幸せへのスピリチュアル・メッセージ

ブルース・モーエン公認トレーナーがお届けする、21世紀のスピリチュアルな世界! 幸せへの近道、ガイドとの繋がり、無条件の愛、叡智と真理、そして…初歩から教える「体験型ワークショップ」 好評開催中です!

いまどきの若者たち 3 ~心遣い~

なかなか更新できずにごめんなさい 汗
いつもチェックしてくださっている皆さま、ありがとうございます。
どうぞ、これからも時々のぞいてみてくださいね ハート

前回の続きです。

わたしは、まず一番気になっていたあることを伝えるために、
娘にメールを書くことにしました。

一番気になっていたことというのは、一言で言えば、
「人の気持ちを大切にしていない」 ということです。

きっと外では、それなりに人当たりの良い対応を取り、
そつなくこなしているのだろうと思います。
でも、甘えがあるのでしょう。
忙しく自分に余裕がなくなると返事もしないし、
私だけでなく家族には、気遣いのない態度が目に付きます。
そして、後のフォローもありません。
時々私は、母であるはずなのに召使のように感じてしまうこともあります。

彼女には悪気はなく、
たぶんそんな気持ちにさせていることに気付いていないか、
それは相手のせいと思っているようです。
さらに、自分の心に嘘をついてまで感謝の言葉は言いたくないとも
思っていることは、前の晩たくさん話してわかったことです。

しかし、スピリチュアル的に言えば、
すべてが自分のせいで、自分の責任です。
相手のせいや、関係性のせいにしていては、よい方向には進みません。 

さらに、どんなことも形だけ整えても、自分で気付き変わって行かなければ
意味のないことだと、スピリチュアルではわかっています。

しかし、彼女が家庭を持った時のことを思うと、
このままにしては置けないのが、親心でしょうか。

そして書いたのが、こんなメールでした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ひとつ誤解してほしくないので、メールに書きます。

お母さんは、あなたやココ(娘のワンちゃんです)の世話を焼くのが、
面倒だとか嫌だとか言っていたのではありません。

人に何かして貰う、それがどんなに些細なことでも、
どんなに嫌なやつにやってもらったとしても
そこにありがとうを言える人になってほしいと言っているのです。

さらに、言葉だけでなく感謝の気持ちを持つことができれば尚よいでしょう。
気持ちより言葉が先で構いません。
言葉を発するうちに気持ちは後からついてきます。

自分の心や感情に正直に行動することが、素敵なことだと思っているなら、
それは子供ぽい甘えです。
本音で生きることは、素晴らしいことだと思いますが、
そこにも人への配慮がなければ、ただのわがままになります。
大人なら、正直でいることで人に不快感を与えたり迷惑をかける言動は
避けるものです。それが、人間関係の基本的ルールです。

それでも、気付かず嫌な思いをさせてしまうこともあります。
そんなときは、もし自分に非がなくとも、謝る必要があります。
仕方ないでしょは、通用しません。

家族だから、密接な存在だから、本音を出したいという気持ちもわかります。
でもそれも、そういう日々の気遣いがあって、その上で成り立つものだと思います。
将来、新しい家庭を築いても、同じことが言えるでしょう。

こんな風に言うと、また冷たいとか大事にされていないと感じるかもしれませんが、
なぜどんな気持ちで、このメールを書いているのか、考えてみてほしいなと思います。
このメールを何度か読んで、大切な何かを汲み取ってほしいと願っています。

愛しています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

このメールのせいか、前の晩話したせいか、娘の態度は明らかに変わりました。
ずっと続いてくれたらいいなぁ~。

親しい仲だからこそ、いつもいる身近な存在だからこそ
いつも、気持ちよく接することができるよう心配りをすることは、
素敵なことだと思うのです。

それができないから、恋や結婚が長続きしないのかもしれないなぁ~と
思うわたしです。

それには、人の心を感じようとする意識と繊細さが必要ですよね。




↓ ランキング参加中 rainbow 応援クリック ふたっつ お願いします ふるーつ☆Cultivation・ハート×2

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ  
関連記事

*Comment

Re: そうだと思いますよ。

コメントありがとうございます。

> わたしには、娘さんがあなたを追い出したように、あなたも娘さんを追い出したように見えます。

現象的には、その通りだと思いますよ。
「追い出した」というのは、少しきつい表現かなとも感じますが、
親離れ子離れすることがお互いに必要だったのだと、今確信しています。
お互いに、これはわたしだけでなく主人も同じでしょうが、
親と子が離れる必要があったのだろうと思います。

それを意識して、「愛の元に追い出した」ということです。

それをただ「追い出した・追い出された」とネガティブな捉え方をするか、
「自立への道」とポジティブな捉え方をするかは、当人次第でしょう。
わたしも(主人も)娘も、「親元からの旅立ち~自立」というポジティブな捉え方をしています。

実は、主人には追い出した感があって、娘に恨まれるのではないかと不安があったそうです。
しかし、娘はこちらがびっくりするくらい前向きに自分で決め、さっさと出て行きました。
わだかまりは、まったくないことを先日会って感じました。

つまり、娘の側には、
「ここに好きでいるわけではない。できれば自分の城を作り、自由に暮らしたい」
という願望があったわけです。
それがあっての家での態度だったのかも知れません。

娘は出て行ってから、何かあげたりしてあげる度に、
前とは別人のように、感謝の言葉を言ってくるようになりました。
つい先日も、娘も呼んで家族4人で旅行に行ってきましたが、
とても良好な関係で、楽しい旅でした。

とは言え、これは我が家のケースですので、すべての家庭に当てはまるわけではないでしょう。
お悩みのことがあるなら、ご相談に乗りますよ。
カウンセリングもしていますので、良かったらご利用くださいね。
http://shigotansaku.com/menu/c96861

少しでも、参考になればと思い書いてみました。
  • posted by LUCKY YOU
  • URL
  • 2012.09/15 13:08分
  • [Edit]

NoTitle

返信ありがとうございます。

>つまり、関係性の中では、常にキャッチボールが行われています。どちらか片方に責任があるわけではないということです。両方に責任があるわけです。

わたしには、娘さんがあなたを追い出したように、あなたも娘さんを追い出したように見えます。
  • posted by
  • URL
  • 2012.09/14 09:01分
  • [Edit]

Re:自分の責任

名なしさん

コメントありがとうございます。

気になった気持ち、よくわかります。
わたしも、実は当時そこを考えました。

娘の行動はわたしの責任ではありませんが、
それに対して不愉快な感情を抱くのは、わたしの側に問題があるのでは?・・・と。

そこで考えたのが、不愉快な気持ちなのは、わたしだけなのかどうかという点です。家族に聞きました。
すると、やはり全員が同じような感情を抱いていました。

ということは、わたしひとりが変わっても・・・
でもここにも、落とし穴があります。

わたしだけが、気にならなくなる方法もあるのでは?
と再度自問自答しました。

そして、思いつく限りの方法で、自分の内面と対応の仕方を変えてみました。それでもどうにもならなかったのです。

で、結論を出しました。
つまり、娘が態度を変えてくれない限り、わたしは不愉快な日常を強いられるという事実です。

ですから、どうしても自分のやり方で生きたなら、それを許容してくれる家族を自分で作りなさいと告げました。
そして結果、彼女は家を出て一人暮らしを始めました。

今は・・・とても良好な親子関係です。

つまり、関係性の中では、常にキャッチボールが行われています。どちらか片方に責任があるわけではないということです。両方に責任があるわけです。

参考になれば、幸いです。

このテーマについては、書きかけのブログがあるので、いずれちゃんと書こうと思っています。
  • posted by LUCKY YOU
  • URL
  • 2012.08/03 19:17分
  • [Edit]

NoTitle

>しかし、スピリチュアル的に言えば、
>すべてが自分のせいで、自分の責任です。
>相手のせいや、関係性のせいにしていては、よい方向には進みません。 

すみません、少し気になったので、教えてください。
「すべてが自分のせいで、自分の責任です」ということは、娘さんがそのようにふるまう(ように見える)のはご本人の責任ではないのですか?
最近、このことを良く考えます。
たぶんこの記事に触れることになったのも、わたしの責任なのだろうなぁと思います。
ありがとうございます。
  • posted by
  • URL
  • 2012.08/02 20:20分
  • [Edit]

Re: ありがとうございます。

Mさん

温かいお言葉、本当にありがとうございます。
また、素敵な想像をしてくださってうれしいです。

Mさんは、娘さんがいらっしゃらないのでしょうか。
確かに、男の子のママさんと話していると、女の子がいて良かったと感じることが多いです。
実は、もうひとり娘がおり、それだけでも本当に幸せだと思っています。
もうひとりの娘は、まったくタイプが違い、同じ親からどうして?と面白いくらいです。

さらに、このような活動を始め、若い方と深い部分で接する機会が増えてきました。
皆、自分の子供のようで可愛くて楽しみです。

これからも、がんばりますので
どうぞ応援よろしくお願いします。
  • posted by LUCKY YOU
  • URL
  • 2010.01/24 11:16分
  • [Edit]

あなたの娘だもの~!  大丈夫!!大丈夫!!  きっといつか、娘さんは嫁になり母になり、どんなにか辛い事が起こっても安心して帰れる家庭を築き、あなたのような母になれますよ。ココちゃんどころか、娘の子は、たまりませんよ可愛い過ぎますよ。   大丈夫ですよ 想像するだけで楽しいです。あなたは娘さんがいていいですね。羨ましい限りと、皆思います。
  • posted by M
  • URL
  • 2010.01/23 19:11分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

左サイドメニュー

プロフィール

LUCKY YOU

Author:LUCKY YOU
ブルース・モーエン公認トレーナー
HP http://shigotansaku.com
著書『リトリーバル 過去世の救出』(ハート出版)

“何があってもポジティブにプラス思考に考える”をモットーに日々を過ごしています。
その甲斐あって、毎日小さな幸せを感じています。
その原動力は、スピリチュアルな世界に出逢ったことです。
全ての人、そして全ての存在が繋がっていることを知りました。
そこには『無条件の愛』が満たされていて、至福への入口があります。
そんな風に、わたしはトレーナーになり、本を出版することができました。

身に降りかかる不運と思える出来事こそ、本当は魂を磨くチャンスなのです。思いがけない真実を知るだけで、あなたもきっと人生が変わります。
幸せへのキーワードを一緒に見つけましょう。

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター