幸せへのスピリチュアル・メッセージ

ブルース・モーエン公認トレーナーがお届けする、21世紀のスピリチュアルな世界! 幸せへの近道、ガイドとの繋がり、無条件の愛、叡智と真理、そして…初歩から教える「体験型ワークショップ」 好評開催中です!

自死者(自殺者)の魂はどこへ行くの? 前編

※本文中では、自死ではなく自殺という言葉を使わせていただきます。
 これは「自死」という言葉が、まだ一般的な言葉として認識されていないからです。
 その点ご理解の上、お読みいただけたらと思います。

以前、知人からいただいた質問について、ここで触れてみたいと思います。
こんな質問です。

飯田史彦さんの本では、自殺をした者は反省の闇に自ら入り、
罪が解消されない限り、出てこれないとありましたが。
やはり、皆その道を辿るのでしょうか?
永遠に闇から出てこれない魂も、沢山居るのでしょうか?

ところで自殺といっても様々なパターンがあると思うのですが、
例えば勢いでうっかり死んでしまったとか、
うつ病で自殺したとかの場合、事故死に近い気がしますが、
やはり自殺であれば皆同じ扱いになるのでしょうか?
もっと広げれば、尊厳死はどのように解釈されるのでしょうか?

同じ亡くなったにしても、あの世で幸せにしているのと
寂しい世界に籠っているのとでは大違いです。



まず、わたしの体験から。
私が訪ねたことがある自殺者は、2名。
そのうち1名は、自殺をとても後悔していて、
5年経っていましたが、お訪ねしたときはまだ、
ひとりで反省部屋のような空間を創って、こもっていました。
リトリーバルさせていただき、フォーカス27(輪廻転生を司るところ)に、
お連れすることができました。
とても感動的なリトリーバルでした

二人目は、亡くなったことをご自身で受け入れておらず、
そのままご自宅に、住んで?いました。
一度目の訪問は、コンタクトできず失敗。
2回目でリトリーバルできたのですが、
私の予想に反して、衝動的な自殺だったようです。

また、飯田氏の著書、『スピリチュアリティ・カウンセリング』 に、
自殺者の魂とコンタクトした際のやり取りが、実話として具体的に書かれています。

また、その他の方のリトリーバル体験の話、本での知識を参照すると、
次のようなことが言えるのかなと思います。


◇基本的には、自殺者の多くは、自らの行為を悔やみ、
 自主的に反省部屋のような、ひとりの空間を創り出し、そこにこもって、
 あれこれ考えている。(フォーカス23)

◇中には、衝動的に自殺してしまい、自分が亡くなったことが受け入れられずに
 いる者もいる。その場合、幽霊に近い状態と思われる。

◇フォーカス23に、こもってしまうのも、決して罰や強制ではなく、
 自らの意思で入ってしまう。よって、本人が自分にそこから出る許可を与えないと、
 なかなか出て来れない場合もある。しかし、ガイド始め向こうの導く存在たちが、
 わたしたちリトリーバルできる人間たちの協力も得て、日夜?そこから連れ出そうと
 試みている。

◇うつ病や事故死に近い自殺の場合、本人に罪の意識はなく、反省部屋ではなく、
 癒しのエリアにそのまま移動できる可能性が高い。(案内役が連れて行ってくれる)

◇尊厳死の場合、依頼によるのか、また、その理由によって、死後に行くエリアが、
 分かれて行くものと思われる。

◇一言で自殺と言っても、その行為自体より、どのような想いを抱きながら
 亡くなったかということの方が重要で、それによって、死後の行き先が違ってくる。

◇反省部屋に入っていても、外界とまったく遮断されているわけではなく、
 見たいと思えば、現世の様子を垣間見たり、自分の人生を回顧し、
 その意味を把握することも可能なようだ。

◇反省部屋とまでは行かなくとも、現世に未練や伝えたいことがあり、
 あの世に行ってしまってはそれが果たせなくなるのではと思い、
 フォーカス23に留まっているものも、多いように感じる。 


これらのことから、どんなことが言えるのでしょうか?
また、自殺はほんとうに悪いことなのでしょうか?


長くなったので、次回、ここら辺について書いてみたいと思います。




↓ ランキング参加中 rainbow 応援クリック ふたっつ お願いします ふるーつ☆Cultivation・ハート×2

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ  
関連記事

*Comment

Re: タイトルなし

雨さん

コメントありがとうございます。
また、応援ありがとうございます。

よく宗教や大人たちは、悪いことをすると地獄に行くと言いますよね。
これは、好ましくない道に入らないための脅しのようなものだと思います。
つまり、恐怖による統制とも言えます。

おっしゃる通り、地獄に落ちると脅すことも、今の時代好ましくことだと思います。
今度、天国と地獄について、書いてみようと思うのですが
天国には行ってみたことがあるのですが、地獄はまだなくて…
ブログを書くために、行ってみようかな~

わたしの調べた限り、自殺も病死も、事故死も、
向こうでの扱いはそれほど変わりません。
ただ、ご本人の想いは違うかもしれませんね。
だから、反省部屋のようなところに入る人が多いのでしょう。

だからと言って、安易に命を絶って欲しくないと思います。
そのツケはちゃんと回ってきますから。
つまり、ちっとも楽にはなれないと言うことです。

死を選ぶより、今生き方を変えることを強くお勧めします。
ひとりでたいへんなら、カウンセリングも行っていますので、お手伝いします。
  • posted by LUCKY YOU
  • URL
  • 2014.06/12 13:24分
  • [Edit]

ずっと自殺のことについて、考えていました。
よく自殺者は地獄にいくという言葉を聞きますが、あの言葉は私は本当に大嫌いなんです。
だって、それでは今まで必死に生きてきた彼らの苦しみはなんだったんですか。
誰だって好き好んで死んだ訳じゃないのに。
苦しくて、苦しくて、最後に死を選んだ彼らとその遺族に更に追い討ちをかける最悪の言葉です。

だからあなたのblogを読んで少し安心しました。
自分に都合のいいことばかり信じたい私の勝手な気持ちだけど、おかげで楽になれました。ありがとう。

これからも頑張って下さい、応援してます。
  • posted by 雨
  • URL
  • 2014.06/11 20:02分
  • [Edit]

Re: ようこさんへ

ようこさん、コメントありがとうございます。

人間は死んだ後も意識があるのですか?
⇒あります。元々、人は意識の存在だとも言えます。

そうだとすると、死んだ本人は本当にびっくりしますよね。
⇒死んだら終わりと思っている人は、びっくりしたり戸惑ったりするでしょう。
 また、亡くなったことに気付いていない人もいます。

亡くなった人に会うのは可能ですか?
⇒可能です。その方法をワークショップでお教えしています。
詳しくは、ホームページ http://shigotansaku.com をごらんください。

亡くなった人はこちらの世界を知覚できますか?
⇒状態によって知覚できている場合と、できていない場合があります。
囚われることなく、あるいはちゃんと死を受け入れていれば、望むならこちらを知覚することが可能だと思います。

誰か大切な方を亡くされたのでしょうか?
そういう方も、多く参加されます。亡くなった方に会ったり、望ましい状態に導いてあげたりされています。
霊能者などに見てもらうのも手軽でよいでしょうが、自分で体験できればそれによって得ることはとても大きいものです。

また、何か疑問があればメールください。
そして、ある程度はブログにも書いておりますので、読んでみてくださいね。

LUCKY YOU
  • posted by LUCKY YOU
  • URL
  • 2012.03/07 21:27分
  • [Edit]

こんにちは。人間は死んだ後も意識があるのですか?そうだとすると、死んだ本人は本当にびっくりしますよね。亡くなった人に会うのは可能ですか? 亡くなった人はこちらの世界を知覚できますか?
  • posted by ようこ
  • URL
  • 2012.03/07 16:31分
  • [Edit]

ありがとうございます

早々にお返事頂きありがとうございます。教えて頂きました関連記事読ませて頂きました。これからもブログを興味深く拝見させて頂きます。
  • posted by ようこ
  • URL
  • 2011.11/23 00:28分
  • [Edit]

Re: はじめまして

ようこさん

コメントありがとうございます。
お答えを書こうと思いましたが、長くなりそうで、できればブログの本文にて書かせていただけたらと思います。
簡単に、質問の内容に触れて、わたしのわかる範囲で書いてみたいと思います。
そういう形で、ご了承いただけますか?

また、以前に書いた記事に関連したものがあります。
とりあえず、それをお読みいただけたらと思います。
カテゴリーを作りました。
左側カテゴリーより、自死者(自殺者)とその家族 をクリックしてお読みください。

よろしくお願いいたします。
  • posted by LUCKY YOU
  • URL
  • 2011.11/22 11:36分
  • [Edit]

はじめまして

私の息子は精神分裂病で駅のホームから線路に降りて電車にひかれて亡くなりました。形は自殺なのですが、幻聴に命令されて線路に降りてしまったと思っています。そういう場合、すぐに天国に行けないのでしょうか?反省の闇に入るのでしょうか?人生の問題集を投げ出したことになるのでしょうか?病院に連れて行けなかった親(私)が悪いのではないのでしょうか?薬づけにされて仕事も出来ずニートしてたり、精神神病院に20年も入院してる人もいるようです。それでも生き抜かなければ行けなかったのでしょうか?息子はとても負けず嫌いで大学まで卒業して 無職で自立出来ない人生は不本意だったと思います。助けてあげれなくて ごめんね と毎日息子に謝っています。自殺した人は天国に行けないと書いてあるのを読むと とても苦しみます。
  • posted by ようこ
  • URL
  • 2011.11/21 23:52分
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by
  • 2011.07/11 18:51分
  • [Edit]

Re: 自殺者の転生

としあきさん

コメント&質問ありがとうございます。

お知り合いに、そのような方がいるのでしょうか?
病気は、辛いですよね。

転生は、もちろんできると思いますよ。
理由が何であれ、それを決めるのは基本的には本人だと思います。

ただ辛くても、病気にもきっと意味があるのだろうと思います。
そしてブログにも書きましたが、それを途中で放棄してしまうわけですから、
転生後の次の人生は、また病気から始まる可能性もあります。
病気から、何を学ぶ必要があったのかを知れば、
それを自分で選ぶことも、充分考えられます。

すべてとは言えませんが、重病や身体的不具合を持つ人は、
難題をクリアしようとする誇り高き魂の持ち主です。
苦痛の中から、学びを得ようと生まれてきたわけですから。

それを思うと、ぜひ途中で終わることなく、
最後まで生き、大きなお土産を持って帰って欲しいと思います。

それらを、よく現した映画があります。
「1/4の奇跡~本当のことだから~」です。
http://www.yonbunnoichi.net/

機会があれば、ぜひご覧ください。
感動します!
  • posted by LUCKY YOU
  • URL
  • 2011.04/04 23:57分
  • [Edit]

お初にかかります

病気があまりにも苦しくて自殺した場合フォーカス27で反省して再び転生できるのでしょうか?もちろん本人も反省しているとして
  • posted by としあき
  • URL
  • 2011.04/02 23:19分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

左サイドメニュー

プロフィール

LUCKY YOU

Author:LUCKY YOU
ブルース・モーエン公認トレーナー
HP http://shigotansaku.com
著書『リトリーバル 過去世の救出』(ハート出版)

“何があってもポジティブにプラス思考に考える”をモットーに日々を過ごしています。
その甲斐あって、毎日小さな幸せを感じています。
その原動力は、スピリチュアルな世界に出逢ったことです。
全ての人、そして全ての存在が繋がっていることを知りました。
そこには『無条件の愛』が満たされていて、至福への入口があります。
そんな風に、わたしはトレーナーになり、本を出版することができました。

身に降りかかる不運と思える出来事こそ、本当は魂を磨くチャンスなのです。思いがけない真実を知るだけで、あなたもきっと人生が変わります。
幸せへのキーワードを一緒に見つけましょう。

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター