幸せへのスピリチュアル・メッセージ

ブルース・モーエン公認トレーナーがお届けする、21世紀のスピリチュアルな世界! 幸せへの近道、ガイドとの繋がり、無条件の愛、叡智と真理、そして…初歩から教える「体験型ワークショップ」 好評開催中です!

自死者(自殺者)の魂はどこへ行くの? 後編

※本文中では、自死ではなく自殺という言葉を使わせていただきます。
 これは「自死」という言葉が、まだ一般的な言葉として認識されていないからです。
 その点ご理解の上、お読みいただけたらと思います。

どんな亡くなり方をしたにせよ、死後どこに行くかは
本人の意識の影響が最も強いようです。


そして、罰を与えられる、閉じ込められるということはないと、
わたしはいろいろな体験や存在たちから教えてもらいました。

とは言え、特別な場合を除いて、
自殺は、途中で自分の予定してきた課題を放棄して、
逃げ出してしまうことになります。

人の意識が、肉体の消滅とともに終わりにならないのなら、
命を閉じることで、抱えていた問題から開放されることもない訳です。

「この苦しみを終わりにして、楽になりたい!」
そんな想いで、死を選ぶ人も多いのでしょうが、
実は、それは通用しないわけです。


解決できずに持ち越した課題は、次の生で解消することになります。
それは、普通に亡くなった場合も同じなのですが、
自ら命を絶ってしまった場合は、
さらに新たな課題を作り出してしまうことになるのではないかと思います。

それを 「カルマ」 などと呼ぶ人もいますが、
私はその呼び方は、あまりに色が着き過ぎて好きではありません。
本来カルマは、負のものだけでなく、プラスのカルマもあるのですが、
今はマイナスのものを指して 「カルマ」 と呼ぶことが多くなっています。
個人の過去世や民族などの持つ集合意識が作り出した様々な影響を
総称するのが、「カルマ」 だと思います。

話が逸れましたが、
予定にない死によって、予め用意していた設定があれば、
ここで変更になってしまうわけです。
その影響は、生前の関わったあるいは、関わる予定の人に及び、
彼らの計画が中に浮いてしまうこともあるでしょう。
多分、ある程度は修正が行われるでしょうが、
どうにもならないこともあるはずです。
それらは、解りやすく言えば、借りを作ったような状態になるのです。

そして、その借りをどうにか返したいと、
思うのが人の意識の特質ではないでしょうか。
カルマ的な、「課せられた償い」 という捉え方とは違うように、
わたしは思います。

つまり、苦しみから逃れるために、死を選択することで、
余計に苦しみが増す結果になるということです。

わたしは、何が何でも苦しみと立ち向かえとは言いません。
でも、苦しみから逃れる方法は、死を選ぶ以外にあるはずです。

それこそ、取り合えずそこから逃げ出してもよいと思います。
また、誰かに助けを求めることもできます。
さらに、あなたが考え方を変えることで
事態は思わぬ変化を遂げるかもしれません。

それらのどれにも、ちゃんとあなたに必要な学びが含まれています。
失敗はないことを、ここでしっかりお伝えしておきます。



そしてさらに、既に早まって自ら命を絶ってしまった人を
どうぞ責めないでくださいね。


彼らも、向こうに行けば、
人生を全うした人と同じように、大切に扱われます。
犯した過ちを知り、反省をうながされることはありますが、
決して、無理やり罰や償いを迫られることはないはずです。

彼らのせいでたいへんな思いを強いられることもあるかもしれません。
でも、どうぞ許してあげて欲しいのです。
それが、あなた自身のためになるから。
このことについては、また機会があったら書いてみたいと思います。

さらに、死後の世界で裁くことをしないのに、
たかが人間ごときの私たちが、偉そうに人を裁き、
悪人としておとしめるのが、どんなに愚かなことか、
わたしは、ガイドたちに学ばせてもらいました。

そして、そういう感情を抱かずにいられることが、
どんなに穏やかで幸せなことか、身に沁みて感じています。



死ぬまで、精一杯生きる

当たり前で、大切なことを
もう一度、心の中で、確認してみてくださいね。

わたしごときが、偉そうなことを申し上げましたが、
これは、とても大切なことだと思っています。




↓ ランキング参加中 rainbow 応援クリック ふたっつ お願いします ふるーつ☆Cultivation・ハート×2

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ  
関連記事

*Comment

Re: はじめまして

シークレットでコメントくださった方へ

携帯のメルアドにメールをしましたが、NGで戻って来ました。
お伝えしたいこともあります。
luckyyou2100@yahoo.co.jp まで、再度メールをください。
その際、パソコンのメールからでも、大丈夫なメルアドを教えてくださいね。
よろしくお願いします。

また、お悩みの方は、ひとりで悩まず、下記ぜひご相談ください。
◆カウンセリング&セラピー http://shigotansaku.com/menu/c96861
◆電話カウンセリング  http://shigotansaku.com/menu/c213254
 (匿名での相談も受け付けています)
  • posted by LUCKY YOU
  • URL
  • 2015.05/27 01:00分
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by
  • 2015.05/24 16:58分
  • [Edit]

Re: 度々すいません

Winさん

コメント読ませてもらいました。
Winさんは、まだまだ悲しみの渦の中においでのようですね。
できれば、カウンセリングをお受けになっていただけたらと思います。
こんなふうにコメントでお返事してもほんの限られた情報しかお伝えできませんし、
あなたの心を癒すこともして差し上げられません。

冷たいようですが、霊能者をご紹介して彼女の様子を確認することも可能ですが
(わたしは様々な理由からそういうことをしていません)
それで納得できますか?
わたしの知る限りでは、「その方は・・・です」と言われて、それで納得してすっきりすると思って、
実際はそうでなく、やはり自分で確かめたいとか、本当なのか知りたいとか、その後どうなっているだろうかとか、あるいは、もっと良い状態に誘導したいなどとワークショップやカウンセリングでおいでになる方が多いです。

とは言え、とりあえずの救いにはなると思いますので、良かったら懇意にしている方をご紹介しますので、メールをくださいね。
その場合、わたしもそうですが、その方も亡くなった場所に行く必要はありません。
名前や生年月日、写真があれば大丈夫だと思います。
その方の思念を読み解く場合は、持ち物があると尚いいと思います。

参考にしてくださいね。
また、妖しいあるいは理解の浅い霊能者も多数いるので、気を付けてください。

  • posted by LUCKY YOU
  • URL
  • 2015.02/10 23:17分
  • [Edit]

度々すいません

落ち着いた…とは言えませんが、彼女の写真を見ながら毎日会話しているうちに、少しは落ち着き、"後を追う"と言うことは、今は無いです。
ただ、普段強気な彼女でしたが、ホントは、寂しがり屋で人見知り。
いつも、周囲の目を気にして、我慢しているような娘でした。
そのくせ、踏ん切りが良く、何事も相談してくる時は、だいたい腹は決まっていて、背中を押して欲しくて相談してくるような処がありました。
亡くなる半月前、「本当の気持ちを話せるのは、あなたしか居ないし、あなた無しで生きていけない。けど、私と一緒に居ると不幸にする。」と言っていた彼女。俺が落ち込んだで、「もう、死んでもいいかなぁ」と言った時は、「その時は、一緒に死ぬ。最期は一緒になる」と言っていました。
安いドラマのような話ですが、事実なんです…
その彼女が、「もう、いいかな」と断りなく居なくなり、今どうしているか、せめて成仏して、前向きになってくれたらと願うばかりです。いつの日か、未来で逢えたらと。
常々、「消えたい。」と言っていて、本当に消えてしまいました。
前編にあった様に、あなたがお会いした二人の霊のように、事情があって、彼女が亡くなった場所にお連れ出来ないのですが、彼女の現状を確認していただく方法はあるのでしょうか?
なんだか、支離滅裂な文ですいません。
  • posted by Win
  • URL
  • 2015.02/07 16:46分
  • [Edit]

Re: はじめまして

Winさま

お気持ちお察しいたします。
いろいろな想いが駆け巡っていることと思います。
何? どうして?
そんな想いへの答えが欲しい。

わたしの知る限りでは、その人に逢いたいと思うなら、後を追っても可能性は少ないでしょう。
自死した魂の多くは、自由にあちこち行けるだけのエネルギーを持っていません。
多くが深い後悔の中で長い時を過ごします。

でも、その人に会ったり、コンタクトすることが可能です。
また、その人が好ましくない状態にあれば、もっと良い状態に導くこともできます。

当方で開催しているワークショップ
ブルース・モーエンメソッド「死後探索コース」では、故人とのコミュニケーション法を実践を交えてお伝えしています。
詳しくはホームページ http://shigotansaku.com をごらんください。

また、瞑想セラピーを取り入れたカウンセリングも行っており、
わたしの誘導でヒプノセラピーを行い、故人にコンタクトしたり、ガイド的存在にメッセージをもらったりします。

あるいは、とりあえず電話でのご相談ということも可能です。

きっと、何かしらのお力になれると思います。
ご連絡いただけたらと思います。
  • posted by LUCKY YOU
  • URL
  • 2015.02/05 21:13分
  • [Edit]

はじめまして

突然ですいません
昨年末、最愛の女性を亡くしました。自殺でした.....
なかなか一緒になる事が難しい間柄でしたが、それでも、あと数年したら、もっと自由にあちこち出掛けられる。そんな事を夢見ていて、彼女も「待っててね。」といつも言っていました。
そんな彼女が突然に自ら居なくなってしましました。

理由は明確でなく、最後2週間くらい逢う時間が取れず、苦しい気持ちを聞いてあげられなかった事を凄く後悔しています。さぞ、苦しくて助けが欲しかったと思います。

自分を責めたり、”何故、俺を置いて逝った”と、彼女を責めたりと、そんな事ばかり考えています。
”向こうの世界で、彼女に逢いたい。今度こそ、一緒になりたい”
と思っていますが、自ら絶たれた方の魂とは、巡り会えないのでしょうか?向こうに彼女がいるのなら、死ぬことは何ら怖くないと感じています。
また、今、彼女はどうしているのか、苦しまず安らいでいるのか気になります。

なかなか、このカテゴリの情報をどうやって探してよいか分からず、あれこれしているうちに、あなたのブログにたどり着きました。
今後もいろいろ拝見させていただきます。
  • posted by Win
  • URL
  • 2015.02/05 08:06分
  • [Edit]

Re: 因果の法則を無視するのは納得できません

通行人Aさん

コメントありがとうございます。

ある意味、おっしゃっていることは、正しいとも思います。
死後の差別は特にないように、わたしも感じています。

ただ、現実世界では人の死によって、その後の人生が変わってしまうことは多々あり、
その際、亡くなった人への様々な思いを引き起こします。
それが因となり、その後の果に繋がっていくのではないでしょうか?

本当は、それらはなくてもいいものですが、
人の心の未熟さゆえにそれらが生まれてくる。

これは、神の関与しないところで起こっていることで、
そのことも神は容認しているように思います。

宗教や政治の加担をする気はまったくありませんが、
やはりそれらの負のサイクルを防ぐことができるならと思います。
これは、自殺に限ったことではないのですが。

それでも、昨今の自殺者の多さには、壊れ行く社会を感じます。
留まる命があるのなら、一人でも留まって欲しいと心から思うのです。

大切な人を亡くした人たちの悲しみに触れたら、
死にたければ、死んでも大丈夫などと書けるはずがありません。

そこのところをご理解いただけたらと、心より思います。
  • posted by LUCKY YOU
  • URL
  • 2013.09/23 00:41分
  • [Edit]

因果の法則を無視するのは納得できません

予定にない死によって、予め用意していた設定があれば、
ここで変更になってしまうわけです。
その影響は、生前の関わったあるいは、関わる予定の人に及び、
彼らの計画が中に浮いてしまうこともあるでしょう。
***
たとえ計画が有ったとしても、寿命としての死を含めて
すべて予定にすぎないはず、予定は未定であり、
すべての可能性は平等であるはずで、どんな死に方をしようと、実際に現界でなんら関係性がない(因)がないにもかかわらず、なんらかの果(業)が生じるのはおかしいとおもいます。宗教を含め、自殺だけを特別視する考え方は本来おかしいと思います。本来神は何も裁かないし、すべてに寛容なはず、ならばなぜ自殺だけ特別視という裁きがあるのか?? まったく矛盾しています。
 宗教は所詮、現実にはどこでも政治と多かれ少なかれ
癒着をしている為、過酷な統治ですぐ嫌気がさし国民がどんどん死んでしまっては国力が低下して搾取できなくなるため困るから、その意を汲んでいる面があるため
ある意味当然とは思いますが。
 (ろくでもない統治者に見切りをつけて
どんどん死んで他の国や惑星に転生しましょう、なんて
教義を掲げたら、間違いなく為政者から弾圧されますからね・・・)
  • posted by 通行人A
  • URL
  • 2013.09/21 10:03分
  • [Edit]

ありがとうございます

コメントありがとうございます。感謝です!!

いろいろ勉強してみます。
  • posted by REI
  • URL
  • 2011.04/28 08:10分
  • [Edit]

Re: はじめまして

REIさん

コメントありがとうございます。

とてもきつい状況ですね。
お気持ちお察しします。

もちろん、わたしたちがお教えしているメソッドで、
ご要望のことは可能だと思います。
ただ、気持ちが入りすぎる状況では、
ご自身で行うのは、すぐには無理かもしれません。
その場合、他の方に行ってもらうことは可能です。

その前に、人は命を終えた後、
どこに行き、どんなふうに過ごすのかを学ばれると、
良いと思います。

そして、すべてのことには意味があります。
それを知る手がかりも、
きっと死後世界から得ることができると思います。
わたしの周りには、そういう人がたくさんいます。

また、8月に、師匠ブルース・モーエンも、来日する予定です。
合わせて、ご検討ください。

ありがとうございます。


> はじめまして。REIです。ブログ拝見しました。
> 先月彼が自殺をして、涙が止まらない日々を送っています。
> 彼の言いたかった事を知りたいし、浄化も願いたい。
> そんな思いから、このブログにたどり着きました。
>
> 関西に住んでいますが、セミナーも参加したいと思います。
> まずは、本を読ませて頂こうと思っています。
>
> このブログで情報を発信して頂いていることに感謝です。
> ありがとうございます。
> これからも、読まさせて頂きますね。
  • posted by LUCKY YOU
  • URL
  • 2011.04/27 22:58分
  • [Edit]

はじめまして

はじめまして。REIです。ブログ拝見しました。
先月彼が自殺をして、涙が止まらない日々を送っています。
彼の言いたかった事を知りたいし、浄化も願いたい。
そんな思いから、このブログにたどり着きました。

関西に住んでいますが、セミナーも参加したいと思います。
まずは、本を読ませて頂こうと思っています。

このブログで情報を発信して頂いていることに感謝です。
ありがとうございます。
これからも、読まさせて頂きますね。
  • posted by REI
  • URL
  • 2011.04/27 19:04分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

左サイドメニュー

プロフィール

LUCKY YOU

Author:LUCKY YOU
ブルース・モーエン公認トレーナー
HP http://shigotansaku.com
著書『リトリーバル 過去世の救出』(ハート出版)

“何があってもポジティブにプラス思考に考える”をモットーに日々を過ごしています。
その甲斐あって、毎日小さな幸せを感じています。
その原動力は、スピリチュアルな世界に出逢ったことです。
全ての人、そして全ての存在が繋がっていることを知りました。
そこには『無条件の愛』が満たされていて、至福への入口があります。
そんな風に、わたしはトレーナーになり、本を出版することができました。

身に降りかかる不運と思える出来事こそ、本当は魂を磨くチャンスなのです。思いがけない真実を知るだけで、あなたもきっと人生が変わります。
幸せへのキーワードを一緒に見つけましょう。

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター