幸せへのスピリチュアル・メッセージ

ブルース・モーエン公認トレーナーがお届けする、21世紀のスピリチュアルな世界! 幸せへの近道、ガイドとの繋がり、無条件の愛、叡智と真理、そして…初歩から教える「体験型ワークショップ」 好評開催中です!

出生秘話とインナーチャイルド

今日、5月5日は、
なんとわたしの誕生日です

いただいたお祝いのメールの中に、
「素敵な誕生日ですね」 というコメントがあり、
あることを思い出しました。

実は、わたしにはあまり嬉しくない出生秘話があります。

わたしは次女なのですが、姉との間に2回母は流産していて、
そのこともあり、年齢的にも、
父母にとっては最後の出産と言う位置づけだったそうです。

当時、我が家を初め父の兄弟には男子が生まれておらず、
わたしは、男の子を産む計画の元、つくられた?子供だったのです。

具体的には、母は妊娠の数ヶ月前から、
肉断ちをするなど食べ物に気をつけ、
たぶん、仏様にお祈りしたりもしたと思います。

今から思うと非現実的ではありますが、
当時は、産み分け医療はまだほとんど行われておらず、
迷信の範囲内でのことでしたが、
母なりに信じて懸命に行ったそうです。

そして、出産希望日は、5月の節句の近く。
おのずと期待は高まります。
父は、男の名前だけを考え、その日を待ち望んだそうです。

元気よくお腹をけり、さらに戻しても戻しても
逆子になるというわたしのやんちゃぶりは、
「きっと、男の子に違いない」
と言う期待感をあおるのに充分でした。

そして、5月4日の夜、陣痛は始まり、
父は母の入院している大学病院にかけつけました。

帰りのバスがなくなる中、父は待合室で横になり、
わが子の出産を待ったそうです。

5日の午前1:30に、わたしは逆子にもかかわらず、
母の力みの甲斐あって、無事自然分娩で生まれました。

しばらくして、待合室のソファーに横になる父にも
出産の知らせが届きました。
しかし、父は、生まれた子が女の子だと聞かされると、
母には会ったのかも知れませんが、
赤ちゃんの顔を見ることなく、帰ってしまったそうです。

さらに、女の子の名前は考えていなかったため、
母がどうするかと父に聞くと、
「お前考えろ」と言われたそうで、
“優子”と言う名前は、母が付けてくれました。

この物語を、わたしは、母の口から
いつだったか覚えていないくらい小さな頃に聞かされました。

たぶん、無邪気なところのある母は
(あるいは意図的かもしれませんが)
この話を楽しそうに話したのだと思います。
だから、そのときわたしの中には、
父を恨む気持ちは、芽生えることはありませんでした。
そして、その後も恨む気持ちはなかったと思います。
父の気持ちも、事情も充分にわかっていたからかもしれません。

でも、自分が父に生まれたことを祝福してもらえなったこと、
女の子は、価値がないという刷り込み、
男の子として生まれることができなかったことへの責め、
父に愛されていないのではという思い、
それらは、意識せずとも潜在意識に悲しみの傷として深く刻まれ、
わたしの超ネガティブな子供時代を形成する
ひとつの大きな要因になっていました。


つまりは、わたしは大げさに言えば、
父に否定されて生まれてきた子供だったのです。

これは、心理学的には、
エリクソンの言う「人間形成の8段階」の基本的信頼が
得られていないことになり、
「自分は価値ある存在」と言う認識が持てない状態です。
さらに、これは3~6歳でのイニシアチブの形成にも影響し、
自己否定感や罪悪感を抱く要因になりました。

とは言え、現実的には父を初め家族に可愛がられ、
愛されている感覚はそれなりにありましたから、
それは大きな救いだったと思います。


そして、これは最近の心理学用語で言えば、
「インナーチャイルド」ということになるでしょう。

ヒプノセラピーでは、それらを癒し解放していくことで、
呪縛を解き、新しい自分に生まれ変わっていく手助けをします。
それは、信念の書き換えとも言えるでしょう。

たとえば、わたしの場合は、
「女である自分は、価値がない」
「 決して、望まれて生まれてきたわけでない」という
自己否定感と無価値感を
たとえば、スピリチュアルを知ることで、
「誰もが価値ある存在で、必要な存在であり、
それぞれには、それぞれの存在意義がありどれも尊い」
そして
「自分が自分らしくあること、自分を愛し大切にすることは、
人を幸せにする上でも、有効なことである」
という信念に置き換えられています。


ヒプノセラピーと同じように、
ブルース・モーエンのメソッドでも、
「自己探索・セルフヒーリングコース」にて
『今世の一部をリトリーバルする』ワークで、
同じように扱っています。

このコースでは、ヒプノセラピーでは扱わない、
「リトリーバル」という手法と、「ガイド」という存在を使って、
たいへん効果的に進めていきます。

また、ワークショップでは、
自分で行う方法をお教えしていますので、
マスターすれば、何度でも自分で行うことができます。

セラピーのところで行うのも、もちろん有意義ですが、
それなりの料金はかかってしまいますよね。

実は、わたしも
「自分の成長を妨げる信念の元となる今世の一部のリトリーバル」
というアファメーションで行ったとき、
このインナーチャイルドが出てきて、
さらに癒し、信念を完全に書き換えることに成功しました。


心の傷も、負の体験も、
実は、こんなふうに後から、
癒し、書き換えることが可能なのですよ


今日も、ご訪問ありがとうございます
↓ ランキング参加中
rainbow  応援クリック ふたっつ お願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ  
関連記事

*Comment

Re: タイトルなし

りかさん

ありがとうございますe-51
また、遊びに来てくださいねe-343
  • posted by LUCKY YOU
  • URL
  • 2011.05/06 09:06分
  • [Edit]

はじめまして
1日おくれですが
お誕生日おめでとうございます!
どうぞ素敵な一年をお過ごしくださいね
  • posted by りか
  • URL
  • 2011.05/06 06:26分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

左サイドメニュー

プロフィール

LUCKY YOU

Author:LUCKY YOU
ブルース・モーエン公認トレーナー
HP http://shigotansaku.com
著書『リトリーバル 過去世の救出』(ハート出版)

“何があってもポジティブにプラス思考に考える”をモットーに日々を過ごしています。
その甲斐あって、毎日小さな幸せを感じています。
その原動力は、スピリチュアルな世界に出逢ったことです。
全ての人、そして全ての存在が繋がっていることを知りました。
そこには『無条件の愛』が満たされていて、至福への入口があります。
そんな風に、わたしはトレーナーになり、本を出版することができました。

身に降りかかる不運と思える出来事こそ、本当は魂を磨くチャンスなのです。思いがけない真実を知るだけで、あなたもきっと人生が変わります。
幸せへのキーワードを一緒に見つけましょう。

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター