幸せへのスピリチュアル・メッセージ

ブルース・モーエン公認トレーナーがお届けする、21世紀のスピリチュアルな世界! 幸せへの近道、ガイドとの繋がり、無条件の愛、叡智と真理、そして…初歩から教える「体験型ワークショップ」 好評開催中です!

ネガティブからポジティブへ4 ~ネガティブを内包するポジティブ~

ここでひとつ大切な話を。

「ポジティブでいよう」 と言うと、
「いつも元気に楽観的に物事を考える、悩むことのない人」 をイメージしませんか?
悪い言い方をすると、「思慮の足らない人、つまり能天気な人」

これを読んでいる人の中にも、「ポジティブに抵抗を感じる人」、
「ネガティブであることも必要なのでは?と感じている人」 も、
いるのではないでしょうか。

ポジティブであることは、「波動の法則」
または、「引寄せのは法則」 「共鳴の法則」 から言っても、
幸せや夢を叶えるために、とても有効です。


これは、わたしの体験からもはっきり言えることです。

でも、わたしの言う 『超・ポジティブ』 は、
決して、「いつもポジティブであれ」 というものでも、
「ネガティブを否定するもの」 でもありません。

そして、“超” は、「すっごく」 とか 「完全に」 という意味ではなく、
「超えた」 という意味合いで使っています。

それなら、
「ポジティブを超えたら何になるの?」 と、思いますよね。

これは、あくまでわたしの感覚ですが、
「ネガティブを内包するポジティブ」 だと思っています。

以前、若い頃ポジティブになるために、
人前で一生懸命、ポジティブなわたしを装っていたことがあります。
でも、それは本当のポジティブとは、やはり違う。
一人になったとき、ふっと落ち込むのです。
がんばって演技していた反動かもしれません。
そして、自分がわからなくなってくる・・・

また、ポジティブでいられないような辛い出来事が起きたとき、
一気に奈落の底に落ち、這い上がることができない。

そんなことを繰り返しながら、かなりいい年になってから、気づいたのです。
自分のは、見せ掛けのポジティブの部分が多かったと。
負の感情を悪者にして、それを否定し、嫌っていたと。


でも今は、違う。

湧き上がる負の感情も、あってよいこととして肯定してあげる。
それを受容し、味わってみる。
そして、そんな自分の感情を第三者的に観察してみる。
感情は、受容してもらうことで、早く落ち着きます。


たとえば、
「わたしったら、こんなに怒ってるんだ。何に腹を立てるのかな?」
というように、怒りを感じている自分を責めたり、嫌ったりせずに、
当然あることして受け止め、観察するのです。
 
受容の対象を人に求める人も多いのですが、
それでは、依存性を高めたり、
誰かが 「そうね」 と言ってくれないと落ち着けない、
ということにもなりかねませんから、気をつけてください。

それより、自分で自分の感情を受容し、
そのことで無理なくコントロールできるようになることが理想です。
それには、練習が必要ですから、焦らず取り組んでくださいね。


それができるようになると、
『鬼に金棒』
ネガティブな思考や落ち込むことが、恐くなくなります。

それが、『超・ポジティブ』 です。

また、ネガティブな思考や負の感情には、大切な役割があります。
自分の持つ、こだわりや信念を気づかせてくれるサインなのです。


だからこそ、観察してみることが、とても大切です。

ですから、前回の 「グルグルの思考」 も、
否定せず、取り合えず離れることをお勧めしています。
「優柔不断で、ダメな私」 などど、自分を責めたりしないでくださいね。

離れること=第三者的に見詰める余裕を持つこと
でもあるのですから。




今日も、読んでくれてありがとうございます
↓ ランキング参加中
rainbow 応援クリック ふたっつ お願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ  
関連記事

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

左サイドメニュー

プロフィール

LUCKY YOU

Author:LUCKY YOU
ブルース・モーエン公認トレーナー
HP http://shigotansaku.com
著書『リトリーバル 過去世の救出』(ハート出版)

“何があってもポジティブにプラス思考に考える”をモットーに日々を過ごしています。
その甲斐あって、毎日小さな幸せを感じています。
その原動力は、スピリチュアルな世界に出逢ったことです。
全ての人、そして全ての存在が繋がっていることを知りました。
そこには『無条件の愛』が満たされていて、至福への入口があります。
そんな風に、わたしはトレーナーになり、本を出版することができました。

身に降りかかる不運と思える出来事こそ、本当は魂を磨くチャンスなのです。思いがけない真実を知るだけで、あなたもきっと人生が変わります。
幸せへのキーワードを一緒に見つけましょう。

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター