幸せへのスピリチュアル・メッセージ

ブルース・モーエン公認トレーナーがお届けする、21世紀のスピリチュアルな世界! 幸せへの近道、ガイドとの繋がり、無条件の愛、叡智と真理、そして…初歩から教える「体験型ワークショップ」 好評開催中です!

自死者(自殺者)と家族 4

※本文中では、自死ではなく自殺という言葉を使わせていただきます。
 これは「自死」という言葉が、まだ一般的な言葉として認識されていないからです。
 その点ご理解の上、お読みいただけたらと思います。

続きです。

自殺者自身にとっても、死を選ぶことは
大きな意味や学びがあるわけですが、
それよりも、別な意味合いをもっている場合があります。
本人の学びとは別に、残された者にそれがきっかけで、
新たな学びの課題がスタートする場合です。
すべては、エネルギーで繋がっています。

また、すべての人の死は、そこに接する人にとって、
学びのチャンスになり得るとも言えます。
嫌な言い方ですが、ガイドたちは人の死を無駄にせず、
そこに関わる人へ、気づきのチャンスを与えようとします。

その裏側を垣間見ることがあると、
人として、少しえげつないと感じてしまうこともあります。

大きな事故などは、そんなふうに
それ自体が、社会への気づきの警鐘でもあるわけです。

それは、コップの水がいっぱいになって溢れるときに似ています。
コップの淵が均一な状態でなければ、あちこちから水は流れ出します。
飽和状態のエネルギーは、コップの水と同じように溢れ出てくるわけです。


少し話が逸れましたね。戻します

もしあなたが、お知り合いの方があるいは大切な方が不慮の死を遂げ、
そのことで、辛い思いをしているなら、
たぶんそこから、学ぶべきテーマがあるのでしょう。

そして、亡くなった方を思い自分を責めたり、心配するより、
自分の課題と向き合い、何かを見つけて欲しいと切に願います。

それがとてもきついことであり、簡単にそんな気持ちになれないことは、
よく知った上で、それでもそう願います。

亡くなった側の立場になれば、自分の失敗(自殺)によって、
大切な人が自身を責め続けているのを知れば、
尚のこと苦しく、次のステップに行くことはできないでしょう。
さらに、いたらなかった自分を責め、
反省のエリアに留まることになるでしょう。
そういう人も多いようです。

どうにかして、自分の死はあなたのせいではないと伝えたいと
懇願しても、多くはその声が届かない。
運よく、自分の言葉を伝えてくれる人とコンタクトすることができ、
それを伝えてもらっても、
その言葉を受け入れない人も多いのではないでしょうか?

そのとき、エネルギーは停滞し、
さらに彼らをそこに留まらせてしまうのです。

ですから、残された者の共通する課題は、
理由はどうあれ、彼らの死をしっかりと受け止め、
自身が前を向き、自分の人生を歩み始めることです。
それが難しいことでも、亡くなった人のためにもなることを、
はっきりと言って置きましょう。

その段階で残された者は、悲しみややり切れなさを乗り越えるだけでなく、
自分の元々の課題をクリアして行くチャンスに結びついていきます。
それが、先に書いたガイドたちは人の死も無駄にしないという所以です。

たとえば、そのひとつがスピリチュアルな世界に足を踏み入れること。
また、同じような境遇の人と繋がりを持ち、人を支援する側に回る。
今までの考え方を変える必要に迫られる。

残された者が人生を懸命に歩む姿は、
死を選んだ者にとっても、大きな気づきのチャンスになるでしょう。
きっと自分のことのように、その姿を見、応援していると思います。

何度も言いますが、エネルギーは繋がっています。
あなたが、今懸命に前を向いて生きることが、
何よりの供養になることを覚えておいてください。




今日も、ご訪問ありがとうございます
↓ ランキング参加中
rainbow  応援クリック ふたっつ お願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ  
関連記事

*Comment

Re: まさこさんへ

まさこさん、ひろははさん

コメントありがとうございます。
これから出かけなければならず、細かいお返事を書けませんが、
きっと同じように悩んでいる人も多いのではないかと思います。

ブログにてコメントを取り上げながら、
ひとつの記事としてお答えしていきたいと思います。

少しお待ちくださいね。
ありがとうございます。
  • posted by LUCKY YOU
  • URL
  • 2013.01/24 18:06分
  • [Edit]

まさこさんへ

今は気持ちが張り詰めていらっしゃることと思います。
ご飯は食べていますか?眠れていますか?
ご自分の身体を顧みることも今は難しいかもしれませんが、できるだけ横になって休むようにしてくださいね。

自責の念 これはどなたも苦しんでおられるようですね。もちろん私もそうです。でもこの気持ちさえも息子たちを苦しめるものなら懸命にそれに蓋をして明るい暖かな念だけを送るように努めたいですね。

時間薬それがいつ効いてくるのか見当もつきませんがゆっくりゆっくりとても時間をかけて実感するものなのかもしれません。

まさこさんは既にスピリチュアルの素地がおありのようで、息子さんのために最善を尽くす努力をなさっていることに感心しました。

私などはただ泣いていただけで、葬儀も法要もなにもかも心残りばかりです。取り返しがつかないことだらけです。

これまでの人生を反省しつつ息子の供養の為学んでいきたいと思っています。

どうかお身体ご自愛くださいませ。
  • posted by ひろはは
  • URL
  • 2013.01/24 11:02分
  • [Edit]

ありがとうございました。

LUCKY YOU様

お返事ありがとうございました。
コメントを書かせていただいた後、葬儀会館のほうで、ずと息子につきそっていましたので、自宅でパソコンに向かうことができず、今、コメントを拝見しました。

8年くらい前にペットの犬が死んだあと、悲しくてずいぶんスピリチュアルな本も読んだので、死後の世界があることは、わかっていましたが、いざ、息子が亡くなってしまって、しかも、自殺してしまって、息子は、どこへくんだろうかと心配しました。

「愛のエネルギー」ですね。
毎日、送ってみます。

霊の世界では、こちら側のお線香やお経は、ありがたいものなのでしょうか?お経は、私が聴いてても意味不明なので息子なら尚更かと思ってみたり、霊か楽になるのであれば、49日まで毎週、お経をあげに来て頂いたほうがいいのか?でも、キリスト教など他の宗教だとお経じゃないし・・などとかんがえていますが。

息子の好きなものをたくさん供えたり、並べたりすると、旅立ちにくくなったりしませんか?たとえば49日を過ぎたら、あまりたくさん好きなものを並べて引き留めてはいけないとかありますか?

先に亡くなっている息子の愛犬が迎えに来てくれたらいいのになぁなんて思っていますが、無理かな・・?

これから、遺品の整理もしないといけませんが、息子の臭いのするものを捨てるのは、難しいです。
でも、自分が死んだことに気が付かない霊もいると何かで読んだので、少しずつ部屋を片付けたほうがいいのでしょうね・・・

わからないことがいっぱいで質問ばかりですみません。
これから、自殺以外のカテゴリーも読んで勉強させていただきますね。

ありがとうございました。


ひろはは様
温かいコメントありがとうございます。
本当につらいですね。
塾になど行かさなければよかった、進学校などに入れなければよかった、受験戦争に放り込んだ私が、息子を殺したのだと自分を責めずにはいられません。
せっかく私の子として生まれてくれたのに、人生を全うさせてあげられなかった後悔の嵐です。
時間が癒してくれるのでしょうか・・

せっかくご縁があってこちらのサイトにたどりついたので、いろいろと学んでいきたいですね。
  • posted by まさこ
  • URL
  • 2013.01/24 00:43分
  • [Edit]

Re: はじめまして。まさこさん LUCKY YOUさん

ひろははさん

まさこさんにコメントありがとうございます。
呼んでくれているといいな~と思います。
わたしのことばより、きっと心に響くと思います。

「なぜ?」という気持ちは、進むことを躊躇させますよね。

幾人かの自死の方にお会いしていますが、
知り合いだったりすると、こういう理由では?と予想したこととは違う場合が多いです。
それは、わたしの未熟さからかも知れませんが。
それくらいに理由や状況はみな違うということです。

亡くなった方が今どうしているか?
どんな経緯でそうしてしまったか?
それを知る方法を教えしています。

それを知ることは、新しい一歩を踏み出す力になります。
そしてそれは、事故などで突然大切な人を失った場合も同じでしょう。

何かお力になれればと思います。
  • posted by LUCKY YOU
  • URL
  • 2013.01/22 23:26分
  • [Edit]

はじめまして。まさこさん LUCKY YOUさん

息子さんのことお悔やみ申し上げます。私も昨年7月に息子を自死にて亡くしました。
そして今日初めてこちらのブログにたどり着きました。
今はまだ混乱の嵐の中におられることと思います。私もまだ息子がどういう気持ちで逝ったのか分からず答えを探し求めています。
LUCKY YOUさんのブログも自死関連しかまだ拝見しておりませんが、焦らずゆっくりと息子の供養になることをしていきたいと考えています。
どうかお身体を労わりながら息子さんを暖かく送ってさしあげてください。
たくさん泣いてください。自死遺族はネットの世界にはたくさんいらして繋がる事ができますよ。お一人ではありませんよ。ゆっくり笑顔になれる日を目指していきましょう。

LUCKY YOUさん はじめまして。ご挨拶が後になり失礼しました。
今まさにあの時の私と同じ悲しみの真っただ中に放り込まれ、おそらく思い描いていた人生の後半と違う生き方を模索しなくてはならないであろうまさこさんにコメントせずにはいれませんでした。申し訳ありません。
私は今までスピリチュアルには江原さんとか木村藤子さんとかTVで観る程度の興味しかもってはいませんでした。
でも、自死で逝った息子がどうしているのかどういう気持ちなのかが知りたくてそれを知らないと前に進めない気持ちです。
これからブログの方を読みながらスピリチュアルのスから学びたいと思います。
今日の出会いのご縁に感謝です。
  • posted by ひろはは
  • URL
  • 2013.01/22 22:01分
  • [Edit]

Re: 息子の自殺

まさこさん

週末にワークショップを開催していて、お返事遅くなりました。
息子さん、ご冥福お祈りします。

当方の記事で、少しでも気持ちが軽くなったのなら何よりです。
わたしの探索の経験では、地獄のようなところに行った自殺者はいませんし、聞いたこともありません。
息子さんは、精神的にご病気だったとのことですから、きっと癒しのエリアに連れて行かれると思います。

お葬式のことですが、特にやり方にこのほうがいいということはないと思います。
ただ、一般的には亡くなった方が見ている場合が多いので、
そのとき、余りに親族の方が深く悲しんでいると辛い思いをすると思います。
できれば、自殺は良くないことでも、温かく見送ってあげて欲しいと思います。
こちらの気持ちは、向こうに通じますから。

楽しかった思い出話や、大切に思っていたことを話したり、
事実をしっっかり受け止めて、今すぐに出なくとも、前に進むことを伝えられると一番良いです。
また、好きだったものを用意してあげたりするのもいいですね。

もしかしたら、まだ息子さんは混乱してるかもしれませんので、
心の中で、光を探しその方へ行くように伝えてあげるのもよいでしょう。
愛のエネルギーが分かれば、送ってあげてください。
http://happyspiritualworld.blog119.fc2.com/blog-entry-310.html
この記事を参考にしてください。

取り急ぎ、思いつくことを書いてみました。
また、ご連絡ください。

LUCKY YOU
  • posted by LUCKY YOU
  • URL
  • 2013.01/20 23:51分
  • [Edit]

息子の自殺

何回も受験に失敗した息子が、センター試験の今日、受験せずに首をつって自殺しました。何度も死のうと思っていた息子です。遺書も何度か書いています。うつ状態で、精神科に連れて行ったこともありましたが、先生が厳しい方で、きついことをたくさん言われてかえって傷つき、治療に通いませんでした。
結局、つらい受験勉強ばっかりの人生を送らせてしまいました。
大学なんて行かなくてもいいと言ったけど、だめでした。
自殺してしまったら息子はどうなるんだろう、更に苦しいところへ行ってしまうのかと心配で検索していて、こちらに来ました。
少し、安心しました。
いわゆる地獄とかで苦しむとかいうのでは、ないのですね。うつ状態だったから、もしかしたら、癒される場所へいけるかもしれないのですね。
お葬式は、仏式の予定ですが、何かお葬式のやりかたで本人が楽になることはないですか?
明日がお通夜で明後日がお葬式です。
  • posted by まさこ
  • URL
  • 2013.01/20 01:00分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【自死者(自殺者)と家族 4】

続きです。自殺者自身にとっても、死を選ぶことは大きな意味や学びがあるわけですが、それよりも、別な意味合いをもっている場合があります。本人の学びとは別に、残された者にそれがきっかけで、新たな学びの課題がスタートする場合です。すべては、エネルギーで繋がって...

右サイドメニュー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

左サイドメニュー

プロフィール

LUCKY YOU

Author:LUCKY YOU
ブルース・モーエン公認トレーナー
HP http://shigotansaku.com
著書『リトリーバル 過去世の救出』(ハート出版)

“何があってもポジティブにプラス思考に考える”をモットーに日々を過ごしています。
その甲斐あって、毎日小さな幸せを感じています。
その原動力は、スピリチュアルな世界に出逢ったことです。
全ての人、そして全ての存在が繋がっていることを知りました。
そこには『無条件の愛』が満たされていて、至福への入口があります。
そんな風に、わたしはトレーナーになり、本を出版することができました。

身に降りかかる不運と思える出来事こそ、本当は魂を磨くチャンスなのです。思いがけない真実を知るだけで、あなたもきっと人生が変わります。
幸せへのキーワードを一緒に見つけましょう。

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター