんね。
申し訳ありません。
不快に感じられたのでしたら、お詫びします。

ただ、わたしのところには大切な方を自死で亡くしたご家族が多数来ます。
その方たちは、みなご自身を責めています。
死なせてしまったのは自分のせいだと少なからず、皆思っています。

死んで楽になろうとする人に、珍しく怒りを感じました。
わたしの正直な気持ちです。

そして、死のうと考えている方が、これを読んで怒りを感じてくれれば、それでいいと思っています。
わたしに怒りを感じながら、自死するのは難しいのでは?
恨まれてもいいと思っています。
それで、ひとりでも思い留まる人がいれば。

本当に、偉そうな物言いでごめんなさい。

  • posted by LUCKY YOU
  • URL
  • 2015.07/16 22:55分
  • [Edit]

コメント失礼致します。

なかなか偉そうですね。
そのような言い方では自殺を考えている人には届かないと思います。
  • posted by
  • URL
  • 2015.07/16 20:01分
  • [Edit]

Re: 内容を見たが

通行人さん

確かに少し、きつい物言いかもしれませんね。
その点は、お詫びします。

でも、地獄行きとはどちらかというと反対のことを書いています。
よく読んでいただけなかったのだと思います。

わたしは、死後世界を訪問していますが、罪を償うための地獄はありません。
自死したたくさんの人に会いました。
後悔している人がほとんどです。
だから、自ら反省部屋のようなところに入り、周りとの接触を絶っています。
それは、地獄とは違います。

また、大切な人を自死で亡くされた方のお話を聞きました。
その人たちの話を聞くと、残された者の方が辛いのではないかと感じます。
それでも彼らは、生き続けなければなりません。

こころから、自死をやめて欲しくて書きました。
ただ、それだけです。


  • posted by LUCKY YOU
  • URL
  • 2014.09/05 00:25分
  • [Edit]

内容を見たが

偶然見付けて読んだけど、"自殺は地獄行き"とでも言わんばかりの内容だね。

絶望にうちひしがれてる人に対して、こんな脅迫をするなど悪魔の所業ではないか?
  • posted by 通行人
  • URL
  • 2014.09/04 23:30分
  • [Edit]

Re: 質問がありますさんへ

質問がありますさん

コメントありがとうございます。
わたしは、神でもないしその使いでもないので、
神の代わりにご質問にお答えすることはできません。

でも、わたしなりに知っている範囲で、
ブログに記事として書いてみようと思います。
少し、お待ちください。
よろしくお願いします。
  • posted by LUCKY YOU
  • URL
  • 2014.08/24 22:25分
  • [Edit]

カルマを解消したり、学ぶためには、前世の記憶が来世まで引き継がれないと効率が悪くないですか?
それなのに何故、過去世の記憶を覚えていない人間ばかりなのですか?
神様はお馬鹿さんなのか、人間に出来るだけ苦しんでもらいたいとお考えなんでしょうか?
自殺がいけないのなら、どうして自殺しないように人間を作れなかったのでしょうか?
  • posted by 質問があります
  • URL
  • 2014.08/20 14:20分
  • [Edit]

Re: あると思います

マサさん

そうですね。
よくあることだと思います。
今度、それをテーマに書いてみますね。
ありがとうございます。

> 死にたいや苦しいなど家族や知人に相談して相手が困ることが分かっていると相談できず自分の中に溜め込んでしまって逆に自殺してしまう人もいるのでは?
  • posted by LUCKY YOU
  • URL
  • 2013.10/06 22:24分
  • [Edit]

死にたいや苦しいなど家族や知人に相談して相手が困ることが分かっていると相談できず自分の中に溜め込んでしまって逆に自殺してしまう人もいるのでは?
  • posted by マサ
  • URL
  • 2013.10/06 00:18分
  • [Edit]

Re: 名なしさん

名なしさん

苛々したのなら、それでよいと思います。
苛々しながら命を絶つのは難しいです。

ただ、どんな理由があっても
命を絶って欲しくないだけです。
  • posted by LUCKY YOU
  • URL
  • 2013.06/19 00:31分
  • [Edit]

罪悪感で煽りたいのですか?苛々しました
  • posted by
  • URL
  • 2013.06/18 23:06分
  • [Edit]

Re: チエさん

少し書けるまでお時間くださいね。
心して書く必要のあるテーマですから。
  • posted by LUCKY YOU
  • URL
  • 2013.02/27 16:18分
  • [Edit]

NoTitle

有難うございます。

ある時と場合、、
わたしが、苦手や合わないとかんじたりすると

思いはマトモでも
表現がココロの痛みから
癖やらパターンを繰り返してしまう
また、カラダを壊して良いとこ止まり、、

こういうことが時々あるので
記事を愉しみにしています。
  • posted by チエ
  • URL
  • 2013.02/24 09:44分
  • [Edit]

Re: コメントありがとうございます

チエさん

いろいろとたいへんな思いをされてきたのですね!

記憶の奥に仕舞い込んだ辛い思い出も
いつかは、向き合って開放しないと、未来を歪めてしまう可能性があります。

そんな方法も含めて、わたしの知っているあれこれを
今度ブログに書いてみたいと思います。

これも、とても深いテーマです。
テーマの提供ありがとうございます。
少し待っていてくださいね。

  • posted by LUCKY YOU
  • URL
  • 2013.02/23 13:12分
  • [Edit]

NoTitle

お返事有難うございます。

わたしは、産まれ育った境遇の連鎖から
なかなか抜けれなくて、、。

それは児相依頼されるような環境でして
思い出し向き合うのが兎に角辛く
そういうことが沢山ある人生でしたから、、

生きることに誠実に在りたいって

心に飢えがなく、受け止めたり
与え合ったりできるといいなって

そのためには、まずは
わたしが幸せになることが大事と
思ってきました。
  • posted by チエ
  • URL
  • 2013.02/22 22:03分
  • [Edit]

Re: 命を活きること

チエさん

大切な気付きですよね。
ありがとうございます。

生きていれば何でも良いわけではありませんが、私たちが生まれてきたのは奇跡と言えます。
だから、大切にして欲しいと思います。
  • posted by LUCKY YOU
  • URL
  • 2013.02/22 18:08分
  • [Edit]

NoTitle

いのちを生き切ること

大事だなって、、改めて思います
  • posted by チエ
  • URL
  • 2013.02/22 17:09分
  • [Edit]

Re: 時間が止まるんですよね。

eriさん

実体験のコメントありがとうございます。

ほんとに、死のうと考えている人に言葉が届くことを願っています。
  • posted by LUCKY YOU
  • URL
  • 2013.02/18 11:04分
  • [Edit]

時間が止まるんですよね。

こんばんは。
私も、残された経験があり、その哀しみたるや、無気力と虚しさと、表現出来ない感情の水たまりの中で、もんもんと、悔やみ、立ち止まり、心のど真ん中に、その想いがとどまったまま、ことあるごとによみがえりました。
さすがに、20年くらいたったころにようやく癒えて来ましたが。

その方との関係は仲の良い知人関係でも、大きな衝撃でした。

残された人の想いが届かないことに、たびたび、無力さとどこにもぶつけようのない寂しさを味わいました。

言葉で表現するには、あまりにも足りない、長い長い年月を影響される想いが読んだ方に伝わると信じています。
  • posted by eri
  • URL
  • 2013.02/18 01:03分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

左サイドメニュー

プロフィール

LUCKY YOU

Author:LUCKY YOU
ブルース・モーエン公認トレーナー
HP http://shigotansaku.com
著書『リトリーバル 過去世の救出』(ハート出版)

“何があってもポジティブにプラス思考に考える”をモットーに日々を過ごしています。
その甲斐あって、毎日小さな幸せを感じています。
その原動力は、スピリチュアルな世界に出逢ったことです。
全ての人、そして全ての存在が繋がっていることを知りました。
そこには『無条件の愛』が満たされていて、至福への入口があります。
そんな風に、わたしはトレーナーになり、本を出版することができました。

身に降りかかる不運と思える出来事こそ、本当は魂を磨くチャンスなのです。思いがけない真実を知るだけで、あなたもきっと人生が変わります。
幸せへのキーワードを一緒に見つけましょう。

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター