幸せへのスピリチュアル・メッセージ

ブルース・モーエン公認トレーナーがお届けする、21世紀のスピリチュアルな世界! 幸せへの近道、ガイドとの繋がり、無条件の愛、叡智と真理、そして…初歩から教える「体験型ワークショップ」 好評開催中です!

認知症の母の意識は、フォーカス22に

わたしの母は、7~8年前から認知症です。
軽度であることと、アリセプトという認知症の症状の進行を
遅らせる働きの薬の効果か、軽度の状態をキープしています。

母は、優良養老介護施設の特別介護室にお世話になっています。
今は、2年前に父が亡くなり、ひとり部屋にいます。
先日、そんな母の元を訪ねました。

話しは、それなりにできるのですが、
記憶ができたりできなかったり、
また、時間の観念があやふやです。

昨日も、10年以上前のことをつい最近の出来事と思い、
気になるらしく、何度も大丈夫かと話していました。


そんな母、つまり認知症の人の意識の一部は、
現世から離れて、死後の世界の近くに入り込んでいる状態です。

モンロー研究所では、そのエリアを 『フォーカス22』 と呼んでいます。
認知症のほか、譫妄状態、薬物やアルコール依存の状態、
また、麻酔中や昏睡状態患者なども、ここに意識の一部を置いています。

泥酔した人が、どうやって家に帰ったかまったく覚えていない
などというときは、ここ意識を置きながら、
無意識で肉体は、行動し帰ったという状態だろうと思います。

この状態での体験は、夢や妄想と捉えられることも多いでしょう。
認知症の人が、道理の通らないことを言ったりするのはこのためです。
彼らにとって、それはリアルな事柄なのです。
そして、母のように時間的な感覚がない、あるいは歪んで要るのも特徴です。

意識の世界では、時間はこの世とは別な感覚で存在します。
時間がないと言う人もいますが、向こうにも事象の流れはあります。
出来事が起こる順番は決まっています。

ただ、視点を変えれば、
実はその全てが同時に存在しているとも言え、
だからこそ、わたしたちは過去や未来の出来事に
アクセスすることが可能になるわけです。
ちょっと、ややこしくてわかりにくい話なので、
疑問に思う人は、保留事項にしておいてください。
きっとわかるときがきます。


認知症になって、母は身体が元気になりました。
心配も長続きしない、ストレスがグンと減ったのだろうと思います。
ある意味、時間に縛られない母は、
以前より幸せなのかもな~と、思うのです


今日も、ご訪問ありがとうございます
↓ ランキング参加中
rainbow  応援クリック ふたっつ お願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ  

関連記事

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

左サイドメニュー

プロフィール

LUCKY YOU

Author:LUCKY YOU
ブルース・モーエン公認トレーナー
HP http://shigotansaku.com
著書『リトリーバル 過去世の救出』(ハート出版)

“何があってもポジティブにプラス思考に考える”をモットーに日々を過ごしています。
その甲斐あって、毎日小さな幸せを感じています。
その原動力は、スピリチュアルな世界に出逢ったことです。
全ての人、そして全ての存在が繋がっていることを知りました。
そこには『無条件の愛』が満たされていて、至福への入口があります。
そんな風に、わたしはトレーナーになり、本を出版することができました。

身に降りかかる不運と思える出来事こそ、本当は魂を磨くチャンスなのです。思いがけない真実を知るだけで、あなたもきっと人生が変わります。
幸せへのキーワードを一緒に見つけましょう。

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター