幸せへのスピリチュアル・メッセージ

ブルース・モーエン公認トレーナーがお届けする、21世紀のスピリチュアルな世界! 幸せへの近道、ガイドとの繋がり、無条件の愛、叡智と真理、そして…初歩から教える「体験型ワークショップ」 好評開催中です!

ネガティブからポジティブへ 1 ~頭の中の思考~

わたしは、最近自己紹介するとき、
「自称、超ポジティブの~です」 と言っています。
何でだかよくわからないのですが、つい

このせいで、周りにネガティブな人が少なくなったのかな?
とも思います。

という話はさて置いて、
今日はわたしの ポジティブ術 をお話ししてみようと思います。

前々回、自分の頭の中の思考をポジティブに保つために
日夜、努力しているという話をしましたよね。

人は、一日に5~6万回(語だったかな?)の思考を
頭の中で繰り広げているそうです。

「目覚まし鳴ってる!起きなきゃ!」から始まって、
「眠くなってきたから、もう寝よう~」まで、
実に多くの思考が、頭の中に浮かんでいます。
その何%がポジティブで、何%がネガティブか
意識してみたことありますか?

ぜひ、一度やってみてください。

本当は、丸一日、起きている間中やってみると良いのですが、
それもちょっとたいへんなので、
お休みの日など余裕のあるとき、取り合えず1時間だけでもやってみてください。

するとまず、自分がほとんどいつも何かしら考えていることに気が付きます。
休むことなく、次から次へ、あ~でもない、こ~でもないと
いろんなことが浮かんだり消えたたり・・・
時には、同じことをぐるぐると考えていたり。

そして、何かしている時でも、それとはまったく関係ないことを
考えていたりすることも結構あります。

もちろん、大切なことを考えている時間もあるでしょうが、
以外にどうでも良いことを考えている時間も長いことに
気が付くことと思います。

さて、その思考を、ポジティブとネガティブ、
大きく分けてどちらかに、分類してみてください。

あなたは、どっちが多いですか?

どっちでもない内容が多いと思うあなたは、
内容でなく、そのときの気分がどっちかで判断してみてくださいね。


たぶん、ネガティブな思考が多いのではないでしょうか?
実は、今の日本人にはそれがふうつだと思います。

そして、あなたの周りにも、
ネガティブなことがたくさんあるはずです。

なぜかというと、今、日本の社会がネガティブな状況だからです。

本当は、ネガティブな人が多いから、
社会がネガティブになっているのですが、
その話は、いずれまた。

まあ、卵が先か、鶏が先かという話しですね。


でもって、
そのネガティブな思考を、できるだけポジティブに変えていくわけです。

そう言うと、
「なるほど。ネガティブなことを考えないようにすればいいわけね」 と
思う人、多いのではないでしょうか?

でも、それは、ブー!です。

人は、考えないようにするというのが一番苦手なのです。

同じように、~しないようにするとか、止めるとか、悪いところを直すという
ことを成し遂げるには、とても大きなエネルギーを要します。
つまり、否定的なことから発する行動は、きつくてたいへんなのです。

そして、これ自体がネガティブな発想ですよね。

ならばどうすればよいか?

意地悪なので、続きは次回にしちゃおっと

「思考をポジティブに保つ方法」 は、いくつかあると思います。
皆さんも、考えてみてくださいね。




今日も、読んでくれてありがとうございます
↓ ランキング参加中
rainbow 応援クリック ふたっつ お願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ  
関連記事

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

左サイドメニュー

プロフィール

LUCKY YOU

Author:LUCKY YOU
ブルース・モーエン公認トレーナー
HP http://shigotansaku.com
著書『リトリーバル 過去世の救出』(ハート出版)

“何があってもポジティブにプラス思考に考える”をモットーに日々を過ごしています。
その甲斐あって、毎日小さな幸せを感じています。
その原動力は、スピリチュアルな世界に出逢ったことです。
全ての人、そして全ての存在が繋がっていることを知りました。
そこには『無条件の愛』が満たされていて、至福への入口があります。
そんな風に、わたしはトレーナーになり、本を出版することができました。

身に降りかかる不運と思える出来事こそ、本当は魂を磨くチャンスなのです。思いがけない真実を知るだけで、あなたもきっと人生が変わります。
幸せへのキーワードを一緒に見つけましょう。

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター