幸せへのスピリチュアル・メッセージ

ブルース・モーエン公認トレーナーがお届けする、21世紀のスピリチュアルな世界! 幸せへの近道、ガイドとの繋がり、無条件の愛、叡智と真理、そして…初歩から教える「体験型ワークショップ」 好評開催中です!

お子さんを自死(自殺)でなくされた方へ2

※本文中では、自死ではなく自殺という言葉を使わせていただきます。
 これは「自死」という言葉が、まだ一般的な言葉として認識されていないからです。
 その点ご理解の上、お読みいただけたらと思います。

経験者ではないわたしには、計り知れない辛さがあるだろうと思います。
でも今日は、それを承知できついことも書かせていただこうと思っています。

どうぞ、
「どうせあなたにはこの気持ちわからないわよ!」などと言わずに、
最後までお読みいただけたらと思います。

◆あれからずっと、親として至らなかったと自責の念に苦しんでいます。
親として、もっと~していればと後悔や自責の念を抱く気持ちは
よくわかります。
数年前なら、間違いなくわたしも同じように思ったでしょう。

でも今はまったく違う概念を持っています。
いくら親でも、子供の人生を親の力で左右することは
許されていないのです。
そのことを理解して欲しいと思います。

つまり、たとえ~していても、多少の違いはあっても、
結果は同じだったということです。

さらに、自責の念を持ち、後悔の中に生きることは、
エネルギー的に繋がっている大切な子供の進化をも
遅らせてしまうことになるのです。

もし仮に、親の言動が故人の自殺の原因になっていたとしても、
それは、あなたのせいではありません。
失敗したのは、お子さんの方で親ではないのです。
あなたが死後、そのことで責められることはないでしょう。
それが役割りだったのです。

逆に言えば、自殺の理由が外的理由だとしても、
それは、いい訳にはならないということです。
「それなら、しかたがなかったね」とは、決して言ってもらえない。

このことも、こちらの世界の視点からは見えて来ないことです。
向こうの視点を持って初めて気付け、実感できるのかもしれません。

わたしは、計り知れないたくさんのことを、
今ここに書いていることも含め、向こうの世界との関わりの中で、
『知っている』という感覚で得ることができました。
その感覚は、ほんの紙一重の違いでも、言葉にしていく段階で
「大きく違う!」と思うことがあります。
わたしの中の真実! それがいつも答えになります。

もしできるなら、思い悩み留まっていないで、
私と同じフィールドに立ち、
体験からいろいろなことに気付いて行って欲しいと切に願います。

◆時間は苦しみを癒してくれますか?
 どれくらい経てば時間という薬は利いてくるのでしょう?


死後いろいろな理由で、囚われの世界に入ってしまった人を
リトリーバルで救済するのですが、彼らは時間のない世界にいます。
ですから何十年でも、いえ何百年何千年でも同じ状態に留まっています。

この世には時があるので、それによってエネルギーは必ず変化します。
また様々なエネルギーが作用して、変化を起こします。
それでもなかなか変われない人もいますよね。
そういう人は、待っている人です。

待っている時間はとても長く感じますよね。
そういう人にとって時間による変化を待つのは、
永遠に近い感覚だと思います。

ですから、時間で癒されるのを待つことをわたしはお勧めしません。
49日、半年、一年経つごとに、
自分の中に変化することを許して行ってください。

変化を起こすことは難しい、
また、変化を受け入れるのも難しいなら、
自分が変化することをただ許可するだけでもかまいません。
「自分自身が変化することを許可します」
そう声に出して宣言してください。

故人のことを忘れている時間が少しずつ長くなっていくことを
ご自身に許可してあげて欲しいのです。
それは、決して見捨てることでも、忘れることでもありません。
ただ前に進むことであり、それが生きるということです


大切な人を失った悲しみの中に埋もれて、
残された人が過去ばかり見詰めて時を重ねることは、
肉体を持って生まれてきた意義を捨てることですし、
何の供養にもなりません。

残された者が、悲しみと苦しみを乗り越えて進む姿に、
過ちを犯してしまった魂も励まされ、
前に進む勇気と力を取り戻すことができるのではないですか?

ぜひ、気持ちに蓋をするのではなく、
泣き叫び、もがき、あがき、その上で、
1mmずつでも前に進んで欲しいと思います。

その勇気と決意を持ってください。
いつから変わるのか決めてください。
そのうちではなく、今が無理なら決めてください。
苦しくても、それが残された者の責任ですから。


あなたを心から、応援しています。
そして、きっと報われる日が来ると信じています。

ご質問やご意見があれば、お待ちしています。
また、記事の続きで書かせていただきます。



今日も、ご訪問ありがとうございます
↓ ランキング参加中
rainbow  応援クリック ふたっつ お願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ  
関連記事

*Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by
  • 2014.06/03 14:16分
  • [Edit]

Re: 気持ち悪い

ななさん

コメントありがとうございます。

奈々さんは、本当の死後の世界をご存知ですか?
そして、それは私の知っている世界と違うのでしょうか?
もしそうなら、その世界をぜひ教えてください。

私たちは、ブルース・モーエンのメソッドを使って、
幽体離脱は少し違う方法で死後の世界とコンタクトしています。
それを物質世界で証明することは難しいですが、
私たちにとっては、それは「ある」と言える世界です。

ぜひ、「かみさまとのやくそく」という映画をご覧になっていただけたらと思います。
少しは、理解していただけるのではないかと思います。
  • posted by LUCKY YOU
  • URL
  • 2014.05/12 20:57分
  • [Edit]

気持ち悪い

気持ちが悪いです。
幽体離脱した世界をまるで本当に死後の世界であるように言っている貴方が
  • posted by なな
  • URL
  • 2014.05/11 02:09分
  • [Edit]

Re: シークレットさんへ

このブログに辿り着いてくれてありがとうございます。

大切な人を亡くされると、自分のせいではなかったか、もっとしてあげらることがあったのではないか、とそんなことばかり考えてしまうものです。
お気持ちはわかりますが、それは双方を苦しめるだけです。
自分が喜びを見つけて生きることで、亡くなった方も癒され勇気をもらえます。
エネルギーは繋がっているのですから。

chieちゃん、わたしもエアチャックして見ています。彼女のキャラは不思議ちゃんで楽しいですね。
ただ、霊的な能力はまだまだです。感性は素晴らしいのですが、視えている範囲はまだまだ狭いように感じます。
亡くなったおじいちゃんや親を「守護霊」と呼んでいますが、それはちょっと違う。そこまでの範囲しかカバーできないと言うことです。本来の守護霊であるハイアーセルフ的な存在の話は皆無です。彼らは、亡くなって間もない存在たちのさらに先のエリアにいますから。彼らも、サポーターとしてついてくれているので、ある意味では守護してくれてはいるのですが、その内容は人間的な範囲内です。わたしは、彼らを補助霊と呼んでいます。
ガイド(守護霊)と祖先のカテゴリーに詳しく書いていますので、良かったら覗いてみてください。
霊能者の90%以上が、守護霊と話せていない!? 
http://happyspiritualworld.blog119.fc2.com/blog-entry-343.html
こちらの記事も興味深いです。

話がそれましたが、2年前からカウンセリングも行っています。
電話でも可能ですので、良かったらお話をお聴きしますよ。
きっといくらか楽になれると思います。
http://shigotansaku.com/menu/c96861
詳細は、ホームページよりごらんください。

また、クライアントさんからの感想をブログにも書いています。
アメブロ『幸せの気持ち』http://ameblo.jp/bigluck55
こちらは、短めに毎日書いています。
良かったら、覗いてみてくださいね。

元気になれるよう応援しています。
  • posted by LUCKY YOU
  • URL
  • 2014.02/02 10:47分
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by
  • 2014.02/01 18:30分
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by
  • 2013.06/09 20:46分
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by
  • 2013.03/01 06:58分
  • [Edit]

よくわかりました。自分の気持ちに整理をつけれたと思っています。
寂しさや辛さがなくなる事はなくとも、息子がまたこの世でがんばって欲しいとおもうんです。

リトリーバルも、時間を見つけながら、東京に伺いたいと思います。

またお時間日にちの調整をし、申し込みしたいと思います。

よろしくお願いします。
  • posted by ゆきです
  • URL
  • 2013.02/22 17:36分
  • [Edit]

Re: ゆきさんへ

電話でのカウンセリングは、いつでも良いですよ。
辛い気持ちを抱えているなら、早い方がいですね。

また、自死された方は少なからず自責の念に囚われます。
それはこちらの考えだと良くないことのように感じると思いますが、
意識の成長にとって必要なことです。
早く成仏させることがベストとも言えないということです。
そのタイミングは人それぞれですし、すぐに成仏するとは限りませんが、
リトリーバル(魂の浄化、つまり成仏)を促すのは、良いことだと思います。
※リトリーバルは、ワークショップで習得しないとできませんが

いづれにしても、お電話で具体的にお話したほうが良いと思います。
ご連絡お待ちしています。
  • posted by LUCKY YOU
  • URL
  • 2013.02/22 11:23分
  • [Edit]

何度かメールでのやりとりをさせて頂きました。
その節はありがとうございました。
2日に自死で息子が亡くなり、
昨日三七日を終えました。

息子が悔やんでいるのではないか?そんな事を考えています。

私も自責の念で、辛いですが、今となっては何も出来ません。
私の悔いは、これから生きて行くなかでの、試練として人を大切に、人を愛し、下の息子を大切に育てる事で乗り越えてゆきたいと思いますが
息子を何とか成仏させてやりたい。

私に出来る事は、何でしょうか?

また、四十九日を過ぎて、お電話でのカウンセリングをさせて頂きたいのですが、四十九日よりも早くても良いのでしょうか?
  • posted by ゆきです
  • URL
  • 2013.02/22 08:23分
  • [Edit]

Re: 楽になりました。

まさこさん

少しずつ元気になられているようで、本当に良かったです。
コメントに、わたしも励まされました。
少しでも誰かのお役立てればと思い、わたしの知っていることを書いてきました。

死後探索シリーズを読み始めたのですね。
いつかお目にかかれるのを楽しみしています。

無理せず、少しずつ進んでいきましょう。

応援しています。
  • posted by LUCKY YOU
  • URL
  • 2013.02/13 23:12分
  • [Edit]

楽になりました。

LUCKY YOUさま

ありがとうございます。
書かれている内容は、本当にそのとおりだと納得。
自責の念で苦しんでたくさん泣きましたが、確かにおっしゃる通りで、私が、息子を変えることは、できなかったし、息子が乗り切らなくてはいけなかったんだと思います。

また、1日ごとに普通にテレビを見たり、ご飯を食べたりすることもできるようになってきて、逆にそれが、息子を忘れている、私って冷たい人間なのかと罪悪感を感じたりしたのですが、それでいいんだと背中を押していただいたようで、本当に楽になりました。

このブログに出会えてよかったです。

死後探索1を読み始めました。せっかくご縁があって(しっかり導かれたのかも?)こちらのブログにとどりついたのですから、私も、いろいろ勉強したいと思っています。
もしかしたら、息子もリトリーバルという助けが必要な状態かもしれないし、息子のためにも、前を向いて、しっかり学んでいこうと思っています。

このようなブログを作ってくださってありがとうございます。
多くの方の助けになっていることと思います。
私も、しっかりと乗り越えて、いつか、他の方のお役にたてるように頑張っていきたいです。

Re: 改めて救われた気持ちです

eriさん、コメントありがとうございます。

そうです!
その人を変えることはできないのです。本人が変わろうと思わない限り・・・
そのためのアプローチもあるとは思いますが、時には見捨てること、離れることがその扉になることもあります。
つまり、生きながら囚われの世界に留まっている人も多いと言うことです。
彼らを救うのは、簡単ではありません。

自分が関与する必要があるかどうかは、自分の感情が鍵になります。
その人を見ていて、自分の感情が刺激され揺れるなら、同種のエネルギーを自分が持っているということです。
その場合、それを見つけ出すことが必要です。

特に感情が動かないなら、もう関わる必要はないということです。
自分もその人との関係も開放したほうがいいでしょう。
  • posted by LUCKY YOU
  • URL
  • 2013.02/09 11:11分
  • [Edit]

改めて救われた気持ちです

こんばんわ。
私が長年、関わっている生きている人に接している中で、まさに、その親御さんのような意識に縛られていたことにお蔭で、私自身が気づきました。

その女性は、今を生きているのに、まるで自死した人と思考回路が同じで、関わって20年近くたちますが、ほぼ、その当時と変わらないか、もっとひどくなっている状態で、最初はだれ彼が気にかけてもいましたが、もはや誰も真剣に向き合ってくれる人がいなくなっている状況です。

その中で、『見捨ててはいけない』という考えに私自身がとらわれていたことで、いろんな時間が止まっていたのとおなじことだったんだなぁ…と、感じました。

『見捨てたら後悔する』と無意識に思っていたからです。

この記事を読んで、自分が手を尽くそうが尽くしまいが、彼女が選んできた役割を生きるんだからそれをまっとうしてもらえばそれでいいということに至りました。

結局、自分が納得したかっただけなのかもしれないと、思うに至り、急に気が楽になりました。

自分を解放できたことが大きな喜びです。
ありがとうございます。v-433
  • posted by eri
  • URL
  • 2013.02/09 00:18分
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by
  • 2013.02/08 19:07分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

左サイドメニュー

プロフィール

LUCKY YOU

Author:LUCKY YOU
ブルース・モーエン公認トレーナー
HP http://shigotansaku.com
著書『リトリーバル 過去世の救出』(ハート出版)

“何があってもポジティブにプラス思考に考える”をモットーに日々を過ごしています。
その甲斐あって、毎日小さな幸せを感じています。
その原動力は、スピリチュアルな世界に出逢ったことです。
全ての人、そして全ての存在が繋がっていることを知りました。
そこには『無条件の愛』が満たされていて、至福への入口があります。
そんな風に、わたしはトレーナーになり、本を出版することができました。

身に降りかかる不運と思える出来事こそ、本当は魂を磨くチャンスなのです。思いがけない真実を知るだけで、あなたもきっと人生が変わります。
幸せへのキーワードを一緒に見つけましょう。

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター