幸せへのスピリチュアル・メッセージ

ブルース・モーエン公認トレーナーがお届けする、21世紀のスピリチュアルな世界! 幸せへの近道、ガイドとの繋がり、無条件の愛、叡智と真理、そして…初歩から教える「体験型ワークショップ」 好評開催中です!

親が子を選ぶのか?子が親を選ぶのか?

親と子についての続きです。 
前回の記事は、こちら からお読みください。

親子の組み合わせにも、何で?と思いたくなるときがあります。
「何で、こんな親の元に生まれてきちゃったのだろう」
「こんな親の元に生まれて来なければよかった。自分は不幸だ!」
そんな風に、思ったことのある人も多いのではないでしょうか。

そこまで行かなくても、思考の仕方や好みが大きく異なる、
妥協点が見つからないと感じている人は、多いはずです。

しかし、実はそこにも大きな意味があるのです。
そして、基本的に親を選んだのは、子であるあなたなのです。


「え~!私は絶対あんな親選ばないよ!」 と思っているあなた。
合わないと強く感じるあなたこそ、
それを承知で生まれてきたチャレンジャーかもしれませんよ!

というのは・・・


人は生まれるとき、どの親の元に生まれるかをあらかじめ決めて誕生します。
自分の課題をクリアするのによさそうな親を探し、決めるのです。
相談に乗ってくれる存在はいますが、決定するのはあくまで自分です。


場合によっては、子供ができるよう守護し、仕向けることもあります。
また、特定の父母の元での課題がある場合は、
結婚自体をコーディネートすることもあるようです。

どの場合も、既に生まれているご両親も、
意識の深い部分=ハイアーセルフの部分では、
その子を自分たちの子どもとして、迎え入れることを了承しています。

もちろん中には、ある課題をクリアしようと、
お互いが親子として生まれることを約束してから、
順番に生まれて来ることもあります。

その場合は、前述したように、後から生まれる子の魂は、親を守護しながら、
結婚や子作りを促すよう働きかけることもあるわけです。

江原氏が、以前テレビで言っていましたが、
ご自分のお子さんが、「こんな家に生まれて来なければ良かった!」
というようなことを言うと、「お前が選んでパパたちの元に来たんだよ」 と
説明するそうです。

子どもとしては、ちょっとウザい気もするけれど、
それが、心にちゃんと落ちると、ものの捉え方が大きく変わります。

かく言うわたしも、そんな一人です。

それまでは、
何かにつけて上手く行かないのは、このうちに生まれたせい
こんなうちに生まれた自分は不幸
親の考え方には着いていけない
友達の親がうらやましい
親として未熟な気がする
早く、親から離れたい

それらの思いの中で生きていました。
親が好きにはなれず、ある種軽蔑していました。
そして、わかってくれない、自分を制約しようとする親に、
憎しみに近い感情も抱いていました。
そんな調子ですから、親との間もしっくり行かず、
無理やり親を説得し、高校卒業と共に親元を離れました。

そして・・・
今、父は他界し、ちょうど一周忌を終えたところです。
母は、軽い認知症でもう10年近くになります。
十数年前から、とても良好な関係を築けています。

そんな両親とのことを想うとき、
自分がこの親を選んだと考えると、違うものの見方ができ、
そこから見えてくることが、たくさんありました。

両親との関係は、両親が年を取り、
いろいろなことをわたしに頼るようになってから、
親子が逆転したようになり、とてもスムーズになりました。

この時、両親を親としてではなく、一人の人間として見ることで、
未熟な部分もあって良いと、思えるようになったのです。

親と思うと、自分より上であって欲しい、
また、人として完全であって欲しいという願いが頭をもたげます。
しかし、たまたま親となれたけれど、未熟な人間なのかもしれない。
そしてそれは、悪いことではなく、
そうして人は、成長していくものなのかもしれない。

そんな風に思えたとき、親のいろいろな部分を
心から許すことができ、また愛おしくさえ思えるようになりました。

また、納得できない、あるいは理不尽と思える親の態度も、
自分が選んだ親なら、きっとそれを体験する必要があるのだろうと、
そんな風に思えるようになりました。

考え方が、まるで違う親。
わたしにとっては、なぜ?の連続でしたが、
それも、それを乗り越えて、それでも自分の道を進む強さを
持つために必要だったのかもしれません。
すんなりと育ってしまっては、今のような強さは持てず、
意気地なしのわたしでは、人様の幸せへのお手伝いをさせていただく存在にはなれなかったでしょう。

そうなのです。

今、この年になって振り返ると、
親の失敗も未熟さも含めて、
すべてに心から感謝できるようになりました。
そして、必要なことだったと思うのです。


親だから 許せないこと
親だから わかって欲しいこと
親だから して欲しかったこと

そんな想いを抱えて 人は生きていきます
自分が大人になっても 親になっても
その想いを抱えて 生きています

でも 親を自分が選んだことを認めたとき
「親だから」の呪縛から 人は解放され
自由になれます

そのとき 親を
いたわる存在 共に成長する仲間 
あるいは反面教師として 
受け止めることができるのです

自分の受け止め方が変わることで
親との関係も はっきり変わっていきます

そのとき あなたは親を超え
親を育める存在に なっているかもしれません


だから、みなさん。
親が勝手に自分を生んだのではなく、
自分が親を選んで生まれて来たと、
そのことを事実として、心から認めてみてください。

あなたの中の何かが変わるはずです
そして、あなたがいくつでも、遅過ぎることはないはずです




↓ ランキング参加中 rainbow 応援クリック ふたっつ お願いします ふるーつ☆Cultivation・ハート×2

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ  
関連記事

*Comment

返信いただきありがとうございます

LUCKY YOUさんにご心配をかけてしまいました。私は大丈夫です!母との関係は現在進行形でキツいはキツいのですが、母の姿から自分を許したり守る術を学びつつあります。目の荒いヤスリほど痛い分(下手すると壊れる危険もありますが)早く形に近づくものなのかもしれません。
いじめも、かなり時間がかかりましたが卒業して何年ももがいてるうちに癒えて、色んな人とリラックスしてお話できるようになりました。
昨日なぜコメントさせていただいたかと言いますと、お互い親や子を選んだという事で報われたり奮い立たされたり楽になったりする場合と、本来自分に落ち度の無い、相手に与えられた苦しみや悲しみまで自分で選んで承諾した自己責任という形で、相手の未熟さの分までドンっと背負わされた気持ちになる場合があると思い、私は後者がちょっぴりでも楽になってほしくて来ました。あんな書き方になってしまいごめんなさい。
私はLUCKY YOUさんは人に楽な気持ちや幸せな気持ちになってほしいんだなと感じます。たぶん自分も同じです。

これからが冬本番ですね、風邪もインフルも流行ってるみたいです、暖かくお過ごしくださいね。
  • posted by 生まれた理由の下敷き
  • URL
  • 2016.12/06 13:05分
  • [Edit]

Re: 生まれた理由の下敷きさんへ

コメントありがとうございます。

何か辛い状況の中にいるようですね。
少しでも、お力になれていればよいのですが・・・

親を選ぶのは、たぶん子どもの方ですが、魂の上では親もそれを了解しているはずです。
とすれば、「こんな子を持たなければよかった」と親が思うのでしたら、
それも違うのだろうと思います。

ただ、親も未熟な人間です。
時に子どもに言うべきでないことも行ってしまうこともあるでしょう。

親と子は、組み合わせだと思います。
お互いにそこに学びのテーマがあるような組み合わせを選んできます。

子どもが「自分で親を選んだ」と思うことで何かが変われば、
それによって関係性が変わり、親も多分変化して行きます。

最後に少し気になったのですが、いじめに合っているのであれば、
そのことで、ぜひ自分を責めないでください。
自分が悪くないのだとしたら?と考えてみてください。
どうにもできないこともあります。
その時は逃げればいい。それしかできない場合もあります。

私で良ければ、お話をお聞きします。
電話での匿名のご相談もお受けしています。
http://shigotansaku.com/menu/c213254

ひとりで悩んで、自分を追い込まないようになさってくださいね。
  • posted by LUCKY YOU
  • URL
  • 2016.12/06 00:06分
  • [Edit]

私の親は、子を選べなかったと悲しみながらも、私を育ててくれました。好きで育てたのではない分、並々ならぬ我慢をしてくれたに違いありません。これからは何を言われても、それは全て私の選択だと思えたらありがたく甘受できて幸せになれるかもしれないと感じました。
もしかしたらいじめっ子も魂を磨くために私が選んだのかもしれません。私がいじめられている事を知った当時の親は、いじめられるような子を持ってしまった事に深く悲しみ、素直に私に怒りをぶつけてきたこともありました。
私が自分で親を選んでおきながらなげくのは、ラーメンを注文しておきながらハンバーグじゃなかったと文句を言うようなもの。選ばれた親が私で良かったと思えるよう、さらに努力をしなければ魂の成長もできないかもしれません。かと言って自分の魂を研磨する目的のためだけに親を利用したくないですから、親にも幸せになってもらいたいです。
ただ、私と似た境遇の方に同じ考え方を決しておすすめはできません。前世、来世、時空を超えてまで今を二の次にはしないでほしいです。
  • posted by 生まれた理由の下敷き
  • URL
  • 2016.12/05 11:20分
  • [Edit]

Re:

確かにおこがましい表現でした。修正します。
  • posted by LUCKY YOU
  • URL
  • 2015.06/13 23:29分
  • [Edit]

「人に道を示す存在」って部分が面白かったです(笑)神様っすか!
  • posted by
  • URL
  • 2015.06/13 16:42分
  • [Edit]

Re: えすさんへ

えすさん

お返事コメント遅くなってごめんなさい。
不条理だなって思うことってたくさんなりますよね。
そのすべてが、自分で決めてきたことでもないのかもしれないと思います。
そういう中で、生きて行くのはとてもつらいと思います。

それで、その中に何か意味を見つけられれば、人生は大きく好転して行きます。
エスさんのおっしゃる通り、そのままです。

そして、もし苦しい状況においでなら、えすさんはそれに向かえるだけの強い魂をお持ちなのではないでしょうか。
乗り越えられない試練は来ないと言います。
だからと言って、楽に乗り越えられるようでは、学びにはらないはずです。

必ず、道は拓けます。
切り拓く方法が必ずあります。

たいへんだとは思いますが、応援しています。
そして、えすさんがいつか今のことを「あのころは大変だったな~」と懐かしく振り返ることができる日が来ると信じています。
  • posted by LUCKY YOU
  • URL
  • 2015.06/12 00:35分
  • [Edit]

NoTitle

私は家族を恨んでいました。
しかしそれでも 私が選んだ=私の責任 といわれてしまうならじゃあ親になるにはなんだっていいじゃないかとある種怒りをこめてコメントしました。

おっしゃるとおり父親のいない家庭はとても大変です。
すべてしわよせがきます。

中には父親が誰かわからない家庭もあります。
何代に渡って苦労している家庭があるのを知っています。

ただ人生や出来事に意味はないけど、自分が意味をつけたときに、神がうまれるんでしょうね
  • posted by えす
  • URL
  • 2015.06/05 18:49分
  • [Edit]

Re: 「避妊具いらない」わけはないです!

えすさん

それは、あまりの極論ですね。
意味があるということと、やっても良いということは、まったく別の話です。

エスさんの書かれたような状況にも、たぶん何らかの意味はあると思います。
でも、だからと言って、「性教育もいらない。ヤリたいだけヤレ」と言うことにはなりません。
そこには、親として、人としての責任があります。

また、そんなふうにして生まれた子どもや周りの人に追わせてしまった負のエネルギーは、その先の人生や次の人生で精算させられることになるでしょう。

そんな親の子どもは、正直きついですよね。
そんな親を選ぶ場合は、どんな場合でしょうか?

もしかしたら、愚かさに気づかせるためにその子どもは大役を担って生まれてきたのかもしれません。
あるいは逆に、自身の学びと気づきのためのきつい経験かもしれません。

そこには、選んだ場合と選らばされた場合があるかもしれません。

ぜひ、建設的にものごとを考えて欲しいなと思います。
よろしくお願いします。
  • posted by LUCKY YOU
  • URL
  • 2015.06/01 23:54分
  • [Edit]

避妊具いらない

道行くかわいい女を襲って子供ができても、未成年者や子供を養えないほどの貧乏人、犯罪者でも、全部あの世からそういう親を選んできているのだから、この世にはコンドームはいらない。

性教育もいらない。ヤリたいだけヤレ。
そこにも必ず意味がある!・・・

ってことにもなりませんか?
  • posted by えす
  • URL
  • 2015.06/01 21:08分
  • [Edit]

Re: 名無しさん

名無しさん

何が言いたいのかよくわかりませんが、
そうお思いになるなら、読まないのが一番です。

> 超絶気持ち悪いです
  • posted by LUCKY YOU
  • URL
  • 2014.05/25 00:26分
  • [Edit]

NoTitle

超絶気持ち悪いです
  • posted by
  • URL
  • 2014.05/22 12:09分
  • [Edit]

Re: ゆたさんへ

初めて聞くお名前です。

扉は、その先にもたくさんありますから、
愉しみながら進んでくださいね。

わたしも、日々そんな感じです。

もし興味があったら、いろいろなことをワークショップでお伝えしています。

ホームページ ☆LUCKY YOU☆ ブルース・モーエン公認トレーナー
http://shigotansaku.com/

良かったら、のぞいてみてくださいね。
  • posted by LUCKY YOU
  • URL
  • 2013.03/28 00:34分
  • [Edit]

早速の返信ありがとうございました。

何となく 解るけど分からない?
という間 の数年間で
私はココから もうひとつ扉を開く
という場面のようです。
なので様々清々しさや心地好さも伴う
府に落ちる というか中途半端だった事を納得しながら
今 気付きをさせていただいてます。

この度の出会いにも
感謝いたします。
ありがとうございました。

薔 ゆた (みずたで ゆた)

  • posted by ゆた
  • URL
  • 2013.03/27 14:34分
  • [Edit]

Re: ゆたさん、コメントありがとうございます

ゆたさん

素敵な気付きのコメントありがとうございます。

「苦労した分、他人の心を思いやる優しさと心の広さを持つ」

そんなんです!
正にその通りです。

人は苦労しなければ、なかなかそういう境地に立てないものです。
頭でわかっても、心が伴わない。

これからきっと、たくさんの人の力になれるあなたになることでしょう。
楽しみに、応援しています。

LUCKY YOU
  • posted by LUCKY YOU
  • URL
  • 2013.03/27 14:06分
  • [Edit]

初めまして
私も
ものの心ついてから同じように感じ同じように生きてきた一人です。
ただ反面教師として思っていた時期もありましたが
父を亡くし 自分の子供もち 育て 最近 母がアルツハイマーになったと聞き

確信しました。
私がこの人達を親として選んだ意味

依存せず 力強く 責任をもち自立した人間として
生きる為
そして苦労した分、他人の心を思いやる優しさと心の広さを持つためには
この両親でなければならなかったのだと

初めて親に対して感謝の気持ちが
もてた所で コチラのblogに たどり着かせて頂きました。

ありがとうございました。
  • posted by ゆた
  • URL
  • 2013.03/27 13:38分
  • [Edit]

Re: ふと目に止まる記事でした

にゃんにゃんさん

今の自分の感じることをどんなことも否定せず、
受け止めてみてください。

物事には、いろんな捉え方、いろんな感じ方があっていいのだと思います。
エゴさえも、かわいい自分のひとつの側面ですから。
  • posted by LUCKY YOU
  • URL
  • 2012.08/23 00:10分
  • [Edit]

ふと目に止まる記事でした

魂が本体であり本質

人のせいにできる事は何もない

すべては自由意志による自己責任の
選択である

自分が創り出した
痛みの虚像を着てるだけ

すべては万物の根源的なエネルギー
エネルギーは物質的なもの




それを解りながら、、
それを踏まえた上で
今の私の心がNOと拒否します


私には、

肉体があり
心、、気持ちや感情がある

また、体験をすべく
「今ここ」にいる

私だと感じる自分を大切にしたい
そんな風に捉えています
  • posted by にゃんにゃん
  • URL
  • 2012.08/21 23:36分
  • [Edit]

Re: 子供ができない人について

子供ができない理由は、いろいろあります。
今度それについても書いてみたいと思います。
  • posted by LUCKY YOU
  • URL
  • 2012.07/02 20:43分
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by
  • 2012.07/02 15:12分
  • [Edit]

Re: NoTitle

リュウさん

いくつもの貴重なご意見をありがとうございます。
今後の参考にさせていただきます。

いくつもの捉え方や考え方があっていいと私は思っていますので、
反論や議論は不得手です。

また、当方に不愉快な想いをさせる記事がありましたら、深くお詫びいたします。

今後も、リュウさんのご意見をご自身のブログで大いに語っていただけたらと思います。
  • posted by LUCKY YOU
  • URL
  • 2012.05/04 21:35分
  • [Edit]

NoTitle

非物質世界の事柄はそれを体験した人にとってのみの真実でしかないならば、その世界観からの思想概念を人生の真理の如く説くのはおかしいではないでしょうか?

現に仰せの通り、この世の事象すべてをそれら霊的な諸原理で解き明かす事など出来るはずもありません。

私自身もかつては、こうしたスピリチュアルの思想を受け入れ学んでいたのですが、確証も出来ない世界を真理と受け入れる事への欺瞞から、もうそれらを破棄しました。

もし、人生が「魂の学び」とやらの目的の元にあるなら結局、この世のあらゆる事象すべてなし崩しに肯定出来てしまうではないですか?馬鹿馬鹿しい。

私がこうした疑問を抱き始めてから、それまで接触していたあらゆる存在がそれに答える事無く急に黙りこくり、離れて行ったのはいったいどうした訳でしょうか?
やましい事が無いなら、堂々と反論してくれてもよさそうなものですが。
  • posted by リュウ
  • URL
  • 2012.05/03 14:26分
  • [Edit]

Re: 信じたい人は信じればいい。

リュウさん

コメントありがとうございます。
リュウさんは、虐待されるお子さんと接していらっしゃるのですか?
そんなことを考えました。

おっしゃるように、非物質世界のことは今は多くの人にとって、
目に見えませんし、立証できないことです。
また、確証も立証も必要のないことだとわたしは思います。
「信じたい人は信じればいい」その通りです。
逆に言えば、信じたくない人は信じなくていいと思います。

ですから理屈をこねて、
「虐待される子供にもそれなりの役割と意味があってそういう親を選んできた」
などというつもりもありませんし、そう思ってもいません。
すべてのことには例外や特例があるでしょうし、
無理にひとつの法則を当てはめて考える必要もないでしょう。

虐待について一言だけ言えば、
その行為は、どんな理由があっても正当化できることではなく、
そんな目に遭っている子供がいるのなら、
周りのものは一刻も早く救い出してあげることが必要です。

そして人は未熟さゆえに、常に間違いを犯す可能性があります。
そのことにも、目を向ける必要があります。

物事には、言葉にできない深い意味があったりします。
「子が親を選んで生まれ来る」ことについても、
人の数だけの理由と意味があると、向こうの世界と接する度に、
そのひとつひとつを知るたびに思います。

リュウさんと同じように感じる人も多いでしょう。
質問の答えにはなっていないと思いますが、
少しでも考えるヒントになればと思います。
  • posted by LUCKY YOU
  • URL
  • 2012.05/02 23:43分
  • [Edit]

信じたい人は信じればいい。

はじめまして。ご意見させてもらいます。

子供が学びの目的で親を選んで生まれて来るなどという事は、それで前向きに生きられるなら、そう信じればいいだけでしかない話です。
それが事実であるという、確証は不能です。

事実であるなら、子供が親に虐待、殺害される悲劇はどう説明するのですかね?

「その子供は虐待がいけない事を身をもって教えに来た」とか、苦し紛れのこじつけがせいぜいではありませんか?

  • posted by リュウ
  • URL
  • 2012.05/02 13:29分
  • [Edit]

Re: ありがとうございます。

コメントありがとうございます。

少しでも、誰かの心に響いていたら嬉しいです。
「親と子の課題をクリアする」 シリーズにも書いたように、
自分の親との課題がクリアになることは、
人生の課題の80%がクリアできたようなものです。
それほど、親との関係に悩んだり苦しんだりしている人は多いようです。

どんな親でも、この世に自分を送り出してくれたのは親です。
親とのネガティブなエネルギーを開放することができると、
こころがうんと軽くなります。

きっと、あと一歩のところなのでしょうね。
応援しています。
  • posted by LUCKY YOU
  • URL
  • 2011.06/13 18:52分
  • [Edit]

NoTitle

凄く納得して、涙があふれてきました。
私も親と折り合いがつかず、そんな家庭から逃げるように高校を卒業して海外の大学に進学を決めました。その選択は間違っていなかったと思うし、守護霊に会えてからは、親も親なりに、自分のやり方で愛してくれていたのだと思えるようになりました。恨みや憎しみが無かったとは言えませんが、すべて手放そうと思えるようになりました。そのことを教えてくれた守護霊と、そのことを再確認させてくれたこのブログに感謝です。ありがとうございました!v-20

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

左サイドメニュー

プロフィール

LUCKY YOU

Author:LUCKY YOU
ブルース・モーエン公認トレーナー
HP http://shigotansaku.com
著書『リトリーバル 過去世の救出』(ハート出版)

“何があってもポジティブにプラス思考に考える”をモットーに日々を過ごしています。
その甲斐あって、毎日小さな幸せを感じています。
その原動力は、スピリチュアルな世界に出逢ったことです。
全ての人、そして全ての存在が繋がっていることを知りました。
そこには『無条件の愛』が満たされていて、至福への入口があります。
そんな風に、わたしはトレーナーになり、本を出版することができました。

身に降りかかる不運と思える出来事こそ、本当は魂を磨くチャンスなのです。思いがけない真実を知るだけで、あなたもきっと人生が変わります。
幸せへのキーワードを一緒に見つけましょう。

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター