幸せへのスピリチュアル・メッセージ

ブルース・モーエン公認トレーナーがお届けする、21世紀のスピリチュアルな世界! 幸せへの近道、ガイドとの繋がり、無条件の愛、叡智と真理、そして…初歩から教える「体験型ワークショップ」 好評開催中です!

「無縁社会」読みました!

スピリチュアル系の本ではありませんが、
ちょっと衝撃の内容だったので書いてみようと思います。

NHKスペシャル「無縁社会~“無縁死”3万2千人の衝撃~」 
                    (2010年1月31日放送)
この取材班によって書かれた書籍だ。
はっきり言ってけっこう重たい内容だった

日本の年間自殺者が、3万人だそうだが、
無縁死も、なんと3万2千人もいるそうだ

警察や自治体でも身元がつかめなかった無縁死の人は、
「行旅死亡人」という分類をされ、官報で公告されるそうだが、
そこに載るのは、わずか数行のみ。
それを読んで、知っている人だと気付くのはまず無理だろう。
だいたい、そんなもの実際に見たこともないし、見ようとも思わない。

つまり、この人たちは自分が誰かを知られずに亡くなった人ということ。
「行旅病人および行旅死亡人取扱法」には、
「住所、居所、もしくは氏名が知れず、かつ(遺体の)引き取り者なき死亡人は、行旅死亡人とみなす」と書かれている。

彼らの多くは、自分であることを自ら絶った人ということができる。
ホームレスをしている人の中にも、そういう人っているのだろう。

「ラジオだけが、友達」 と語るあるホームレスの男性は、
派遣切りで職を失い、路上生活をしながら仕事を探し続ける。
彼は、語る。
「もうこれ以上、自分のことで誰かに迷惑をかけたくない」
だから、生活保護も拒否する。
ある意味、善良でまともな神経を持った人間とも言えるかもしれない。

でも、よく考えてみて欲しい。
人は、もともとひとりで生きて行くために生まれて来るのだろうか?

スピリチュアルで言えば、
人との関わりから、自分自身を知り、
心の触れ合いから、愛を知り育むことを学ぶ。


それなら、迷惑を掛けずに人と関わりあわない人生は、
実り少ない人生の選択と言えるのではないだろうか。

迷惑はかけてもよいのではないだろうか?
その分、自分がしてあげられるようになったら、誰かに返せばいいし、
ならなくても、そのとき感謝の気持ちはお返しできる。

それで、いいと、こころから思う。
目に目なくても、エネルギーはちゃんと回っているのだから。


若い人にも、無縁死の恐怖を抱える人たちがいるという。
また、身寄りから受け取りを拒否される遺体も多いという。

遺体は、屍(しかばね)でしかない。
魂は永遠で、本当の意識はそこにある。
そう言ってしまえば、
肉体の果ての姿に執着する必要はないのかもしれないが、
どんなふうに死を迎え、どんなふうに送られるかは、
少なからず、死後の意識に影響を及ぼしていることを、
知っているのだろうか?と問いたい。

無縁死の魂は、後悔と淋しい思いを抱いているに違いないと
わたしは、経験から思わずにいられない。



それが嫌なら、しっかりと人との絆を築くこと。
今からでも、遅くない。

そして、人との絆は、血が繋がっているからとか、
いつも一緒にいるからとか、
自然にできるものだろうなどと思っていてはいけない。
意識して、努力して、大切にしてこそ、本当の絆は生まれるのだから。

あなたには、しっかりと絆を築けている人が、どれくらいいますか?


今日も、ご訪問ありがとうございます
↓ ランキング参加中
rainbow  応援クリック ふたっつ お願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ  
関連記事

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

左サイドメニュー

プロフィール

LUCKY YOU

Author:LUCKY YOU
ブルース・モーエン公認トレーナー
HP http://shigotansaku.com
著書『リトリーバル 過去世の救出』(ハート出版)

“何があってもポジティブにプラス思考に考える”をモットーに日々を過ごしています。
その甲斐あって、毎日小さな幸せを感じています。
その原動力は、スピリチュアルな世界に出逢ったことです。
全ての人、そして全ての存在が繋がっていることを知りました。
そこには『無条件の愛』が満たされていて、至福への入口があります。
そんな風に、わたしはトレーナーになり、本を出版することができました。

身に降りかかる不運と思える出来事こそ、本当は魂を磨くチャンスなのです。思いがけない真実を知るだけで、あなたもきっと人生が変わります。
幸せへのキーワードを一緒に見つけましょう。

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター