幸せへのスピリチュアル・メッセージ

ブルース・モーエン公認トレーナーがお届けする、21世紀のスピリチュアルな世界! 幸せへの近道、ガイドとの繋がり、無条件の愛、叡智と真理、そして…初歩から教える「体験型ワークショップ」 好評開催中です!

自殺(自死)を本気で考えているあなたに知らせておきたいこと その1

※本文中では、自死ではなく自殺という言葉を使わせていただきます。
 これは「自死」という言葉が、まだ一般的な言葉として認識されていないからです。
 その点ご理解の上、お読みいただけたらと思います。

もし、ここにあなたがたどり着いたなら、
ぜひ、最後まで読んでください。
あなたにとっては、苦しみが増す言葉かもしれないけれど、
これはわたしの知る真実で、それを知った上で決めて欲しいと思うから。


◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆
きっと・・・
死んだら楽になれる
この苦しみから解放される
この状況を終わりにできる
生まれ変われるかもしれない
自分という存在を消してしまえる

そんなことを思っていませんか?

でも、ほんとうに残念ですが、
このどれも、命を絶つことで叶えられることはありません。

ある手法を使って、幾人もの故人に会いました。
その中には、自ら命を絶った人もいます。

彼らの多くは、混沌とした思いの中に
生前と変わらず、あるいはそれ以上の苦痛を抱えて存在していました。

俗に言う、地獄なるものはほんとうは存在せず、
それに酷似した場所に自ら望んでいかない限り、
そういう場所で罰を与えられることはありません。
しかし、肉体を離れたからといって、
簡単に苦痛から開放されるわけでもない
のです。

その人の持つエネルギーは、そのまま持続することが多いのです。
幸せに死ねば、幸せな死後があり、
悲しみにもだえて死ねば、悲しみの只中で
永い永いときを過ごすことになります。

そういう人に、幾人も会いました。
リトリーバルという手法を使って、
そのような方の救出活動をしたりしていますが、
中には、何世紀も前からその状態に留まっている人もいました。

人は、肉体を失うと、
自分の持つエネルギーに類するところに引っ張られて行きます。
そのエネルギーが余りに世俗的ならば、
幽霊としてこの世に重なるように存在します。

もし亡くなった大切な人に会いたいと思うなら、
ぜひ人生を全うしてください。
そうしないとまず、会うことはできないと思います。

あるいは、わたしのように生きている間に
故人とコンタクトする方法を学び、会えばいい。
その方が、ずっと会える可能性は高いです。


では、どうしたら今抱えている死にたいと思うほど苦しい状態から
抜け出すことができるのでしょう?

それは、ただひとつ。
自分が変わることです。
自分の感じ方を変えることだけです。

あなたが、苦しいと感じているなら、
あなたは、それを変えることが必ずできます。
またそれは、あなたにしかできないことです。

そのために、周りのものが状況を変える手伝いをすることは可能です。
でも、あなたの感じ方は、あなたにしか変えることが出来ないのです。

自分の感じ方を変える方法、それはたくさんあるでしょう。
同じ状況でも、違う感じ方ができる人もいるはずです。
苦しいのが当たり前
悲しいのが当たり前
死にたいのが当たり前ではないと言うことです。

厳しい言い方ですが、もしあなたが
ここで思い留まって、新しい人生を歩み出したとき
まず間違いなく思うはずです。
「あの時は、ほんとうに辛かったけれど、死ぬほどの苦しみではなかった」と。
人生には、もっと辛いことがたくさんあることに気付くから。

そしてまた、思い留まったそのときの自分に感謝するでしょう。

なぜなら、自ら命を絶った人のほとんどが、
深くそのことを後悔しているからです。
少なくとも、わたしの会った10人余りの自殺者はそうでした。

もし、何かの課題があって今の苦しい状況があなたの前にあるのなら、
そこから逃れるために命を絶ったら、その課題は次に持ち越されます。
そうして、何度も持ち越しながら、
同じテーマで何度も何度も生まれ変わっている人を多く見かけます。

そういう私自身も、そのような過去世を持っています。
それを見せられたとき、もううんざりだと思いました。
そして、今クリアできる可能性のある課題は、
できる限りこの一生で終わりにしようと誓いました。

死んでも次は来ます。
でも、それには余りに永遠の月日を要します。
時のあるこの世に生きるものとして、そう思わずにはいられません。


死んだと思えば、何でもできる。
ありきたりの言葉で申し訳ありませんが、
死んでしまったらできないことたくさんあるから、そう言いたい。
そして、生きているからこそできることをたくさんして欲しい。


死ぬなんて、ばかみたい。
わたしは、あなたの明日を応援します。


このブログを閉じる前に、ぜひ関連記事を全部読んでみてください。
あなたの知らないことがあるかもしれません。

カテゴリー [自死者(自殺者)とその家族 ]
よろしくお願いします。





今日も、ご訪問ありがとうございます
↓ ランキング参加中
rainbow  応援クリック ふたっつ お願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ  
関連記事

*Comment

Re: 死ぬのは自由なはずです

死ぬことがばかみたいだと書いたことであなたを傷つけたのなら、謝ります。
ごめんなさい。

死ぬことを考える理由はいろいろあると思いまし、真剣にお考えになったのですね。
生きることは、辛いだけのこともあるでしょう。
いつかは誰でも死ぬのですから、早いか遅いかだけかもしれません。

わたしには、あなたに何かを言う資格はないですが、
死で解決することがないのも事実です。

今日も、ある身近な方に死んで欲しくないと訴えました。
死によって自分がどうなるか知っている方ですが、
それでも生きていたくないと言っていました。
死ぬことで救われないことも、楽になれないことも知っているのに。

どうせ辛いなら、生きていて欲しいと言いました。
死んだら許さないと言いました。
ばかみたいですが。わたしが。
それしか言えなかったから。

コメント、ありがとうございます。
  • posted by LUCKY YOU
  • URL
  • 2016.05/04 23:13分
  • [Edit]

死ぬのは自由なはずです

死ぬことがばかみたいだとは思いませんけれど…。
真剣に悩んだ末にその決断をして、ばかみたいと言われる筋合いはどなたからもありません。
  • posted by 死ぬことを考えているばかと言われている者
  • URL
  • 2016.05/04 06:03分
  • [Edit]

Re: コメントありがとうございます。

takereorinaさん
温かいお言葉、ありがとうございます。

そして、名無しさんも
厳しいお言葉ありがとうございます。

いろいろな意見があって良いと思います。
応援も、非難もどちらもありがたいです。

嘘臭く感じたのは、わたしの言葉足らずゆえでしょう。
わたしが、10数名の自死者とコンタクトさせていただいたのは事実です。
自死者の多くは、後悔や周りの方に申し訳なく思っていました。

わたし自身にも、自死の過去世がありました。
過去世のわたしは、後悔しまいと長い年月自分自身と戦っていました。
自分の非を認めたくなかったのだと思います。

自死者が向こうに行って責められることはないのですが、
自分で自分を苦しめている状況は多々見られます。

死ぬのにも、勇気がひつようですから、その勇気があるなら、
自分を変えることもできるのではないかと思うのです。

苦しさをちっとも理解していないと言われれば、そうなのかもしれません。
生意気言ってごめんない。
  • posted by LUCKY YOU
  • URL
  • 2016.02/20 23:01分
  • [Edit]

NoTitle

僕は良い話だと思いました。
  • posted by takereorina
  • URL
  • 2016.02/20 19:53分
  • [Edit]

嘘臭く感じました
  • posted by
  • URL
  • 2015.07/31 13:00分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

左サイドメニュー

プロフィール

LUCKY YOU

Author:LUCKY YOU
ブルース・モーエン公認トレーナー
HP http://shigotansaku.com
著書『リトリーバル 過去世の救出』(ハート出版)

“何があってもポジティブにプラス思考に考える”をモットーに日々を過ごしています。
その甲斐あって、毎日小さな幸せを感じています。
その原動力は、スピリチュアルな世界に出逢ったことです。
全ての人、そして全ての存在が繋がっていることを知りました。
そこには『無条件の愛』が満たされていて、至福への入口があります。
そんな風に、わたしはトレーナーになり、本を出版することができました。

身に降りかかる不運と思える出来事こそ、本当は魂を磨くチャンスなのです。思いがけない真実を知るだけで、あなたもきっと人生が変わります。
幸せへのキーワードを一緒に見つけましょう。

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター