幸せへのスピリチュアル・メッセージ

ブルース・モーエン公認トレーナーがお届けする、21世紀のスピリチュアルな世界! 幸せへの近道、ガイドとの繋がり、無条件の愛、叡智と真理、そして…初歩から教える「体験型ワークショップ」 好評開催中です!

家族のルール 甘えの現実 3

身近な存在だからこそ、そこに細やかな心遣いがあって欲しいと思います。
そして、それに気付ける人であって欲しいと思うのです。

家族の「ただいま」の一言で、何かあったことを気付ける親。
でもそこで、「何か嫌なことでもあったの?」 と、
ストレートに声を掛けてしまっては、台無しのこともあります。

人の心は繊細で、余りに心を読まれると、話したくなくなるから。
だからと言って、知らん振りでは気づいた意味がない。

最近のCMで、いいな~と思うのがあります。
絶対に負けたくない試合で、負けて帰ってきた娘に、
母は、「ただいま」の顔ですべてを察して、
「全部流しておいでよ。さっぱりするよ」と声を掛け、お風呂に促す。

そんな関係を築けたら、とても素敵な家族だなって思います。

家族ですから、自分の気持ちを出すことが悪いとは言えないでしょう。
でも、誰かが自分の言動で不快な思いをしたことに
気付ける人であって欲しいと思うのです。

そして、それが当たり前でなく、
「昨日はごめん」の一言が言える人であって欲しいと思うのです。

わたしは、特に褒められた素晴らしい母親ではないけれど、
家族の心をいつも感じながら、過ごしています。
たぶん、ほとんどの母親がそうなのだろうと思います。

今日は、楽しく過ごせたか?
何か嫌なことはなかったか?
新しく気づいたことは、あっただろうか?
最近は、少し元気がないが上手く行ってないのかもしれない。
部屋が散らかっているのは、心の乱れと比例しているかもしれない。

そんなことを感じたり、考えたりしながら、
誰かが何かを話したくなったとき、できるだけ気軽に話せるようにと
部屋にこもらず、ダイニングのテーブルに陣取っています。
ここは台所の隣なので、食べ物飲み物を取りに家族が訪れるから。

そういう風にしていることを特に意識していなかったのですが、
実は飼っていた犬がいなくなって、そのことに気付きました。
犬は、小さな子供と同じ。
何を思い何をして欲しいと思っているか、言葉が通じないから、
こちらが察してみないとわからない。
だから常に、その気配を意識の片隅に感じながら、
一日を過ごしていたんですね。
その感覚は、どこか懐かしい感覚で、
子供たちが小さかった頃の感覚に近いんですね。
わたしが守ってあげたい大切な存在。

そして娘は、わたしが守る必要はないくらい大きくなって、
いつも気にする必要はなくなったけれど、
それでも家にいるときは、常に意識の片隅にあるんですね。

愛しているとか、かわいいとかそんなことではない。
家族として、共に一つ屋根の下に暮らすものに感じる感覚。
さりげなく、いつも気に掛けている。

もしも、あなたがまだ子供という位置づけで家族の中にいるのなら、
たぶんお母さんは、そんなふうにあなたのことを
いつも気にしてくれていることに気付いて欲しいと思います。

そのことに気付けないと、きっと先の人生で
人間関係で、つまづくときが来ると思います。
つまづいて気付けば、それはそれでよいとは思いますが。

あなたにとって家が心地良いと感じるなら、
きっと誰かがそんなふうに、
家族の心を気に掛けていてくれるからだと思います。

家族は、感情の履き捨て場ではありません。
人は誰といても、どこにても、
常にそばにいる人に配慮できてこそ、人間の証ではないでしょうか?
あっ!でも、犬だって気を遣ってくれますよね。

つい当たってしまっても、次の日に「昨日は、ごめん」の一言で
許してもらえるのも、また家族のよいところなのでしょう。

あなたは、家族の誰かに甘えすぎていませんか?
家族に不快な思いをさせても、当たり前と思っていませんか?
外面ばかり良くて、そのしわ寄せで家族に当たっていませんか?
あなたのせいで、家族の誰かに我慢を強いていませんか?

もし心当たりがあるならば、ぜひ考えてみてください。
家族が気持ちよくいられる方法を。



今日も、ご訪問ありがとうございます
↓ ランキング参加中
rainbow  応援クリック ふたっつ お願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ  
関連記事

*Comment

Re: タイトルなし

ぶぶさん

コメントありがとうございます。

> 私も、もっと早くに気づけてればよかったです…
気付くのは、いつでも遅すぎることはないようですよ!
これから、変わることができれば充分だと思います。
  • posted by LUCKY YOU
  • URL
  • 2012.11/19 17:45分
  • [Edit]

今の私にとって本当に考えさせられた記事でした。
これを読むまで、やはり何でも吐き出せてこそ家族だと思っていました。
違う形の思いやりがちゃんとあったんですね…。
私も、もっと早くに気づけてればよかったです…
  • posted by ぶぶ
  • URL
  • 2012.11/18 23:00分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

左サイドメニュー

プロフィール

LUCKY YOU

Author:LUCKY YOU
ブルース・モーエン公認トレーナー
HP http://shigotansaku.com
著書『リトリーバル 過去世の救出』(ハート出版)

“何があってもポジティブにプラス思考に考える”をモットーに日々を過ごしています。
その甲斐あって、毎日小さな幸せを感じています。
その原動力は、スピリチュアルな世界に出逢ったことです。
全ての人、そして全ての存在が繋がっていることを知りました。
そこには『無条件の愛』が満たされていて、至福への入口があります。
そんな風に、わたしはトレーナーになり、本を出版することができました。

身に降りかかる不運と思える出来事こそ、本当は魂を磨くチャンスなのです。思いがけない真実を知るだけで、あなたもきっと人生が変わります。
幸せへのキーワードを一緒に見つけましょう。

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター