幸せへのスピリチュアル・メッセージ

ブルース・モーエン公認トレーナーがお届けする、21世紀のスピリチュアルな世界! 幸せへの近道、ガイドとの繋がり、無条件の愛、叡智と真理、そして…初歩から教える「体験型ワークショップ」 好評開催中です!

リトリーバルで、びっくりなリンク体験!

前日の懇親会でのことです。
リトリーバルの練習をしようということになったのですが、
ただリトリーバルするより、少し何かに限定して
行なおうということになりました。

そこで、自分に関するリトリーバルをして欲しいという方がいらしたので、
皆で、そういう意図して行なってみました。

CDを使って行なったので、
わたしも、今回は一参加者として参加させてもらいました。

もうひとり、朝の夢が気になっているという方がいたので、
CDの誘導は完全に無視して、そっちに先に行ってから、
その方の過去世のリトリーバルをアファメーションして、
追いつく感じで行ないました。

◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆
着いたところは、宮殿の前の広場。
たくさんの騎士が整然と並んでいる。
王かそれに近い立場の者を待っている。
シルバーの甲冑に身を固め、盾と剣を持っている。
よく見ると、持っている盾の柄がみな違う。
それぞれが、自分の国の印という印象を受ける。
そして、お互いにけん制し合っているようだ。
それぞれが皆、自分の軍の代表というイメージ。

Aさんの過去世を探すがわからない。
しかし、この中にAさんと息子さんの過去世がいるのがわかる。
騎士の心を探ろうとするが、甲冑で身を固めているように、
心も甲冑で覆い、隙を見せない。

ここにいる者たちは、同志でもあり敵でもある、
そういうイメージが入ってくる。
裏切りはざらにあり、手柄の奪い合いや富の略奪は、普通のこと。
隙を見せたほうが悪い。そういうモラルがまかり通っていたらしい。

それぞれが、自分が一番だと思っている。
人の意見には耳を傾けない。常に自分が判断の基準になる。
さらに、甲冑と盾を身に付けていることで、民衆や部下を支配できる。
それは、権威の象徴として重要で、命の次に大切なものらしい。

どう考えても、ここは信念体系エリアのひとつに違いない。
しかしどうやってリトリーバルしたものか思案する。
普通に説得しても、ここから動いてくれそうにない。
何か策が必要なようだ。
ガイドに助けを求めると、甲冑を脱がせる必要があると教えてくれる。
北風と太陽作戦と浮かぶ。
太陽を当ててもダメだよな~と考え、さらに思案する。

そして、ふっと思い浮かんだのが、水浴び作戦だ。
ずっと甲冑を着ていれば、汗臭く汚い。
皆でいっせいに水浴びをすることにしたら、
甲冑を脱いでくれるのではないか。
ガイドが、この世界の王?支配者?になり、
皆で川に移動し、両岸に並び、水浴びするよう命令する。

画面が、川に移動する。そんなに広い川ではない。
両岸にびっしりと騎士が並んでいる。
橋の上に立ったガイドが、合図を送ると
皆がいっせいに甲冑を脱ぎだす。
そして、次の合図で川に入る。
皆が川に入ると、川が光の川になり、彼らを捉えて離さない。
もう岸には戻れず、どんどん流されていく。
そのまま、フォーカス27に続いているようだ。
そこで、終了する。

◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆

なんとも、奇想天外?なファンタジックなリトリーバル
いつもながら、自分の空想力に感心してしまう
これが、本当かどうかは確かめようがないのですが、
今までの感覚で、このように次々と展開が起る場合は、
リアルに近い体験であることが多いのです。

亡くなった故人を訪ねるエクササイズを行なうと、それがよくわかります。
奇想天外だったり、できすぎていると思って疑うのだが、
故人を知っている人に伝えると、
「それは○○さんに違いない。らしい行動です」 などと言われるのです。

もちろん、自分が創っている部分はあるでしょうが・・・
大切なストーリーの部分では、一致していることが多いと、
数々の体験から学ばせてもらいました。

そんなふうに、今回もまた妄想が~と思っていると、
他の人とのシンクロがありました

◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆

終わった後に、体験のシェアリングをしました。
すると、数名の人のリトリーバルにも、騎士が出て来ていて、
その中に、この騎士は十字軍だと教えられた人がいました。
わたしの視た甲冑とも似ています。
顔の部分を上に上げると、顔が見えるタイプのものです。

わたしがリトリーバルしたのも、十字軍かもしれない。
具体的に十字軍という認識が持てないのは、
歴史が苦手なことが原因に違いない。
十字軍に関する知識があれば、体験中にピンと来るのだろう。

そんなことを思いつつ、他の人にあれこれと質問してみると、
十字軍は、長期に及び活動し、またいろいろな国から参加していたため、
紋章もいろいろとあったらしいのです。
これは、あとでネットで調べて確認も取れました。
ただ、それを当然のように知っていた人もいました。
リトリーバルを依頼したご本人も、十字軍に詳しい方でした。

シェアリングを聞いていて、わたしの見たのは、
十字軍の騎士たちの創った信念体系エリアだったと確信しました。

他の人のリトリーバルも、十字軍ではないにしろ、
戦士や戦いのシーンがあり、
共通するメッセージをもらったりしていました。

そして、依頼者本人は特に意識してないようでしたが、
他の人の体験にも同じようなメッセージや情報があり、
それぞれのリトリーバルは、今世のテーマや課題と
深くリンクしているような気がしました。

回を重ねるごと、深いな~と思うこの頃です。



今日も、ご訪問ありがとうございます
↓ ランキング参加中
rainbow  応援クリック ふたっつ お願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ  
関連記事

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

左サイドメニュー

プロフィール

LUCKY YOU

Author:LUCKY YOU
ブルース・モーエン公認トレーナー
HP http://shigotansaku.com
著書『リトリーバル 過去世の救出』(ハート出版)

“何があってもポジティブにプラス思考に考える”をモットーに日々を過ごしています。
その甲斐あって、毎日小さな幸せを感じています。
その原動力は、スピリチュアルな世界に出逢ったことです。
全ての人、そして全ての存在が繋がっていることを知りました。
そこには『無条件の愛』が満たされていて、至福への入口があります。
そんな風に、わたしはトレーナーになり、本を出版することができました。

身に降りかかる不運と思える出来事こそ、本当は魂を磨くチャンスなのです。思いがけない真実を知るだけで、あなたもきっと人生が変わります。
幸せへのキーワードを一緒に見つけましょう。

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター