幸せへのスピリチュアル・メッセージ

ブルース・モーエン公認トレーナーがお届けする、21世紀のスピリチュアルな世界! 幸せへの近道、ガイドとの繋がり、無条件の愛、叡智と真理、そして…初歩から教える「体験型ワークショップ」 好評開催中です!

波動を上げる 2 ~地球は特別?~

ここで大切なことをひとつお話しておきたいと思います。
「アセンション 14 ~意識の分離から融合へ 後編~」 でも書きましたが、
大切なのでもう一度!

ふつう、様々な次元に存在するそれぞれの領域は、似た性質を持った者同士で
構成されています。
非物質な世界では、それは顕著で、領域が違えば コンタクトすることさえ難しくなってきます。

まだ、浄化できていない囚われの世界である信念体系領域では、ことにそれがはっきりしていて、他の領域の存在さえ感じられないようです。

また、その上の領域でも、ある程度しか行き来が許されていないようです。
ブルースの本にも出てきますが、いくつか上の領域で行われていることはわからないようです。
さらに、坂本政道さんの本には、上の領域へ行けるなんて考えてもみなかったと
言われたくだりがあります。

ですから、今の地球のように様々な波動を持つ者が、
たとえば夫婦や親子のように密な関係を持つことは、極めて稀なことなのです。


「波動」 は、つまりは 「波動エネルギー」 ですから、それぞれに影響し合ってしまうのです。

それなのに、ここ地球で様々な存在がぐちゃぐちゃと思えるほどに、交流を持つことが
できるのは、3次元の肉体という殻に包まれているからです。

それでも、完全にエネルギーをシャットアウトできるわけではありませんから、
絶えず放出され続ける波動エネルギーに、皆さん気付かないうちに色々な
影響を受けています。


あの人のそばにいると、なんだかほっとする。
あの人の顔をみると、訳もなく憂鬱な気分になってしまう。
また、パワー・スポットなど、人を癒してくれる土地もあるでしょう。

それらはみな、波動エネルギーの影響です。

良くも悪くも、私たちは少なからず常に様々な波動にさらされています。
それなのに、そのことにちゃんと気付いて、意識している人は本当に少ない気がします。

あなたは、そういうことを意識したことはありますか?

しかし、そのことに気付いたとき、進化の可能性は大きく拡がっていきます。
この特別とも言える波動領域だからこそ得られること、経験できることがたくさんあるのです。

負のエネルギー波動にさらされながらも、自身の波動を保つこと。

異種の波動の者に触れ、理解すること。

目に視える偽りと、目に視えない真実。

喜びと悲しみのように対局する波動の持つ本当の意味。

etc・・・

またここでは、波動レベルの高いものに触れ、一気に覚醒へと いざなわれて行くことも
可能です。


次回は、そこら辺を もう少し具体的に解りやすく書いていこうと思います。



これをお読みの方には、死後の世界があることさえ、まだ信じ難い人もいるでしょう。

全てが、波動エネルギーでできているとか、地球は特別とか言われてもついていけない!
と戸惑っている人も、おいででしょう。
そんな方は、無理に理解しようとせず、「ふぅ~ん!?」 とひとつのお話として、お読みくださいね。

後半に、実践編を書いていこうと思っていますので、そちらを中心にご理解いただき、
ぜひ理由や原理はわからなくとも、実践して感じてみていただけたらと思います。
もう少し、我慢してお付き合いくださいね。




↓ ランキング参加中 rainbow 応援クリック ふたっつ お願いします ふるーつ☆Cultivation・ハート×2

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ    
関連記事

*Comment

NoTitle

LUCKY YOUさま

ご質問に答えていただいてありがとうございました。

肉体の家族に会えなくなってしまうこともあるんですね、寂しいですね。大切な大好きな人達なのに。

そのこだわりが強いから何度も輪廻をしているのかもしれません。

今は参加できる状態にいませんが、
ワークショップにも参加していきたいと思います。

その時は宜しくお願いします(*^^*)
  • posted by
  • URL
  • 2016.02/18 11:04分
  • [Edit]

Re: ご質問へのコメントです

玲さま

自殺の方も、それぞれでその時にいるエリアによって状況は違います。
フォーカス23と言われる孤立した状態の死後の世界に入っている方は、自ら外界との接触を断っている方が多いです。
私は、あの世のひきこもり部屋と呼んでいます。
自殺者のすべてがそこに入るわけではありませんので、ケースバイケースと言えます。

ちなみに、フォーカス22はまだ死後の世界ではなく、昏睡状態の人や認知症の人の意識の一部が入っているエリアです。

「今会っている家族や、恋人たちと、死後のエネルギーの領域が違って会えなくなってしまう」
ということは、あり得ます。
ただ、向こうの世界には魂の家族(ハイアーセルフ)ありますから、肉体の家族にそれほどこだわる必要はないように感じます。
そこのこだわりが強いことも、輪廻の卒業を遅くするかもしれませんね。

さらに、詳しいことをお聞きになりたい場合は、電話でのご相談を行っていますので、ぜひご利用ください。
http://shigotansaku.com/menu/c213254

よろしくお願いします。



> 初めまして、こんにちは。
> 死後の事を色々と悩んでこのブログにたどり着きました。
>
> 自殺された方の中には、囚われの信念体系領域にいってしまわれる方もいるんですよね?
> でも、いつかのブログには、現世を見ることもできる、と書いておられてて、でも今回は他の領域を感じることが出来ないと書いておられます。
> 領域というものが、フォーカス22等の領域とは別物なのでしょうか?
>
> もう1つ悩んでいる事がありまして、今会っている家族や、恋人たちと、死後のエネルギーの領域が違って会えなくなってしまうということはあるのでしょうか?
> 私は一人になるのが寂しくて、会えなくなってしまうの
> が怖くて…
>
> 宜しくお願い致します。もし私が、すでにその事を書いておられるのに記事を見つけきれてない場合は、リンクを張っていただけると嬉しいです。
  • posted by LUCKY YOU
  • URL
  • 2016.02/18 10:23分
  • [Edit]

NoTitle

LUCKY YOUさま

御返事ありがとうございます。
コメントを見ていただけているということでとても嬉しかったです。
すぐに見ていただけてると知らずに、続けて送ってごめんなさい。

ワークショップでお忙しいときなのにすみません。

生まれて始めてコメントを書いたので、恥ずかしくてシークレットにしてしまいました。

ですので、オープンに答えていただいても、メールでも、
お答えいただけることがとても嬉しいので、お待ちしています。
  • posted by
  • URL
  • 2016.02/14 10:50分
  • [Edit]

Re: タイトルなし

玲さん

ご質問ありがとうございます。
コメントは、上がって来るので見ています。

先日の質問は、シークレットなっていたので、お返事はメールのほうが良いのでしょうか?

また、この土日ワークショップ開催中で、落ち着いてお返事を書ける状況にないので、しばらくお待ちいただけたらと思います。
どうぞよろしくお願いします。
  • posted by LUCKY YOU
  • URL
  • 2016.02/14 00:14分
  • [Edit]

こんにちは、ご質問をさせていただいた、
玲と申します。
8年も前の記事なので気づいてもらえないのかも知れないですね、どうか気づいていただけますように。

ずっと悩んで悩んでこちらにたどり着きました。
とても気持ちが楽になってきました、ありがとうございます。
もし、質問に答えていただけたら、とても嬉しいです。

最後になりましたが、これからも、応援しています。
  • posted by
  • URL
  • 2016.02/13 08:49分
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by
  • 2016.02/11 11:59分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

左サイドメニュー

プロフィール

LUCKY YOU

Author:LUCKY YOU
ブルース・モーエン公認トレーナー
HP http://shigotansaku.com
著書『リトリーバル 過去世の救出』(ハート出版)

“何があってもポジティブにプラス思考に考える”をモットーに日々を過ごしています。
その甲斐あって、毎日小さな幸せを感じています。
その原動力は、スピリチュアルな世界に出逢ったことです。
全ての人、そして全ての存在が繋がっていることを知りました。
そこには『無条件の愛』が満たされていて、至福への入口があります。
そんな風に、わたしはトレーナーになり、本を出版することができました。

身に降りかかる不運と思える出来事こそ、本当は魂を磨くチャンスなのです。思いがけない真実を知るだけで、あなたもきっと人生が変わります。
幸せへのキーワードを一緒に見つけましょう。

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター