幸せへのスピリチュアル・メッセージ

ブルース・モーエン公認トレーナーがお届けする、21世紀のスピリチュアルな世界! 幸せへの近道、ガイドとの繋がり、無条件の愛、叡智と真理、そして…初歩から教える「体験型ワークショップ」 好評開催中です!

死後探索1 「未知への旅立ち」 その2 ~モンロー氏との関係~

「死後探索」シリーズ 1 未知への旅立ち「死後探索」シリーズ 1 未知への旅立ち
(2005/12/14)
ブルース モーエン

商品詳細を見る


この本が出版されたのは、1997年。
そして、執筆を始めたのが、1995年4月だそうです。
その頃、彼の友人でもあり師でもあるロバート・モンロー氏(愛称ボブ)が
あの世に旅立って1ヵ月後のこと。

さらにその後、ボブはブルースのガイド的な存在となります。
今も、ブルースのガイドの一人として存在しているそうです。
ブルースに確認したことがあります。

興味深いことに、ボブ、ブルース、そして坂本氏は
みな同じハイアーセルフの所属だということです。
これは、ブルース自身にも、確認が取れています。
そういう意味合いでも、ボブはブルースのソウルメイトであり、
ハイアーセルフのガイド的存在と言えるでしょう。

ただブルースには、そのほかにもハイアーセルフガイドがいて、
公表されているのは、「コーチ」と呼ぶ存在、
そして、「白熊」という存在です。

そして、現在は彼らを含め、
数人のガイドがいると教えてくれました。
たぶん、その中でいろいろ相談しながら、
行動を決めているのでは?と思います。


さらにボブは、
モンロー研究所関係のワークショップの参加者のところに
よくコンタクトを取って来ます。
日本人の参加者にも、わたしの知る限りでも幾人かの方がいます。

実は、わたしもトレーナーになろうとしていた頃、
幾度かコンタクトしたことがあります。
ブルース・モーエンのメッソドを引き継ぐ人ができることへの
応援の意味合いがあったようです。

同じように、この本が出版された経緯の中に、
ボブの意志と計らいがあります。

本のプロローグの中にも書かれています。
「きみが書いてくれるのは嬉しいよ、ブルース。ぜひ書き続けてもらいたい。充分に書けたら、それが本として出版されるように、こちら側からできる手助けをしてあげるよ」
という、ボブの言葉でブルースは書き続けることができたようです。
その後ブルースは、本を書く時間を作るために、
フルタイムの仕事をリタイアすることになります。

また、4冊目の本にも多く出てきますが、
ブルースが死後世界を探索するときガイド役として、
よく登場します。

ボブに会いたい人は、チャレンジすれば可能だと思います。
何せ彼は、何分割もするテクニックを習得したそうですから。
これも、ブルースの著書に出てきます。

わたしは、ブルースやボブとは違うハイアーセルフだなって
気がしていますが、それでも、きっと
少し上のところでは繋がっているだろうと思います。

だからこそ、ここまで惹かれるものがあるのだと思うのです。


今日も、ご訪問ありがとうございます
↓ ランキング参加中
rainbow  応援クリック ふたっつ お願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ  


ロバート・モンロー氏について、
ブログ 「幸せの気持ち」 にも少し書きましたので、
こちらも、ぜひお読みください
関連記事

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

左サイドメニュー

プロフィール

LUCKY YOU

Author:LUCKY YOU
ブルース・モーエン公認トレーナー
HP http://shigotansaku.com
著書『リトリーバル 過去世の救出』(ハート出版)

“何があってもポジティブにプラス思考に考える”をモットーに日々を過ごしています。
その甲斐あって、毎日小さな幸せを感じています。
その原動力は、スピリチュアルな世界に出逢ったことです。
全ての人、そして全ての存在が繋がっていることを知りました。
そこには『無条件の愛』が満たされていて、至福への入口があります。
そんな風に、わたしはトレーナーになり、本を出版することができました。

身に降りかかる不運と思える出来事こそ、本当は魂を磨くチャンスなのです。思いがけない真実を知るだけで、あなたもきっと人生が変わります。
幸せへのキーワードを一緒に見つけましょう。

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター