幸せへのスピリチュアル・メッセージ

ブルース・モーエン公認トレーナーがお届けする、21世紀のスピリチュアルな世界! 幸せへの近道、ガイドとの繋がり、無条件の愛、叡智と真理、そして…初歩から教える「体験型ワークショップ」 好評開催中です!

スピリチュアル体験記 ~ 「豊かさ」 を身に付ける 前編~

今日は、わたしのスピリチュアル体験をご紹介したいと思います Butterfly25

昨年、3月の ブルース・モーエンのワークショップに参加した時、
あるエクササイズで、新しいガイドが紹介されました。

姉妹ブログ 「スピリチュアル・ワールドからのメッセージ集」
 『 金銭的価値観 』
で触れているので、先にこちらを クリックしてご覧くださいね。

「過去世の自分の一部をリトリーバルする」 という、エクササイズでの体験です。

リトリーバルとは、基本的には魂の救済活動なのですが、
広い意味としては、行くべきところに導くだけでなく、
今の自分自身に必要な、意識の一部を取り戻す・取り込むという、
自己啓発的要素も含まれます。

  ※リトリーバルについての詳しい記事は、左側カテゴリーよりご覧ください。

そういうことなのか、それともわたしはちょっと変わっているのか?
2回目になるこのエクササイズで、前回に引続き、
また、新しいガイドとの対面という体験をすることになりました。
前回は、あまりに有名な歴史上の人物なので、
ブログで公表するのは控えさせていただこうと思います。
それに、補助霊の一人という位置付けで、かつ努力が足りないせいか、
今だ、会話ができるほどフレンドリーにはなれていないのです。
いつかちゃんと確信が持て、お話できる時が来たら、書いてみたいと思っています。

ということで、昨年3月の体験をお話しましょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いつものように、準備プロセスを終え、一連の流れに沿って進めていると
ふっと目の前に、三角の尖ったものが見えて来た。
なんだろうと注意を向けると、それはどうも 船の先端のよう。
もしかして、タイタニック?と少々興奮するうち、イメージは消える。

ヘルパーは、おなじみのハイアーセルフガイド。
「過去世の一部で、取り戻すべきか救済を必要としている部分」 へと
誘導してもらう。

そこには、背の低い小太りのおばさんがいる。
つばのある帽子、フォックスの襟巻き、高級そうなミンク?のコート。
足元を視ると、足首だけきゅっと締まって細い。ピンヒールの靴。
性格は?と想うと、大らかで温かい感じが伝わってきた。
声は高いが、キンキンした感じはなく、歌うように話す。

ここで、どのような人生だったかと言うナレーションに沿って、問いかける。
場面は、彼女の家に変わる。
ハイソサエティな暮らし。豪華シャンデリア。大きなテーブル。
かなり古い時代。貴族のよう?

重要なイベントを聞くナレーションが入る。
見えてきたのは、大きな船。紙テープを引いて岸から離れていく。
さっき視えた豪華客船?かなり大きい。
タイタニックのようで、映画とは違う気もする。

死のシーンのナレーションと共に視えてきたのは、
冷たい海に コートを着たまま沈んで行くおばさんの姿。
しかし、まったくもがく様子もなく、それどころか、ニコニコと微笑を浮かべながら、
真っ直ぐにすーと、落ちるように沈んで行く。
不思議に想うわたしに聞こえたのは、
「幸せな一生だったわ!」 と言う、おばさんの声。
何の後悔もなく、事故死にも関わらず、それさえも素敵なことと受け止めている。
自分らしい最期と想えている。
救済の必要は、まったくなさそうだ。

ここから、ナレーションに従い、自分との関係において重要なことを探って行く。
生前の彼女の様子がまた現われ、たくさんの人に囲まれ華やかな雰囲気が視える。
素敵なおばさん。皆に慕われている。
大らかさ、寛容さ、太っ腹、何でもプラスに受け入れる。
富や地位や名誉、毛皮のコートも、華やかな生活も、しっかり自分のものにしている。
「わー!わたしには無理!」 と思う。
こういうのが、一番苦手。ちゃらちゃらしているのは、下品だと思う。
外見を飾るより、中身の素敵な女性でいたい。

すると、おばさんの声が言う。
「自分を飾ることも大切よ。人は見た目で決めるところがあるの。
だから、外見を美しくすることも大切よ!」
さらに、説得に近い解説が続く。
「富を得ることは、悪いことではない。必要な場合もある。
それに相応しい自分になりなさい。
ふつうの人には、内からの輝きは見えにくい。
ふつうの人を惹き付けるには、外見の魅力も必要なのよ。」

そして、おばさんの日常でのシーンを見せてくれた。
たくさんの人を家に招いて、いろいろな話をしたり、情報を交換したり、
そんな交流の場を作るのが、得意だったようだ。
皆に囲まれ、きらびやかで、とても幸せだったらしい。
誰かに、「このブローチ素敵でしょう。」 と嬉しそうに見せている。
それは、露天のような店で見つけた安物のブローチ。
それを高級そうなドレスに付けている。
物の価値を値段で判断していない。そういうイメージが入ってくる。
さらに、彼女に招かれる人も、老若男女・貧富を問わず、
実に多様な人々が集う。人の価値も独特のものさしがあるらしい。
そして皆、同等に扱われる。しかし、貧しい人に施すこともしない。
その場が創る雰囲気は、その当時の階級社会の中にあって、
一種独特の不思議な空間。
それを許されたのも、彼女が富を持っていたからかもしれない。

そして、最後に彼女がガイドに加えられると告げられる。
また、富を持っても、執着しないことは難しい。
それを学ぶようにと。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

エクササイズは、取り合えずそこで終了。
しかし、わたしの頭の中は、!!!だらけ。
富を持つことになるの?今は、借金の方が多い気がするけど・・・
物の価値を値段で判断しない。う~ん、出来ていない気がする。
それに、外見をと言われると、頭が痛い。
おしゃれのセンスも今はまったく自信ないし、面倒くさい気持ちが先に立つ。
一番苦手なところを突かれた感じ。

しかしこの話には、前と後ろがあるのです。
ある一連の流れの中で、ガイドたちが仕組んだ企み?だったのかもしれません。
そして今、ブログにこれを書いていることにも、意味がありそうな・・・

それについては、次回お話しますね 大汗


↓ ランキング参加中 GO矢印 応援クリックお願いしますふるーつ☆Cultivation・ハート×2
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ  a_04.gif
関連記事

*Comment

応援しています

こんにちは!

通りがかりの者です。

応援ポチ♪
  • posted by 奏弦
  • URL
  • 2009.01/17 00:28分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

左サイドメニュー

プロフィール

LUCKY YOU

Author:LUCKY YOU
ブルース・モーエン公認トレーナー
HP http://shigotansaku.com
著書『リトリーバル 過去世の救出』(ハート出版)

“何があってもポジティブにプラス思考に考える”をモットーに日々を過ごしています。
その甲斐あって、毎日小さな幸せを感じています。
その原動力は、スピリチュアルな世界に出逢ったことです。
全ての人、そして全ての存在が繋がっていることを知りました。
そこには『無条件の愛』が満たされていて、至福への入口があります。
そんな風に、わたしはトレーナーになり、本を出版することができました。

身に降りかかる不運と思える出来事こそ、本当は魂を磨くチャンスなのです。思いがけない真実を知るだけで、あなたもきっと人生が変わります。
幸せへのキーワードを一緒に見つけましょう。

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター