幸せへのスピリチュアル・メッセージ

ブルース・モーエン公認トレーナーがお届けする、21世紀のスピリチュアルな世界! 幸せへの近道、ガイドとの繋がり、無条件の愛、叡智と真理、そして…初歩から教える「体験型ワークショップ」 好評開催中です!

スピリチュアル体験記 ~ 「豊かさ」 を身に付ける 中編~

ブルース・モーエン のワークショップに参加する少し前、
あるスピリチュアル関係の友人と会っていて、突然、
「ねぇ、あなたのガイドと思うけれど、もっと奇麗にしなさいと言っているみたい。」
と言われ、どきっ!しました。

だって、主婦に落ち着いて十数年、おしゃれからはすっかり足を洗い、
ショッピングも面倒と感じるようになっていたから。
さらに、環境問題を学び、Simpule is the best. という考えが定着し、
スピリチュアルにはまってからは、内面の美しさに魅かれ・・・

そして、彼女は、少し気を遣うように、
「今も奇麗だけれど、もっと素敵になれるはずよ。
スピリチュアルを好きな人は、心の美しさばかり大切にして、
余りに外見を 気にしなさ過ぎると思うの。
これから、スピリチュアルを教えて行こうと思うなら、中も外も美しくあって欲しいと思うの。」
反論などできません。
だって、彼女は、元スタイリストでとっても美しく魅力的な女性なのですから。
即座に、「どうぞご指導お願いします!」 と言っていた わたしでした。

そして、「じゃぁ、まずネイルからね!」 と、
彼女の行きつけのネイルサロンに行くことになったのです。
予約日は、ワークショップが終わってすぐ。
さらにそのサロンは、彼女の家よりわたしの家の方がずっと近く、歩いても行ける距離。
あれから、10ヶ月ほど経ちますが、
わたしの爪はそれ以来 季節折々のアートで飾られています。


それだけでは、ありません。
ブルース・モーエン のワークショップ中、ダメ押しが・・・!

エクササイズは、終わった後 必ずシェアをします。
まず、グループ内で全員がシェアをし、その後 幾つかを全員でもう一度シェアします。
これが、本当に大切です。
自分の体験を話し、それを他の人が認めてくれることで、体験に確信が持てて来ます。
また、他の人の口を介して、必要なメッセージが語られることも間々あります。
そして、人のを聞くことも、また、大きな気付きを与えてくれるのです。

その日の同じグループに、若い男性がいました。
感じの良い素敵な方です。
その方のシェアが、やはり カッコいい別の自分を見せられ、
こんな風にしなければね、というものでした。
彼は、わたし同様、外見を飾ることに抵抗感を持つ人でした。

あれも、これも、偶然と片付けてしまうこともできるでしょうが、
スピリチュアルを知るものなら、
「偶然こそ、必然!」 であることは、周知のこと。

さらに、企み好きのわたしのガイドが、仕込んだであろうことは、
はっきりしていました。
その日の朝、席を決めるとき、今日は彼と同じグループにと思い、
意図的に選んだ席だったのです。

「・・・しなさい。」 といっても、
素直に言うことを聞かないわたしの性格を熟知しているガイドたちは、
こうしていつも、気が付くと一歩踏み出している状況に、
わたしを追い込むのが得意です。
その度、わたしは、「ハメられた!」 と思うのでした。

ガイドさんたち、ごめんなさい 大汗

ワークショップ後の話は、次回に。


↓ ランキング参加中 GO矢印 応援クリックお願いしますふるーつ☆Cultivation・ハート×2
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ  a_04.gif
関連記事

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

左サイドメニュー

プロフィール

LUCKY YOU

Author:LUCKY YOU
ブルース・モーエン公認トレーナー
HP http://shigotansaku.com
著書『リトリーバル 過去世の救出』(ハート出版)

“何があってもポジティブにプラス思考に考える”をモットーに日々を過ごしています。
その甲斐あって、毎日小さな幸せを感じています。
その原動力は、スピリチュアルな世界に出逢ったことです。
全ての人、そして全ての存在が繋がっていることを知りました。
そこには『無条件の愛』が満たされていて、至福への入口があります。
そんな風に、わたしはトレーナーになり、本を出版することができました。

身に降りかかる不運と思える出来事こそ、本当は魂を磨くチャンスなのです。思いがけない真実を知るだけで、あなたもきっと人生が変わります。
幸せへのキーワードを一緒に見つけましょう。

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター