幸せへのスピリチュアル・メッセージ

ブルース・モーエン公認トレーナーがお届けする、21世紀のスピリチュアルな世界! 幸せへの近道、ガイドとの繋がり、無条件の愛、叡智と真理、そして…初歩から教える「体験型ワークショップ」 好評開催中です!

信念体系エリア、「崇拝の世界」のリトリーバル?体験

先日行った懇親会での、興味深い体験を公開してみようと思います。
ブルース・モーエンの「死後探索マニュアル」のCD、
<信念体系領域の救出エクササイズ>をかけながら行いました。

今回は、パートナー探索や同じテーマを設けてはいなかったので、
皆それぞれの体験でした。

今回は、わたしの体験のレポートをお届けします。


「信念体系エリアのリトリーバル」
  
   実施:2012.6.14(木)15:05~(約40分 マニュアルのCDにて)
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
いつものように、ガイドの1人、
いや一匹?の龍神の背中に乗せてもらって移動する。

まず見えてきたのは、金ぴかの衣装を着けた男性。
衣装は、中国風にも、仏教風にも、また洋風にも見え、
男性も、顔がはっきりせず国籍がつかめない。

男性は、一段高くなった雛段の豪華な椅子に座っており、
その周りにも、数名の人が控えている。
皆、それなりに高価そうな衣装を身に着けている。

そして、彼らに向かい合うように、一段下がったところに
たくさんの、かなり多数の人が並んでいるのを感じる。
しかし、彼らはグレーのシルエットとしてしか捉えられない。

わたしの知覚、特に視覚能力の不足のせいかと思い、
もっとよく見えるようにガイドたちにお願いし、非物質な眼を凝らしてみる。

これはどういうことだろうか?
そう思い、きらびやかな男性のほうに目をやると、こっちはきらきらに見える。

彼は誰なのだろうかと意識を探る。
宗教団体の教祖さま?あるいは高僧?

もう一度顔を見るが、やはり何かフードのようなものを被っているようで、
はっきりと見えない。
しかし、ふっくらした穏やかな波長が伝わってくる。
悪徳教祖さまではないようだ。

そしてしばらく見詰めていると、
何も語りはしないが、困っているのがわかる。
この状況にどうしたらよいかと思案しているような。
しかし皆を導く立場として、それを悟られてはならないという事情もあるようだ。

グレーの人々にもう一度視線を移すと、
どうも彼らは、この世の者たちだと言う気がしてくる。

彼らは、きらびやかな男性を崇拝し、頼り、祈りを捧げているらしい。
それによって、ここと繋がり、その祈りのエネルギーが、ここへと届く。
そのエネルギーが強いほど、男性の衣装はきらびやかさを増していく。

しかし、素晴らしい人を崇拝し、拝み、祈りを捧げることは、
良くないことなのか?
キリスト、マリア、釈迦、仏教の教祖・・・
ほとんどの宗教でも、そうすることを教え勧めているではないか?
そんな疑問が、湧き上がり誰ともなしに問いかける。

すると、姿なき存在から言葉だけが解説のように入ってきた。
「教祖、神、救世主などと人々は彼らのことを呼びます。
しかし、彼らも生前は人として生きていたのです。そして、崇拝者は人としての彼らをイメージして祈りを捧げます。
それは、身体から離れた彼らにとっては、ときに重荷になることもあるのです。
信者たちは、祈ることで彼らに助けを求めます。しかし、彼らとて、人の望みを叶えるための力を持っているわけではなく、また、そうすることが人々のためになるとも思っていません。
人々が願いを叶えてもらいたい、救ってもらいたいと彼らに祈ることは、このエリアに彼らの意識の一部を留めてしまうことになるのです」


エー!驚きの気持ちを覚える。
だって、キリスト教の人は皆、キリストに祈りを捧げ、救いを求めているではないか!
そうすると、キリストのこういうエリアもあるということ?

「その通りです。誰かにすがることで、自分の人生を良きものにしてもらおうと祈るのは、好ましきことではありません。なぜかと言うと、人々のイメージしている彼らは、本来の彼らのエネルギー体とはかなり差異があるからです。
その差が、彼らのエネルギーとは違う擬似的な意識体を生み出してしまうのです。
キリストにしても、皆さんが認識している姿とは、今はまったく違っていますから・・・」


それなら、どうすればいいのだろうか?
リトリーバルはできるのだろうか?

「残念ながら、あなたにできることではありません。
彼らの本体は別の次元にあって、もちろんリトリーバルの必要はありません。
ここは仮想世界、つまりはこの世の人々が創り出したバーチャルな世界なのです。
そして、本体の彼らもここの存在は認識していますし、意識の一部は繋がっています」


だから、困ったような波長を感じたんだ!
わたしを信じるなとも、崇拝するなとも言えないし、
ここで言ったところで、こちらの人々にはなかなか届かないだろうし。
ただ、黙ってそこに座っていることしかできないのかもしれない。

それにしても、この世界はあっていのだろうか?
何か、リトリーバルの方法があるのだろうか?

そんなことをあれこれと思案していると、声は呼応してくれた。
「あなたたちの世界の人々の意識が変わることしか、この世界を消し去ることはできません。
人が生きるということは、本来どういうことなのかを知る必要があります。
あなたたちの多くが、そのことをよく理解していませんから」


生きるということは、どういうことだと言いたいのだろうか?
他力本願でなく、自分の人生を責任を持って歩むということだろうか?

それには直接的に答えることなく、声の主は、
「崇拝は、真に人生を豊かにはしてくれません」

間接的なメッセージだった。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

と、ここまで聞いたところで、CDが終わり時間切れ。
なんとも、難しい、
そしてリトリーバルにならないリトリーバルエクササイズでした。

そして、この体験記を書いて、お風呂に入っていたら、
続きのメッセージらしき言葉が入ってきました。
長くなったので、それについては次回に回しましょう。



今日も、ご訪問ありがとうございます
↓ ランキング参加中
rainbow  応援クリック ふたっつ お願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ  

関連記事

*Comment

Re2: 私の今世での課題に付いて。

真也さん

返信を書いてたらどんどん長くなり、さらにこれは他の人にもぜひ読んで欲しいと思い、
ブログの記事に書かせていただくことにしました。

コメントの概要を簡単に書き、その返事として書きました。
事後承諾で恐縮ですが、ご理解ください。

心を込めて書いたつもりです。
少しでも、お力になれていたらよいのですが。

こちらからお読みくださいね。
http://happyspiritualworld.blog119.fc2.com/blog-entry-437.html

応援しています。
また何かあれば、ご連絡ください。
  • posted by LUCKY YOU
  • URL
  • 2012.10/08 23:53分
  • [Edit]

Re: 私の今世での課題に付いて。

真也さん

コメントありがとうございます。

シークレットコメントになっていなかったのですが、
オープンでコメントのお返事を書いてよいですか?

もし、直接のコメントをご希望でしたら、
luckyyou2100@yahoo.co.jp まで、メルアドを教えてください。
表示されていたメルアドには、送信できませんでした。

たぶん、何かしらのお力にはなれると思います。
また、電話での匿名のカウンセリングも行っていますので、
興味があれば、http://shigotansaku.com/menu/130658 をごらんください。

少し、お時間をくださいね。必ず返信します。
  • posted by LUCKY YOU
  • URL
  • 2012.10/01 23:59分
  • [Edit]

私の今世での課題に付いて。

初めまして。自殺者の魂がどうなるのか知りたくて、検索してましたら。あなた様のブログを拝見させて頂きました。
まだ、全ての項目は拝見しておりませんが、食い入る様に読ませて頂きました。
冒頭にも有りました様に、私は真剣に自殺を考えておりました。厳密に申し上げれば、リストカットと首吊りを行った事が御座います。
首吊りは完全に意識を失いましたが、ロープを掛けていたフックが折れ曲がり気が付いたら床の上に倒れておりました。
そして、掛かり付けの精神科の先生に相談した所。
入院をする事と成ったのですが・・・。

それまでの経緯としまして、ある知人に借金を背負わされ自宅を手放して返済に廻す事と成ったのですが、入院の段階で住む所も決まっておらず。すでに父も母も他界しており、妹にも愛想をつかされ、また親戚にも見放されてしまい、頼る友人も居らず。入院中も死ぬ事ばかりを考えて降りました。

そんな中、入院1週間後にある女性が入院して来る事になり、その女性と仲良くなり退院後、その女性のマンションに居候させて頂いております。
もし、この女性と知り合って無ければ、今頃はこの世には居なかった事と思います。

ご質問なのですが、これはガイドさん等がまだ、生きなければダメだ!と私を導いているのでしょうか?

補足ですが、私は8年前から双極性障害という、うつ病を患っており、その女性も精神的病を持っております。

よく、信念と言う言葉がこちらのブログには出てきますが。信念とはその人が持っている先入観の事なのでしょうか?
私は38歳と言う年齢で8年のブランクが有りますし、持病の腰痛も有りまして、正直、社会に出る事が怖くて成りません。今は、サッカーくじなどを当てて借金を返済し、残ったお金で、自分の住む所を確保して社会にも貢献したいと心底思っております。

命を助けられ、住む所も一応の確保が出来ているのも、
ガイドさんのお力による物と信じてます。
ガイドさんは私に地道に働く事を、体験させる為にこの様状況を作られたのでしょうか?

しかし、今の状況で就職活動も怖くて出来ません。
もし、宜しければご助言の程。宜しくお願い致します。

NoTitle

コメントのお返事ありがとうございます

今、再び記事をみて、、
衝撃を受けました、、

噛み合わない現実が紐解けました、、


たとえ相手にとって良いことでも、
相手が、それを望んでなければ、
押し付けになってしまう

聞かれるまで、
黙って辛い木を見守るような
親の愛=母性愛

すべては、心から湧き上がる思いを
本心からの思いを伝えてゆく
=父性愛

与えるだけの「太陽」
心の内側を全てを映す「月」

どちらかが、かけても円にはならなくて
はじめから、完成されていたと
体験から気付き自分に還る為
出来事は用意されている

魂の課題と言うのだろうか、、



最近、噛み合わない私の三番目の末娘
ようやく、気付きました

彼女が私に求めた愛は、ホンモノの愛
真実の愛でした、、、

彼女は、大きな魂を持っている
私も魂は大きな方ですが、、

けれど、彼女は、私でした
私の内側を映していました

今、

清らかな面を彼女を通して垣間見て
涙が溢れます、、、

気付きをありがとうございます
  • posted by にゃんにゃん
  • URL
  • 2012.07/11 11:58分
  • [Edit]

Re: いつもありがとうございます!

にゃんにゃんさん

素敵なコメントです!
難しいことではありますが、とても大切なことですね。

ありがとうございます。
  • posted by LUCKY YOU
  • URL
  • 2012.07/11 00:08分
  • [Edit]

NoTitle

今を生きる事に誠実に在りたい
与えられた生に感謝したい
自分の荷をしっかり自分で背負う

そう内なるキリスト意識が反応しました(^ ^)
  • posted by にゃんにゃん
  • URL
  • 2012.07/10 16:27分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

左サイドメニュー

プロフィール

LUCKY YOU

Author:LUCKY YOU
ブルース・モーエン公認トレーナー
HP http://shigotansaku.com
著書『リトリーバル 過去世の救出』(ハート出版)

“何があってもポジティブにプラス思考に考える”をモットーに日々を過ごしています。
その甲斐あって、毎日小さな幸せを感じています。
その原動力は、スピリチュアルな世界に出逢ったことです。
全ての人、そして全ての存在が繋がっていることを知りました。
そこには『無条件の愛』が満たされていて、至福への入口があります。
そんな風に、わたしはトレーナーになり、本を出版することができました。

身に降りかかる不運と思える出来事こそ、本当は魂を磨くチャンスなのです。思いがけない真実を知るだけで、あなたもきっと人生が変わります。
幸せへのキーワードを一緒に見つけましょう。

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター