幸せへのスピリチュアル・メッセージ

ブルース・モーエン公認トレーナーがお届けする、21世紀のスピリチュアルな世界! 幸せへの近道、ガイドとの繋がり、無条件の愛、叡智と真理、そして…初歩から教える「体験型ワークショップ」 好評開催中です!

山川亜希子さん「自分を知るワークショップ」 にて 2

山川亜希子さんのワークショップの話の続きです。
(まだの方は、前回からお読みくださいね)

今日は、「褒める」と言うことについて書いてみます。

<5分間自分を褒めるワーク>
前回の<3分間ただ見つめ合うワーク >と同じペアで、
今度は、5分間自分を褒める言葉をペアの相手に向って話します。
その時、聞き手の方は、特に何の反応もせずにただ黙って聞いています。
これを交代して、お互いに行います。

わたしのところは、ペアの方が先に行いました。
途中、言葉に詰まってしまって、助けてあげたくとも、
反応しないように言われているので、心で「がんばれ」と言うのが精一杯でした。

5分は長いですよね!
他愛もない話をしていると、5分なんてあっという間なのですが、
無反応の人を相手に、さらに自分を褒めるのは、
日本人は苦手な人が多いのではないでしょうか?
特に男性には、褒めること=自慢のようで抵抗がある方も多いのでは?と思います。

そんな方は、「自分の好きなところ」 を挙げてみるように
発想を変えてみてはいかがでしょうか?
「好きなところもないかも・・・」って言わないでくださいね!

そして、私の番!
わたしは・・・もちろん、これは得意です!
だって、自分のことがだぁ~いすきですから。
普通なら短所と捉えるところさえ褒めちゃえます。
「一見しっかりしているように見えるけれど、結構抜けてるところがあって、
時々ポカもやります。でもそんなところも人間らしくていいなぁって思うんです」
と言うように、何でもポジティブに捉えれば、褒めるネタにできます。
今の自分が素敵だと思っていれば、こんな風に素敵になったという
話をしてもよいでしょう。

亜希子さんは、「自分を褒めて」 と言ったのであって、
「あなたの長所を褒めて」とは、言ってないのですが、
褒めて良いのは、長所だけと思っている人も多いのではないでしょうか?

解説はなかったのですが、
この5分間が辛かったということは、
それだけ、「自分のことを愛していない」と言う証明だと思うのです。

そして、人から見ての長所しか言葉にできない人は、
自分の価値判断を他人に委ねているということです。
人に評価されない人間は、褒める価値がないのでしょうか?

少し前の亜希子さんが、そうだったようです。
そして、それはとても苦しいことです。
常に人の目や反応にびくびくしながら、生きていかなければなりません。
人に、マイナスな評価をされたら、思いっきり凹んでしまうでしょう。

また、愛していないからでなく、
自分を知らなくて言葉に詰まってしまったなら、さらに問題です。
浮かぶ言葉が、これは褒められることじゃないと口にできないのと、
何も浮かんでもこないのでは、大きな差があるでしょう?
そんな人は、まず自分をよく観察して、知ってくださいね。

そしてこれを書いていて、ふと気が付いたのですが、
わたしは、いつも心の中で自分を褒めているようです。
その独り言が時々つい口に出てしまい、子供が呆れ顔の時もありますが・・・

それじゃあ、自分が天狗になってしまうのでは?
と思われる方もいると思いますが、そうでもないように思います。
それを人に押し付けない、同意を求めなければいいのではないでしょうか?

また、いつも自分を褒めてあげているので、人から褒められたいという欲求は、
ぐっと減ったように思います。
また、人に褒められても、有頂天にならずにいられるようにも思います。
いつも、同じ自分、素直な自分でいられるのです。

だからでしょうか、
明らかにお世辞と思われる時も、しっかり喜んじゃいます。
その上で、その方を褒め返します。
お世辞をいう人は、自分も褒められたい人が多いのです。
でも、私はお世辞は決して言いません。
だって、むずむずしちゃうから!ダメなんです。

だから、一生懸命褒めるところを探します。
とは言え、何でも褒めてしまえばいいのですが・・・
極めつけは、「あなたの~ところが、わたしは好きよ!」
と付けてしまえば、何でも褒めることができます。

そんな風に、自分を愛している褒め上手さんは、
人のことも褒め上手になります。

でも、実はこんなわたしも、以前は自分が大嫌いで、
褒めるところなんてほとんど浮かばない頃がありました。
その頃は、人が褒めてくれること、
たとえば学校の成績がよいというようなことも、自分では嫌いでした。
だから、褒められことが嬉しくなかった。
何をしてもしなくても、苦しいことばかりでした。

そんなわたしが、変わったのは自然にではありません。
話すと長くなるので止めますが、自分で変わろうと努力したからです。
中学生の頃だったと思いますが、今でもはっきり覚えています。

だから、これをお読みのみなさんも、
諦めたりしないでください。

毎日、ひとつでいいから
自分を褒めてあげてくださいね。

褒めるテーマで、こんなに書いてしまう、
書き出したら止まらないわたしが、可愛いなって思います。
というように!
 



↓ ランキング参加中 rainbow 応援クリック ふたっつ お願いします ふるーつ☆Cultivation・ハート×2

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ  
関連記事

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

左サイドメニュー

プロフィール

LUCKY YOU

Author:LUCKY YOU
ブルース・モーエン公認トレーナー
HP http://shigotansaku.com
著書『リトリーバル 過去世の救出』(ハート出版)

“何があってもポジティブにプラス思考に考える”をモットーに日々を過ごしています。
その甲斐あって、毎日小さな幸せを感じています。
その原動力は、スピリチュアルな世界に出逢ったことです。
全ての人、そして全ての存在が繋がっていることを知りました。
そこには『無条件の愛』が満たされていて、至福への入口があります。
そんな風に、わたしはトレーナーになり、本を出版することができました。

身に降りかかる不運と思える出来事こそ、本当は魂を磨くチャンスなのです。思いがけない真実を知るだけで、あなたもきっと人生が変わります。
幸せへのキーワードを一緒に見つけましょう。

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター