幸せへのスピリチュアル・メッセージ

ブルース・モーエン公認トレーナーがお届けする、21世紀のスピリチュアルな世界! 幸せへの近道、ガイドとの繋がり、無条件の愛、叡智と真理、そして…初歩から教える「体験型ワークショップ」 好評開催中です!

不登校は、ほんとうに良くないこと?~不登校から 4~

当たり前かもしれませんが、お子さんが不登校になると、
親は、困ったことだと思いますよね。
そして、早く学校に戻って欲しいと。

ほんとうに 不登校は困ったことで、
早く学校に復帰することが良いことなのでしょうか?

わたしは、いつもその点に大きな疑問を抱きます。

だって、今の学校は変ですもの
特に公立の学校には、たくさんの問題があります。

公立校の教師の多くが、自分の子供を私立に入れているのをご存知ですか?
現場で働く教師自身が、おかしさを感じているわけです。
教師の鬱や精神疾患も増えていると聞きます。

どんなふうにおかしいかは、今ここで論じることではないので、
語りませんが、確かに多くの問題を抱えていることは、
少し調べればすぐにわかることです。

わたしは、二人の娘を中学から私立に入れました。
もちろんそのためには、お金も必要ではありますから、
誰にでもできることではないでしょう。
また、私立校のすべてが良いわけでもなく、
どこでも問題がまったくないわけではありません。
ただ、圧倒的に少ないと思います。

不登校の生徒も、いないわけではありませんが、
パーセンテージは少ないです。
もちろん学費の高い私立で不登校になれば、
公立校に転校したり、高校なら止めてしまうでしょうが、
私立の場合、考え方の似たもの同士が集まっているというのが
大きい気がします。

わたしは、出産後はフルタイムで仕事をていなかったので、
小学校から、子供の学校のPTAにはかなり積極的に関わってきました。

公立の学校にも、
ほんとうに素晴らしい先生もたくさんいらっしゃいました。
でも、あれって思う先生もそれなりにいて、
つまりはあたりはずれが大きい。(失礼な言い方でごめんなさい)

さらに、学校のカリキュラム自体にも問題が多い。
崩壊寸前の学校・学級もけっこうあると聞きます。

また、子供たちの家庭環境も様々で、
したがって育て方や教育方針もかなりの差があります。
その中で上手くやって行くのは、大変なことです。


数年前、知り合いのお子さんが不登校になりました。
そのとき、(まだスピリチュアルとは関わっていませんでしたが)
「あなたのお子さんは、個性的で感性があると思うの。
学校も先生も、友達も何かおかしいということに気づいているのだから」
そんなふうに言った覚えがあります。

その言葉は、今も変わらずわたしの中にあります。

親の愛情に満ちていて、かつ鈍感な子供は不登校を起こしません。
繊細で傷つきやすく、また自分の感性をしっかり持っているからこそ、
変だと思う、あるいは馴染めないという不調和を起こすのです。

ある程度の勉強は必要だと思いますが、
詰め込み式の今の教育は、
決して進化した教育システムだとは思えません。

スピリチュアル的に進化した学校は、
自分の興味に従って、いろいろなカリキュラムから選びながら、
学年にこだわることなく学べるシステムを持っています。
未来の学校を垣間見るとそんな感じです。
現在でも、それに近い教育システムを採用している国もあります。

ひとつの箱の中に子供を押し込め、同じ思考を強制的に教え込む。
そんなことは、決してしません。

今の日本の学校は、あまり魅力のないものとも言えるのです。
それならば、子供の気持ちを押さえ込んでまで、
無理に行かせる価値があるとは思えないのです。


戻すことだけにエネルギーを使わず、
この機会に、じっくり親子で話してみたり、
普段できないことをやってみるのも良いのではないでしょうか。

『不登校は悪いこと』と親に思われたら、
子供は、逃げ場を失ってしまいます。


次回は、子供の心を知る上でのヒントを書いてみたいと思います。




今日も、ご訪問ありがとうございます
↓ ランキング参加中
rainbow  応援クリック ふたっつ お願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ  
関連記事

*Comment

Re: コメントありがとうございます

にゃんにゃんさん

コメントありがとうございます。

本当におっしゃる通りです。
自分を受け止めることが、すべてのスタートになりますよね。

ただ、書いてくださったように
「親の世界観を横に、子供の目線におりて歩み寄る」
ことが必要だと気付くだけでも、大きな進歩ではあります。

つまりは、子供にとっては、親の考えが必ずしも正しいわけではないことを気付いて行くことです。

ありがとうございます。
ぜひまた、コメントください。
  • posted by LUCKY YOU
  • URL
  • 2012.06/28 08:59分
  • [Edit]

NoTitle

はじめまして

「親御さんが、子供の気持ちを受け止める」

親御さんの世界観を横に、
子供の目線におりて歩み寄る

これは、親御さんが自分の気持ちを
受け止めていないと難しいんだろうなぁと
感じました
  • posted by にゃんにゃん
  • URL
  • 2012.06/28 08:49分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

左サイドメニュー

プロフィール

LUCKY YOU

Author:LUCKY YOU
ブルース・モーエン公認トレーナー
HP http://shigotansaku.com
著書『リトリーバル 過去世の救出』(ハート出版)

“何があってもポジティブにプラス思考に考える”をモットーに日々を過ごしています。
その甲斐あって、毎日小さな幸せを感じています。
その原動力は、スピリチュアルな世界に出逢ったことです。
全ての人、そして全ての存在が繋がっていることを知りました。
そこには『無条件の愛』が満たされていて、至福への入口があります。
そんな風に、わたしはトレーナーになり、本を出版することができました。

身に降りかかる不運と思える出来事こそ、本当は魂を磨くチャンスなのです。思いがけない真実を知るだけで、あなたもきっと人生が変わります。
幸せへのキーワードを一緒に見つけましょう。

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター