幸せへのスピリチュアル・メッセージ

ブルース・モーエン公認トレーナーがお届けする、21世紀のスピリチュアルな世界! 幸せへの近道、ガイドとの繋がり、無条件の愛、叡智と真理、そして…初歩から教える「体験型ワークショップ」 好評開催中です!

信念体系エリア、「崇拝の世界」もうひとつのリトリーバル つづき

関連記事をまた見つけちゃったので、書いてみます。

ブルース・モーエンとの対談本が10月に発売予定
松村潔氏の本を読んでいて発見しました


死後を生きる死後を生きる
(2010/11/19)
松村 潔

商品詳細を見る

本の一部の抜粋から P83~
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 幽体離脱すると、肉体の時間感覚からは自由になるので、さまざまな異なる領域の体験をすることができる。自分イメージというものに頑固でなければ、違う時間サイクルの意識に同調する。

 わたしはある時、自分が砂漠の地で、多くの人に崇拝される何者かになりきってしまった体験をした。目の前に無数の人々がいて、彼らはみな跪いて、わたしを礼拝していた、このときの意識というのは、人としての視点でなく、この大量の人々の集団意識全体を、過去から未来まで見通すようなヴィジョンを得ていた。人ひとりはドットのひとつだった。人ひとりがどうなるかは眼中になかった。集団意識があたかも一人の人間のように見えた。

 でも、これはそこにわたしが同化したから、「その目で見ていた」わけであって、それがわたしだったのだという意味ではない。・・・

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

これは、前に書いたワークショップの参加者のリトリーバル体験と
非常にリンクしている気がします。

信念体系エリア、「崇拝の世界」もうひとつのリトリーバル

この体験の中でのリトリーバル対象者は
信念体系エリア、あるいはフォーカス23という囚われのエリアにいて、
「永遠に崇拝されたいという思い」から抜け出せずにいたことがうかがえます。

そして、松村氏の幽体離脱での体験は、
その崇拝の対象者が生きていた頃の様子かもしれない。
彼を取り囲む人々が祈るエネルギーは集団意識となリ、
それが崇拝の対象者に注がれているように感じます。

これは、その前に書いたわたしのリトリーバル体験
信念体系エリア、「崇拝の世界」のリトリーバル?体験
とも、リンクしている気がします。


少し残念だったのは、松村氏の幽体離脱体験の際、
彼の同伴者としてガイドやヘルパーがいなかったこと。
いればきっと、彼らからの解説があっただろうと思うのです。

ひとつの場面を“見る”ことは、もちろん大切でしょうが、
さらにそこにある意味や人の意識にもフォーカスすると
より深い理解を得られます。
そして、それは少ながらず、自分自身の気づきへと続いていきます。

それらを手助けしてくれるのが、ヘルパーやガイドたちです。
でも彼らは、大概「これはどういうこと?」と
訪ねないと教えてくれません。
おせっかいはしないんです!
辛抱強く、気付いてくれるのを待っています。

なぜ、そのシーンを見せられたのか?
考えてみたり、尋ねてみたりすることは、
理解を数倍にも、深めてくれる大切なことです。


この本を読んでいて、そんなことを
松村氏と話してみたいな~と思った次第です。




今日も、ご訪問ありがとうございます
↓ ランキング参加中
rainbow  応援クリック ふたっつ お願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ  

関連記事

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

左サイドメニュー

プロフィール

LUCKY YOU

Author:LUCKY YOU
ブルース・モーエン公認トレーナー
HP http://shigotansaku.com
著書『リトリーバル 過去世の救出』(ハート出版)

“何があってもポジティブにプラス思考に考える”をモットーに日々を過ごしています。
その甲斐あって、毎日小さな幸せを感じています。
その原動力は、スピリチュアルな世界に出逢ったことです。
全ての人、そして全ての存在が繋がっていることを知りました。
そこには『無条件の愛』が満たされていて、至福への入口があります。
そんな風に、わたしはトレーナーになり、本を出版することができました。

身に降りかかる不運と思える出来事こそ、本当は魂を磨くチャンスなのです。思いがけない真実を知るだけで、あなたもきっと人生が変わります。
幸せへのキーワードを一緒に見つけましょう。

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター