幸せへのスピリチュアル・メッセージ

ブルース・モーエン公認トレーナーがお届けする、21世紀のスピリチュアルな世界! 幸せへの近道、ガイドとの繋がり、無条件の愛、叡智と真理、そして…初歩から教える「体験型ワークショップ」 好評開催中です!

東日本大震災リトリーバル 4 [3月19日合同探索]


ヘミシンクを使って、救出活動をするという連絡が入り、
わたしも皆さんに呼びかけると共に、参加してみました。

実施: 2011.3.19.23:00~ & 3.20.16:30~
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

いつものように、準備プロセスを終え、
他のチームが行くと言っていた「南三陸町」に行ってみることにする。

たくさんの光が点在している。
ヘルパーやリトリーバルに来た人だろうか?
皆、個々にあるいは、小グループで活動している感じがする。

夜のせいか、目を瞑ると眠けが襲ってきて、上手くコンタクトできない。

仕方がないので、
テレビで映像を見た骨組みだけ残った防災センターをイメージして、
光のエレベーターを創る。
すぐに、乗りたい人たちの列ができる。

それを視ながら、眠気に勝てず今日は断念する。


次の日、昨夜の続きをアファメーションして行なってみる。

かなり上から観ている感覚。
きのう創った光のエレベーターに人が並んでいるのが見えてきた。

これだけでは、はかどらず足りない気がするので、
大きな光の階段も創る。

見渡すと、海にもたくさんの人がいるのを感じる。
何かしたいと強く思う。

皆に大きな声で、声をかけてみる。
「わたしの声が聞こえますか~!聞こえている人は、
 残念ですが、既に亡くなられています。
 行くべきところに行けるよう、まず皆さんの身体が
 自由になるように、邪魔なものを取り除きました。
 もう、自由に身体が動くはずです」

海から、瓦礫の中から、たくさんの人が出てくる。
天使、ガイド、ヘルパーなど、たくさんの迎えが彼らを囲む。

「傷や汚れは、震災前の姿をイメージすることで、
 元の状態に戻ることができます」
できるだけたくさんの人に声が届くよう移動しながら、
愛を込めて、叫んでみる。


ふと、光の階段の先はどうなっているのか気になる。
階段をたどって進む。
雲をくぐったところで、フォーカス27に出たようだ。
受け入れセンターに着く。

たくさんの、非常にたくさんの人がいる。
観察していると、ボランティアのヘルパーが、
名前を聞いて回っているようだ。
ここはさながら、死後の世界の避難所という感じだ。
登録が済んだ人から少しずつ移動し、
それぞれに適したエリアへ移動していくらしい。

どんなふうにケアしているのか、ボランティアの人に聞いてみると、
怪我や心的ダメージをリサーチし、データと照らし合わせ、
適切なエリアへ移動してもらうとのこと。

ヘルパーたちにお礼を言って、
そこから、いつものようにエネルギーを浄化して戻ってくる。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

やはり、自分自身の身体と心的状態が良好でないと、
震災のリトリーバルはきつい気がします。

夜、行なったときは、眠さもあって、
少し離れたところから見ているような感覚でした。
自分の意識が薄いというか、そこに少ししかシフトできていないような感覚。

他のメンバーの人も探したり、見かけたりした気がしますが、
実際にはお目にかかっていない上、特徴がわからず、
わたしの見かけた姿は、実際とは違っていたようです。
そこの部分は、省略してあります。

パートナー探索は、やはりお互いに知っている仲でないと、
共に行動し、探索するのは難しいのかもしれません。
とは言え、共通の情報があるだけでも、素晴らしいと思います。

このあと、6月のワークショップで、再度皆さんと共に、
南三陸町に行きました。
わたしの印象では、かなり様子が変わっていたように感じました。

その後報告は、また次回にと思います。


今日も、ご訪問ありがとうございます
↓ ランキング参加中
rainbow  応援クリック ふたっつ お願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ  
関連記事

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

左サイドメニュー

プロフィール

LUCKY YOU

Author:LUCKY YOU
ブルース・モーエン公認トレーナー
HP http://shigotansaku.com
著書『リトリーバル 過去世の救出』(ハート出版)

“何があってもポジティブにプラス思考に考える”をモットーに日々を過ごしています。
その甲斐あって、毎日小さな幸せを感じています。
その原動力は、スピリチュアルな世界に出逢ったことです。
全ての人、そして全ての存在が繋がっていることを知りました。
そこには『無条件の愛』が満たされていて、至福への入口があります。
そんな風に、わたしはトレーナーになり、本を出版することができました。

身に降りかかる不運と思える出来事こそ、本当は魂を磨くチャンスなのです。思いがけない真実を知るだけで、あなたもきっと人生が変わります。
幸せへのキーワードを一緒に見つけましょう。

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター